契約書

スポンサーリンク
契約手続き

そもそも請書とは、請書が必要になる理由、請書と契約書の違いとは

官公庁の契約手続きに必要な「請書」の解説です。請書は、どのような書類なのか、請書の根拠法令、契約書と請書の違い、請書の強制力、請書による契約を変更する方法をわかりやすく解説します。官公庁の契約担当者、営業担当者に必須の知識です。
2021.11.19
会計法令の解説

収入印紙は必要?請書や契約書に貼る収入印紙の非課税範囲や効力とは

契約書や請書に貼る収入印紙についての解説です。官公庁と民間企業が作成する契約書や請書には、収入印紙が必要になることがあります。印紙税法の別表第二で官公庁は非課税法人です。民間企業側が収入印紙を貼ります。
2021.11.17
契約手続き

契約書の押印は順番が決められている、官公庁が先に押印できない理由

官公庁が取り交わす契約書の押印についての解説です。通常、契約当事者が集まって一緒に記名押印することはありません。契約書を郵送で送付したり、営業担当者が会社へ持ち帰って押印します。どちらが最初に押印すべきか迷うことがあります。会計法令で押印の順番が決まっているので注意しましょう。
2021.11.02
契約手続き

契約書を簡単に作成する方法、契約書の正しい取り交わし手順とは

官公庁が民間企業と取り交わす契約書を作成する方法です。初めて契約書を作成するときは、実際の作り方がわかりません。過去の契約書を見ても、完成後の契約書しか存在しません。契約書の作り方、契約書の正しい取り交わし手順をわかりやすく解説します。
2021.11.02
会計法令の解説

契約書の取り交わしと契約成立日、民法とは異なる契約成立日に注意

官公庁が取り交わす契約書についての解説です。民法では書面を必要とせずに契約が成立します。しかし官公庁との契約では、契約書へ記名押印しなければ契約が確定しません。また契約書の省略は一定金額以下のときです。複雑な契約では契約書を作成します。
2021.09.23
会計法令の解説

契約書を省略できる場合、契約書を取り交わすときの契約成立日とは

契約書の作成を省略する場合と、契約書を取り交わすときの契約成立日についての解説です。官公庁の契約は、原則として契約書の作成が義務付けられています。例外として150万円以下のときに省略できます。また契約成立日は、民法の考え方と異なります。
2021.09.06
会計法令の解説

契約書の記載事項とは、契約書の条文と会計法令を対比して理解

官公庁が取り交わす契約書は、記載事項が会計法令で定められています。契約書の条文と会計法令を比較しながら、契約書の記載例を解説します。法令で義務付けられている契約書の条文は修正できないケースもあります。契約書の条文の根拠法令を理解しましょう。
2021.09.06
契約手続き

甲・乙・丙の次は?契約書の当事者名は十干(じっかん)以外でも可能

契約書に記載する当事者名の解説です。一般的な契約書は2~3者で契約を締結します。甲・乙・丙(こう・おつ・へい)を使うことが多いです。それ以上の契約当事者の呼び方は、十干(じっかん)表で定められていました。ただ無理に十干を使う必要はありません。
2021.07.19
基礎知識

保証期間を契約書へ記載する方法、契約書への記載例

物品を購入したときの無償保証期間についての解説です。値段の高い物品を購入すると保証書が添付されています。なぜ無償保証期間が必要なのか、根拠法令は何なのか、わかりやすく解説します。また契約書への記載を必要とする会計法令の根拠も確認します。
2021.07.17
スポンサーリンク