契約手続き

スポンサーリンク
契約手続き

仕様書を作成する前に知っておきたいこと、表現や記載方法

仕様書の書き方についての解説です。実際に仕様書を作成するときに、どのように表現し記述すれば良いのか、どこまで詳しくする必要があるのか解説します。仕様書は、相手に求める内容を書類としてまとめるものです。契約の中心的な書類になります。
契約手続き

仕様書の書き方をわかりやすく解説、少額随意契約の仕様書とは

官公庁が少額随意契約を締結するときに作成する仕様書の解説です。少額随意契約では、見積もり合わせを実施します。見積書を依頼するときには仕様書を提示します。仕様書の作成方法を具体例で解説します。物品購入契約の仕様書サンプル付きです。
契約手続き

甲・乙・丙の次は?契約書の当事者名は十干(じっかん)以外でも可能

契約書に記載する当事者名の解説です。一般的な契約書は2~3者で契約を締結します。甲・乙・丙(こう・おつ・へい)を使うことが多いです。それ以上の契約当事者の呼び方は、十干(じっかん)表で定められていました。ただ無理に十干を使う必要はありません。
契約手続き

見積書、納品書、請求書の日付に注意!3点セットでは恥ずかしい

官公庁の会計実務に必要な書類の日付に注意しましょう。見積書、納品書、請求書を3点セットとして依頼すると、後日トラブルになり、不適切な会計処理を疑われてしまいます。それぞれの書類の意味を正しく理解しましょう。
契約手続き

初心者が仕様書の作り方を学ぶ方法、仕様書のチェックポイント

官公庁の契約担当者が、仕様書の作り方を学ぶ方法です。初めて仕様書を作るときはとても不安です。どのように仕様書を作るのか全くわかりません。何から始めるのか、どのように進めるのか、何もわからないのです。初心者向けにわかりやすく解説します。
スポンサーリンク