基礎知識

国や地方自治体など、官公庁の会計実務に役立つ「基礎知識」です。日常業務の中で、意識せずに使っている言葉などの正しい意味を解説します。初心者にも役立つ情報です。

スポンサーリンク
基礎知識

なぜ「研究不正」が後を絶たないのか、これが原因、3つの対策とは

研究不正を撲滅する方法についての解説です。「論文不正」は、現在(2014年)の研究環境では増加する一方です。政府の「競争的資金」が増加し、短期間で研究成果を求めらています。背景には、身分の不安定な研究者が増加していることがあります。
2021.01.23
基礎知識

ここがわからない!「人件費」を簡単に計算するには「コツ」があった

「人件費」を概算で計算する方法です。官公庁の会計実務では、事業の費用を見積もるときや、契約金額の概算を把握したいケースがあります。業務従事者本人へ支払う給与の他に、雇用主が負担する「法定福利費」の計算が必要になります。
2021.01.22
基礎知識

知らなかった!「見積書」には2つの種類があった、営業担当にも必須

官公庁の会計実務で必要になる見積書についての詳しい解説です。見積書の正しい知識、参考見積書との違い、見積書の法的な役割、見積書の依頼方法、見積書のチェック項目、見積もり合わせ等をわかりやすく詳しく解説します。
2021.01.22
スポンサーリンク
基礎知識

「同一労働同一賃金」の「不合理」な待遇格差、最高裁の判決から

「同一労働同一賃金」の待遇格差、「不合理」についての解説です。2020(令和2)年10月、最高裁判所の判決がありました。正社員と非正社員の待遇格差について、旧労働契約法20条の「不合理」となるか、判決がありました。わかりやすく解説します。
2021.01.16
基礎知識

これだけは知っておきたい「見積書」の基礎知識!社会人の常識?

仕事で使う「見積書」の解説です。社会人になると、「見積書」を取り扱うことが多くなります。「知っていて当たり前」の書類ですが、正しく理解している人は意外に少ないです。 恥をかかないためにも、これだけは知っておきたい「見積書の基礎知識」です。
2021.01.16
基礎知識

昔、新人時代に教わったこと、今なら「パワハラ」になる教えとは

新人のときは不安ばかりです。どのように仕事を覚えれば良いのか、職場の「しきたり」が何なのか、どのように行動すれば良いのか、わからないことばかりです。昔、新人のときに教わったことを解説します。
2021.01.16
基礎知識

恥ずかしい「下見積」って?「参考見積書」と「下見積書」の違い

最近(2020年7月)、「下見積書」という言葉を、ネットで見かけるようになりました。官公庁の入札手続きなどで、提出書類になっています。しかし聞きなれない言葉です。「見積書」や「参考見積書」との違いについて、わかりやすく解説します。
2021.01.16
基礎知識

会計実務担当者の「基本中の基本」、意外と知らない大原則とは?

官公庁の会計実務を担当するとき、最初に知っておきたいこと、理解しておきたいことです。「基本中の基本」の解説です。会計法令をマスターするメリットです。
2021.01.16
基礎知識

官公庁の会計実務をひとりで学べる「電子書籍」、今こそチャンス!

(どうしよう、仕事がわからない・・) 初めての仕事は、不安ばかりで焦ってしまいます。周りの人は忙しそうで聞きづらかったり、教えてもらっても、十分に理解できないこともあります。実務経験者が執筆した書籍なので、書類作りを効率的に勉強できます。
2021.01.16
基礎知識

これが知りたかった! 「官公庁会計実務の基礎用語集」

初めての仕事は、話す言葉さえ良くわかりません。知らない単語ばかりで、会話が聞き取れないのです。官公庁の会計実務で、日常的に使う基礎用語を360語集めました。わからない用語を理解しておけば、仕事がどんどん覚えられます。仕事が楽しくなります。
2021.01.16
基礎知識

仕事がわからない? これが仕事を効率的に覚えられるコツです!

初めての仕事について「勉強」する方法です。新人や人事異動になった人にとっては、新しい仕事は不安だらけです。仕事を覚える方法がわからず悩みます。誰もが通過する試練なのですが、本人にとっては大変です。仕事を覚えるコツ、勉強方法の解説です。
2021.01.16
基礎知識

これなら簡単!おおまかな「人件費」計算方法、「法定福利費」の解説

「人件費」を簡単に計算する方法です。社会保険や労働保険などの法定福利費の料率を把握すれば、悩まずに簡単に算出できます。おおまかに「人件費」を把握したいときの解決策です。各種保険料の料率さえ算出しておけば、給与を基に計算できます。
2021.01.16
基礎知識

間違えたくない「消費税改正」!2019年10月1日からの注意点

「消費税改正」についての解説です。官公庁の会計実務で必要となる基礎知識です。2019年10月1日以後の取り引きは、税率が10%に改正されます。ただし「経過措置」や「軽減税率制度」があるので注意が必要です。消費税改正の簡単な解説です。
2021.01.16
基礎知識

今まで気にしなかった!官公庁の支払方式は原則「後払い」、例外は

官公庁の「支払方法」についての解説です。官公庁と民間会社が契約を締結し代金を支払うときや、出張旅費を支払うときの支払方法についての解説です。原則は後払いです。例外として「前金払い」と「概算払い」が法律によって限定的に認められています。
2021.01.16
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました