2017-11

スポンサーリンク
基礎知識

今まで気にしなかった!官公庁の支払方式は原則「後払い」、例外は

官公庁の「支払方法」についての解説です。官公庁と民間会社が契約を締結し代金を支払うときや、出張旅費を支払うときの支払方法についての解説です。原則は後払いです。例外として「前金払い」と「概算払い」が法律によって限定的に認められています。
2021.01.16
会計法令の解説

わかりそうでわからない?「支出負担行為」のわかりやすい説明

国の契約実務に必須の知識「支出負担行為」についての解説です。契約を締結する権限を持っているのは「支出負担行為担当官」と「契約担当官」です。「支出負担行為」の根拠法令と、整理する「時期」をくわしく解説します。
2021.01.16
契約手続き

どうやって「入札」と「随意契約」を判断するか、この手順で判別

官公庁の契約手続きで「入札」と「随意契約」を判断する手順の解説です。最初に予決令99条が適用できる「少額随意契約」に該当するか判断します。「少額随意契約」に該当しないときは、「競争性がない」場合を除き「入札」手続きになります。
2021.01.16
会計法令の解説

もう一度「会計年度」を理解しよう、わかりやすい解説

官公庁の予算の集計単位である「会計年度」についての解説です。日本の官公庁は、4月から翌年3月までの「会計年度」を基準として予算を組み、国会や議会の承認を得ます。事業を行うときの予算の集計単位、予算を使用するときの会計年度所属区分の解説です。
2021.01.16
会計法令の解説

これはむずかしい「会計機関」と「補助者」!知らなくて普通かも

公務員の仕事は「事務手続き」です。特に契約実務担当者は、契約が締結できる「権限」についての理解が必須です。各省庁の大臣から権限を委任されている「支出負担行為担当官」や「契約担当官」、そして「補助者」について、くわしく解説します。
2021.01.16
会計法令の解説

えっ?会計法は、民法に違反しているの?「契約成立日」が微妙に違う

官公庁が「契約書」を取り交わすときの「契約成立日」の解説です。民法では「契約の申し込み」に対して「承諾」すれば契約が成立します。しかし官公庁が締結する契約は、民法と微妙に違います。民法よりも厳しい会計法第二十九条の八の解説です。
2021.01.16
会計法令の解説

え!「検査」と「監督」は何が違うの?同じように思えるけど?

官公庁の契約実務に必須な「検査」と「監督」の解説です。それぞれの業務内容とその違い、「兼職禁止」について説明します。「検査」と「監督」は、法律によって明確に定められています。代金の支払前には「検査」が義務付けられています。
2021.01.16
会計法令の解説

やり方がわからない?「検収」(給付の完了確認の検査)の方法

「検収」についての解説です。官公庁が締結する契約では、代金を支払う前に「給付の完了」を確認する「検査」が必要です。検査を義務付けている理由、根拠法令の解説、実際に検査を行うための具体的な方法を説明します。契約実務担当者に必須の知識です。
2021.01.16
会計法令の解説

あれ?「契約書」は必要だった?知らないと恥ずかしい根拠法令

「契約書」の作成要否や、記載事項についての解説です。国が契約を締結するときは、契約の相手方へ「契約書の要否」について、事前に明示しなければなりません。契約書の省略は150万円以下なら可能ですが義務ではありません。根拠法令の説明です。
2021.01.16
会計法令の解説

「単価契約」って何!「交換契約」も知らない、古い運用通知

各省庁へ通知された会計法令の運用通知です。請求書に発注書を添付させる単価契約の取り扱い、自動車等の交換について「同種の自動車等」の判断、請求書などに検査年月日を記入しておく方法など、会計実務上の取り扱いの解説です。
2021.01.16
会計法令の解説

誰も競争できない「随意契約」、これなら検討の必要なく即契約

法令価格による随意契約についての解説です。官公庁が締結する契約は、一般競争契約(入札)が原則です。しかし、法令で価格が指定され、価格競争ができない契約であれば随意契約が可能です。予算決算及び会計令臨時特例(予決令臨特)第五条の解説です。
2021.01.16
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました