mynsworld

スポンサーリンク
随意契約

随意契約を繰り返すときに注意したいこと、競争性を確保した手続き

官公庁が特定の会社と締結する随意契約は、社会的に批判を受けることが多いです。特に、特定の会社と随意契約を繰り返すことは「業者との癒着」を疑われ、大きな問題になることがあります。随意契約を繰り返すことの問題点について解説します。
2020.01.31
予定価格

こんな会計検査院がうれしい、国民に役立つ積極的な事前指導を

役に立つ会計検査院の解説です。契約実務に必要な予定価格の作成方法は、具体的な記載例のある参考書は存在せず、日々悩みながら書類を作成します。会計検査院の実施する会計実地検査では、指摘を受けるだけで事前に教えてもらえません。
2020.01.31
基礎知識

判断に迷う請負契約と委託契約と雇用契約、違いを正しく理解する

契約手続きを担当していると、判断に悩むことがあります。誰かに何かの仕事を依頼する契約を締結するとき、契約の形態をどれにするか迷うのです。人に対して仕事を依頼する契約の形態として、請負契約、委託契約、雇用契約があります。わかりやすく解説します。
2020.01.31
スポンサーリンク
会計法令の解説

指名競争入札のメリットを正しく知る、実務上は一般競争入札すべき

指名競争入札についての解説です。官公庁の契約方式は、一般競争入札が原則です。例外として指名競争入札と随意契約があります。会計法令(予決令)では、契約金額に応じて、それぞれの契約方式が可能な範囲を定めています。
2020.01.31
予定価格

清掃契約などの人件費を主とする予定価格の作成方法、概略を理解

官公庁で必要な清掃契約などの予定価格作成方法の解説です。仕様書や予定価格を作成するときは、概略をイメージとして把握します。業務内容をおおまかに決めて、それぞれの項目を細かくしていきます。仕様書に記載したことを予定価格として積算します。
2020.01.31
基礎知識

一番わかりやすい「国の予算」、10年で一人前の契約実務担当者

「国の予算」の簡単な解説と契約実務担当者の役割です。官公庁で働く会計実務担当者は、会計法令に基づいて予算を使う(執行)ことが必要です。法律、省令、運用通知などの多数のルールを理解しなくてはいけません。一人前になるには10年必要です。
2020.01.31
会計法令の解説

契約方式の根拠法令を簡単に知りたいとき、契約種類別の根拠一覧

契約方式の根拠法令一覧です。国と地方公共団体について、主な契約の種類別にまとめました。物品購入契約、工事・製造契約、請負契約について、随意契約や指名競争入札が可能な範囲、その根拠法令です。市町村は、基準額が半分に抑えられています。
2020.01.31
会計法令の解説

官公庁の入札に必要な4つの資格とは、予決令第七十三条の解説

官公庁が実施する入札へ参加するための「資格」についての解説です。入札に参加する条件は、一般的に「全省庁統一資格」が必要です。契約の内容が特殊で、さらに追加で参加条件を制限するときの解説です。参加資格を絞り込むときは最少限の条件とします。
2020.01.31
会計法令の解説

入札公告を作成するときの注意事項、予決令第七十六条の入札無効

入札公告に記載する「無効」についての解説です。入札に参加した会社が「無効」と判断される条件は、事前に明記する必要があります。理由もなく入札が無効扱いされると、会社の信用度はなくなり致命的な打撃を受けます。契約実務担当者に必須の知識です。
2020.01.31
会計法令の解説

指名競争入札のリスクを正しく理解する、一般競争入札の方が安全

指名競争入札を実施するときに注意したい点です。一般競争入札とは異なり、あらかじめ数社を選定し指名通知を送付します。会社を選んだ理由は、明確にしておく必要があります。
2020.01.31
入札

これから入札(開札)を実施するとき、正しい入札会場の設営方法

入札会場の正しい設営方法です。官公庁が実施する入札は、公平・公正でなければなりません。入札当日に、会場までの道順がわからず迷子になったりすれば大きなトラブルになります。入札会場の設営方法を具体的に解説します。
2020.01.31
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました