契約当事者の呼び方は甲、乙、丙、その後は十干(じっかん)表による

国立競技場 基礎知識
国立競技場

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

契約書で当事者を定義するときの呼び方についての解説です。一般的には2~3者で契約を締結することが多く甲・乙・丙(こうおつへい)を使います。それ以上の契約当事者の呼び方は十干(じっかん)表を使います。

契約当事者の呼び方

 

契約実務を担当していると契約書を作成することがあります。一般的な契約書の当事者は2人~3人です。甲・乙・丙が契約当事者の区別として定義されます。

 

ところが、まれに契約当事者が5人とか6人になることがあります。そうなると、甲・乙・丙(こうおつへい)の次が気になり調べました。

 

十干という契約当事者の名前

 

すると十干(じっかん)という表で決められていました。

 

十干は甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の10種類です。

 

ネットで調べると、古代から暦の表記などに用いられているようです。昔からある古い言葉です。

 

十干(じっかん)はむずかしい読み方です。

甲 こう
乙 おつ
丙 へい
丁 てい
戊 ぼ
己 き
庚 こう
辛 しん
壬 じん
癸 き

 

この10種類です。これ以上はありません。

契約当事者が多くなったときの契約書

 

契約当事者が3者くらいの契約は、それほど困難な内容になることはありませんが、契約当事者が5者以上で、それぞれの当事者同士で取り決め内容が異なる場合があります。

 

そのような契約は無理にひとつの契約書にまとめようとせず、内容を切り離して複数の契約書とした方がわかりやすいことがあります。

 

契約書はお互いに守るべき事項を記述するものですから、誰もが理解しやすい契約内容にすることが重要です。

 

甲乙以外の呼び方

 

契約書は一般的に当事者の呼び方を甲・乙・丙で定義しますが、別の名称でも差し支えありません。例えば契約者1・契約者2とか、会社の省略名でも問題ありません表記方法は自由です。

 

ただし、契約書は相手方があることなので、十干(じっかん)を使用しないときは相手方に事前了承を得てから呼び方を変えましょう。

コメント