2013-07

スポンサーリンク
会計法令の解説

「再度入札」は何回できる?回数制限と「再度公告入札」との違い

官公庁が実施する「再度入札」の解説です。具体例でわかりやすく説明します。開札の結果、予定価格を超えたときに「再度入札」を実施します。回数制限については、地方公共団体は明確に規定しているところが多いです。一般的には3回目で判断します。
2021.01.15
会計法令の解説

これでは、やはりわからない!「予定価格」の根拠法令が抽象的な理由

「予定価格」は、とても重要です。入札を実施するときは「落札基準価格」としての役割があります。また「契約方式」を決定するときの判断材料です。ところが「予定価格」の作成方法を具体的に定めた法令は存在しません。抽象的な予決令第八十条のみです。
2021.01.15
会計法令の解説

絶対に教えてはいけません!「予定価格」を教えると逮捕されます

「予定価格」を秘密にする法的根拠、「予定価格を教えて」と尋ねられたときの正しい対応方法です。国の会計法令では、「予定価格を秘密扱い」にしています。しかし例外として公表することがあります。地方公共団体では事前公表するケースが多いです。
2021.01.15
会計法令の解説

「入札保証金」って何?全然わからない、知らなくても困らない?

「入札保証金」についての解説です。国が実施する入札手続きでは、原則として「入札保証金」を納付することになっています。しかし、ほとんどの入札では「全省庁統一資格」を参加条件としているので「免除」になります。根拠法令をくわしく解説します。
2021.01.15
会計法令の解説

いきなり「入札は無効」と言われたら?入札公告への記載必須事項

入札公告に記載する「無効」についての解説です。入札に参加した会社が「無効」と判断される条件は、事前に明記する必要があります。理由もなく入札が無効扱いされると、会社の信用度はなくなり致命的な打撃を受けます。契約実務担当者に必須の知識です。
2021.01.15
会計法令の解説

これなら「入札公告」を簡単に理解できる!根拠法令と作成方法

入札公告の作成についての解説です。官公庁の契約実務担当者が、一般競争入札を実施するときに必須の知識です。入札公告は一般公開され、多数の人が目にします。入札公告の記載事項は、会計法令で決められています。具体例でくわしく解説します。
2021.01.15
会計法令の解説

すぐに「入札」したくても無理です!「公告期間」が決められてます

「入札公告」の掲載期間についての解説です。一般競争入札を実施するときは、「入札公告」の掲載期間が長いほど、競争参加者が増えます。予決令では原則として10日以上掲載するよう義務付けられています。「入札公告」掲載期間カウント方法の解説です。
2021.01.15
会計法令の解説

あなたは「入札公告」を読んでますか?これが4つの「参加資格」

官公庁が実施する入札へ参加するための「資格」についての解説です。入札に参加する条件は、一般的に「全省庁統一資格」が必要です。契約の内容が特殊で、さらに追加で参加条件を制限するときの解説です。参加資格を絞り込むときは最少限の条件とします。
2021.01.15
営業担当

自分の会社の「等級」を知ってますか?入札への「参加資格」に必須

各省庁が実施する入札へ参加するための「全省庁統一資格」の解説です。財務諸表と設立年月日がわかれば、自分で簡単に採点可能です。「全省庁統一資格」は、A~Dの等級がありますが、会社の規模を表すものです。等級の格付けを理解しておくと、有利です。
2021.01.15
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました