契約方式

スポンサーリンク
会計法令の解説

契約方式の根拠法令を簡単に把握、契約実務担当者に必須の知識

 官公庁の契約方式についての解説です。契約手続きを始める前に、一般競争入札になるのか、少額随意契約に該当するのか、契約方式を判断しなければなりません。契約方式によって書類の作り方が変わります。契約方式の根拠法令を理解しておくことが重要です。
会計法令の解説

契約方式の根拠法令一覧、国と地方自治体が契約方式を判断する基準

 契約方式の根拠法令一覧です。契約の種類別に、国と地方自治体の根拠法令をまとめました。物品購入契約、物品製造契約、工事請負契約、役務契約それぞれについて、随意契約や指名競争入札が可能な範囲、一般競争入札になる場合です。
会計法令の解説

随意契約できなければ競争入札、契約方式を判断する具体的な手順

 随意契約と競争入札を判断する手順です。官公庁が契約方式を検討する具体的な方法を解説します。少額随意契約を適用するときの根拠法令を基に、契約の種類ごとの判断方法です。契約実務担当者、官公庁向けの営業担当者にとって必須の知識になります。
契約手続き

入札になるか、それとも隨意契約できるのか、契約方式の判断手順とは

官公庁が契約の相手方を選ぶときは、一般競争入札を実施するか、それとも隨意契約で締結するか判断しなければなりません。入札と随意契約では、契約手続きや必要書類が全く異なります。契約担当者が契約方式を判断する手順を、わかりやすく解説します。
予定価格

契約の種類に応じた予定価格の作成方式、官公庁で扱う契約の種類とは

予定価格の作成方式は、主に2つあります。市場価格方式と原価計算方式です。どちらの作成方式にするかは、契約の種類によって判断します。そのため契約の種類を理解することが大切です。また工事以外の契約では統一的な作成基準がありません。
初心者向け

契約方式を簡単に知りたい!初心者向けに誰でもわかる契約方式の説明

官公庁が契約の相手方を選ぶ契約方式は、法令によって手続きが定められています。国民の税金を使う官公庁では、公平性と公正性が最優先されます。そのため契約方式も、法令に基づかなければなりません。官公庁の契約方式について簡単に説明します。
予定価格

予定価格の役割と必要理由とは、契約方式の判断、落札基準価格

官公庁が作成する予定価格の役割と必要理由です。予定価格は、作成するのに大変手間のかかる書類です。少額随意契約などの契約方式を判断するための基準として、また開札時の落札基準価格として重要な役割があります。それぞれの根拠法令を解説します。
予定価格

予定価格とはそもそも何なのか、予定価格の意義と役割、根拠法令

予定価格についての解説です。官公庁の契約手続きでは予定価格が必要です。しかし予定価格の作成は、とても労力のかかる大変な事務手続きです。なぜ、これほど大変な予定価格を作る必要があるのか悩むことがあります。予定価格の意義は3つに集約されます。
随意契約

一般競争入札の危険性を知る、エレベーター保守契約の契約方式とは

エレベーターの保守契約は、一般競争入札にすべきか、競争性のない随意契約とすべきか判断に迷います。エレベーターは人命に係わる設備です。メーカー以外の保守専門会社との契約は安価です。しかし目に見えない安全性も考慮すべきです。
契約手続き

一般競争入札と随意契約を判断する手順、契約方式を決定する方法

一般競争入札にするか、随意契約とするか、官公庁が契約方式を判断する手順です。最初に予決令99条が適用できる少額随意契約に該当するか検討します。少額随意契約に該当しないときは、競争性がない随意契約の場合を除き、一般競争入札になります。
スポンサーリンク