契約書

スポンサーリンク
契約手続き

契約書への正しい「押印の順番」、先に民間会社側へ押印依頼する

国が締結する契約書への「押印の順番」についての解説です。通常の契約実務では、当事者双方が一緒に押印することはありません。契約書へ押印する順番は、契約事務取扱規則により、最初に民間会社側が押印します。正しい「押印の順番」の解説です。
2019.11.11
会計法令の解説

契約書に貼る「印紙」の解説、官公庁は「非課税法人」、効力への影響

契約書や請書に貼付する印紙についての詳しい解説です。官公庁が民間会社と契約するときに作成する契約書や請書は、印紙の貼付が必要です。官公庁は印紙税法別表第二で非課税法人です。印紙を貼る文書の種類は別表第一で課税か非課税か区分されています。
2019.11.01
基礎知識

契約実務に必要な「無償保証期間」の知識、「契約書」への記載例

「無償保証期間」についての解説です。高価な製品を購入すると「保証書」が添付されています。なぜ「無償保証期間」が必要なのか、その法的な根拠は何なのか、わかりやすく解説します。また「契約書」への記載が必要な理由を説明します。
2019.10.09
スポンサーリンク
会計法令の解説

「契約書」を必要とする根拠法令、150万円以下なら省略可能

「契約書」の作成要否や、記載事項についての解説です。国が契約を締結するときは、契約の相手方へ「契約書の要否」について、事前に明示しなければなりません。契約書の省略は150万円以下なら可能ですが義務ではありません。根拠法令の説明です。
2019.09.27
契約手続き

「請書」のわかりやすい解説、初心者が知りたい契約書との違いや強制力

官公庁の契約手続きに必要な「請書(うけしょ)」の詳しい解説です。「請書」とは、どのような書類なのか、「請書」を必要とする根拠法令、「請書」と「契約書」の違いなどの説明です。相手方に対しての強制力、契約変更の手続きを実務面から解説します。
2019.09.06
会計法令の解説

「契約書」の作成を省略できる場合とは、民法と異なる契約成立日

「契約書の省略」と「契約成立日」についての解説です。国を当事者とする契約は、原則として「契約書」の作成が義務付けられています。例外として150万円以下のときに省略できます。また、契約成立日は、口頭のみで契約が成立する民法と異なります。
2019.08.29
会計法令の解説

初めて契約書を作成するとき、実際の「契約書の雛形」で条文解説

契約書の記載事項(条文記載例)の詳しい解説です。官公庁が締結する契約書は、会計法令で記載事項が定められています。予決令第百条に基づいて、実際の契約書雛形で説明します。また、契約書の条文は、修正できないケースがあります。
2019.06.06
基礎知識

契約当事者の呼び方は甲、乙、丙、その後は十干(じっかん)表による

契約書の当事者を定義するときの、呼び方についての解説です。一般的な契約書は2~3者で契約を締結することが多く、甲・乙・丙(こうおつへい)を使います。それ以上の契約当事者の呼び方は、十干(じっかん)表を使います。
2019.03.29
契約手続き

誰も教えてくれない変更契約書の記載方法、変更契約を2回締結

契約書を締結した後に、契約内容を変更するときの変更契約の解説です。台風や地震による不可抗力で変更契約を2回締結するときの変更契約書記載例です。変更契約は、当初の契約方式に影響を与えず、止むを得ないときに可能です。
契約手続き

契約書の正しい取り交わし方法、案文の作成や相手方との条文協議

官公庁の契約実務に必要な契約書の作成手順と正しい取り交わし方法の解説です。初めて契約書を作成するときに具体的な作成手順や正しい作成方法について定めた会計法令や参考書籍がないので、わからずに悩むことになります。実際の作成方法の解説です。
2019.02.15
スポンサーリンク