mynsworld

スポンサーリンク
随意契約

「随意契約」に必要な「選定理由書」の書き方、実例で簡単に理解

官公庁の契約手続きで、「随意契約」を締結するときに必要な「理由書」の解説です。「少額随意契約」や「競争性のない随意契約」では、機種選定理由書や業者選定理由書などの「随意契約理由書」が必要になります。わかりやすい書き方の解説です。
2019.10.15
営業担当

営業初心者向け「見積書」の解説、「参考見積書」との違いを理解

営業初心者向けの「見積書」についての解説です。民間会社の官公庁向け「営業担当者」の基礎知識です。官公庁が必要とする見積書は大きく分けて2種類あります。契約の申し込みとなる「見積書」と、予算用の「参考見積書」です。使用目的の違いを解説します。
2019.10.09
予定価格

予定価格の「端数処理」を正しく理解、千円未満切捨て処理の方法

契約実務担当者が、予定価格を作成するときに悩むのが「端数処理」の方法です。1万円未満を切り捨てるのか、千円未満を切り捨てるのか、などなど迷うのです。あるいは法令で「端数処理」の方法が定められているのか疑問になります。
2019.10.09
スポンサーリンク
基礎知識

契約実務に必要な「無償保証期間」の知識、「契約書」への記載例

「無償保証期間」についての解説です。高価な製品を購入すると「保証書」が添付されています。なぜ「無償保証期間」が必要なのか、その法的な根拠は何なのか、わかりやすく解説します。また「契約書」への記載が必要な理由を説明します。
2019.10.09
会計法令の解説

契約書に貼る「印紙」の解説、官公庁は「非課税法人」、効力への影響

契約書や請書に貼付する印紙についての詳しい解説です。官公庁が民間会社と契約するときに作成する契約書や請書は、印紙の貼付が必要です。官公庁は印紙税法別表第二で非課税法人です。印紙を貼る文書の種類は別表第一で課税か非課税か区分されています。
2019.10.08
基礎知識

「人件費」の概算を知りたいとき、簡単な「法定福利費」の計算

「人件費」を概算で計算する方法です。官公庁の会計実務では、事業の費用を見積もるときや、契約金額の概算を把握したいケースがあります。業務従事者本人へ支払う給与の他に、雇用主が負担する「法定福利費」の計算が必要になります。
2019.10.08
契約手続き

初めての「見積もり合わせ」、契約実務経験20年のノウハウを公開

官公庁が「随意契約」を締結するときに実施する「見積もり合わせ」の解説です。「見積もり合わせ」初心者へ、契約実務経験20年のノウハウを公開します。「見積もり合わせ」については、具体的な手順や方法を記載した参考書が存在しません。
2019.10.07
給与謝金

「講演料」を支払うときに注意したいこと、「源泉徴収」を忘れない

「謝金」を支払うときに注意したい「税金」の解説です。外部の人に対して支払う謝金は、「源泉徴収の対象」になることがあります。源泉徴収を忘れて全額支払ってしまうと、数年後に実施される税務調査で指摘を受け、トラブルになります。注意したい点です。
2019.10.07
契約手続き

「入札手続き」を簡単に知りたいとき、作成書類と手続きの手順

「入札手続き」を実例で解説します。官公庁の契約で一番多い「購入契約」の手続き例です。仕様書の作成から、入札や開札、契約書の取り交わしなどを簡単に説明します。パソコンを20台購入する想定で、総額280万円の入札手続きの解説です。
2019.10.04
会計法令の解説

「会計年度」が必要な理由を正しく理解する、予算の「基本単位」

官公庁の予算の集計単位である「会計年度」についての解説です。日本の官公庁は、4月から翌年3月までの「会計年度」を基準として予算を組み、国会や議会の承認を得ます。事業を行うときの予算の集計単位、予算を使用するときの会計年度所属区分の解説です。
2019.10.01
スポンサーリンク