契約手続き

スポンサーリンク
契約手続き

魔法のような「透明契約・透明入札」制度、あらゆる問題を解決

官公庁の契約手続きを「不正事件」から完全に守る方法の解説です。契約手続きに関係する「贈収賄事件」や「談合事件」を、完全に撲滅します。会計法令を見直し、ブラックボックス部分の手続きを排除します。「透明契約・透明入札制度」の解説です。
2021.01.15
随意契約

これが災害時に有効な緊急対策、官公庁の「契約方式」を超法規的に

災害対策や景気対策に有効な官公庁契約の解説です。2013年10月現在、長期間のデフレ不況と、東日本大震災による未曾有の災害で、国民の生活が疲弊しています。補正予算による財政出動で、1日も早く事業を実施することが重要です。
2021.01.15
随意契約

政権交代で「国際入札」が一時停止、報道されなかった現場の混乱

民主党政権が2009年9月に誕生し、すべての政府予算が見直されました。マスコミ受けする「事業仕分け」の公開討論、「随意契約の見直し」が始まりました。しかも公正さを無視して、国際入札までもが一時停止されました。現場の混乱はひどかったです。
2021.01.15
入札

これを「公正」と言えるのか?「リバースオークション」のデメリット

官公庁が実施する「リバースオークション」についての解説です。「リバースオークション」は、価格競争を繰り返し契約の相手方を決定します。しかし過度の価格競争は、会社の体力を奪い、将来的に傷を残します。リバースオークションのデメリットです。
2021.01.15
入札

こんな「入札」信じられない!「随意契約」より7億円も高いなんて!

スパコンの国際入札についての解説です。1991年当時、日米経済摩擦によってアメリカ政府から市場開放を迫られていました。しかし国際入札手続きするよりも、随意契約なら破格の安い金額締結可能でした。随意契約すべきか判断に迷ったときの解説です。
2021.01.15
入札

「入札会場」の設営方法がわからない!これが実際の「入札会場」

入札会場の正しい設営方法です。官公庁が実施する入札は、公平・公正でなければなりません。入札当日に、会場までの道順がわからず迷子になったりすれば大きなトラブルになります。入札会場の設営方法を具体的に解説します。
2021.01.15
契約手続き

官公庁で9割以上を占める「少額随意契約」の手順を簡単に知る

官公庁の契約手続きで一番多い「少額随意契約」の流れについての解説です。正しい契約手続きを行うためには根拠法令の理解と、おおまかな処理手順をイメージすることが大切です。仕様書の作成から「見積もり合わせ」や決裁手続きまでを説明します。
2021.01.15
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました