ときどき判断に迷う!「請負、委託、派遣、出向、雇用」の違い

スポンサーリンク
基礎知識
国立競技場
基礎知識

誰かに何かを行ってもらう契約形態として、「請負契約、委託契約、派遣契約、出向契約、雇用契約」があります。それぞれの違いについて、わかりやすく解説します。官公庁の契約実務では、契約形態によって手続きが異なります。十分に理解したいポイントです。

 

スポンサーリンク

契約内容がほぼ「人件費」の契約形態

 

何かの業務を依頼するときに、契約手続きについて迷うことがあります。請負契約、委託契約、派遣契約、出向契約、雇用契約のうち、どの契約が最も適しているか判断に迷うのです。逆に言えば、どの契約にも該当するようなケースです。

 

これらの契約形態の区別が、頭の中でモヤモヤしていて、契約を締結するたびに、WEB上で繰り返し調べてしまいます。何度も同じことを調べてしまい、「人生の中で無駄な時間を費やしている」と気付きました。そこで、わかりやすく違いをまとめました。

スポンサーリンク

「請負契約、委託契約、派遣契約、出向契約、雇用契約」の違い

 

「請負契約」は、何かを完成させるなど、完成品に対して対価を支払う契約です。例えば、工事請負契約、製造請負契約です。完成品ができなければ対価を支払う義務はありません。完成品の引き渡しを受けた時点(完了検査実施時)で、代金の支払い義務が発生します。

 

「委託契約」は、仕事の処理(日々の処理など)に対して、対価を支払う契約です。民法上の準委任契約に該当します。(民法 第 656 条)完成品は必要なく、一定期間の仕事に対して対価を支払います。

 

「派遣契約」は、派遣会社との契約です。誰か(特定の人を選べない)を派遣してもらいます。その対価として、人件費相当の費用と派遣会社の利益を含めて、派遣会社へ代金を支払う契約です。雇用契約は、派遣会社が従業員と締結します。

 

「出向契約」は、会社に在籍したまま(転籍もありますが、ここでは除外)、社員を他の会社へ出向させ、その給与実費部分のみを支払う契約です。給与部分の他に、会社の利益分を上乗せしてしまうと、「偽装派遣」になり法令違反です。(派遣法と職業安定法に違反です。)出向元の会社が利益を得ると「偽装派遣」になる点に注意が必要です。資本関係にある会社へ出向させることが多いです。親会社、子会社、グループ会社などです。出向の目的は、知識や経験のスキルアップを狙うことが多いです。

 

「雇用契約」は、公募などで特定の人を直接雇用する契約です。労働に対して給与を支払います。労働条件通知書を本人へ渡し、双方が合意して雇用が開始されます。労働契約と表現するときも、ほぼ同じことを意味します。

 

スポンサーリンク

「請負契約」と「委託契約」の違い

 

少しややこしいですが、「請負契約」と「委託契約」の違いについて解説します。ここは間違えやすい部分なので、具体例で説明します。会社が、会計帳簿の作成などを税理士へ依頼する「顧問契約」を例にします。

 

税理士との契約が、「ある一定期間、帳簿や計算書類をチェックしてもらう」という契約であれば、仕事の処理(継続的な仕事)に対して報酬が支払われます。民法上の準委任契約として「委託契約」になります。

 

次に、税理士に書類などを見てもらった上で、さらに「確定申告書を最終的に作成してもらう」契約であれば、確定申告書を作成するという「成果」に対して報酬を支払うので「請負契約」になります。

 

「請負契約」の根拠法令は、民法です。

 

民法

第632条 請負は、当事者の一方がある仕事を完成することを約し、相手方がその仕事の結果に対してその報酬を支払うことを約することによって、その効力を生ずる。

 

「委託契約」は、民法第656条による準委任契約です。次の判例がわかりやすいです。

 

スポンサーリンク

清掃契約を「委託契約」とする判例

 

ビルの清掃契約は、請負契約なのか、委託契約(準委任)なのかを区別した判例があります。

 

判例では、契約期間内に約定の清掃をすることは、契約の継続的な性質に照らせば、請負契約ではなく準委任契約と解され、委任の規定が適用されるとのことです。

 

準委任契約の根拠法令は、民法656条と643条です。

 

民法

第656条 この節(委任)の規定は、法律行為でない事務の委託について準用する。

第643条 委任は、当事者の一方が法律行為をすることを相手方に委託し、相手方がこれを承諾することによって、その効力を生ずる。

 

「法律行為」という意味は、民法などの法律に基づいて強制力が認められている行為です。契約の締結権限を委任する「委任状」などが該当します。裁判の訴訟代理人などもそうです。

 

準委任契約(委託契約)は、仕事の完成を目的とする請負契約とは異なり、委託された目的のもとに、事務を処理する(継続的に仕事を行う)ものです。仕事に必要な費用と報酬を請求できるのが準委任契約(委託契約)です。

 

簡単に言えば、「請負契約」は何かを完成させる契約です。「委託契約」(準委任契約)は、一定期間、仕事を行ってもらう契約(完成品は必要ない)です。


仕事が学べる「電子書籍」販売中!


「困った! 仕事がわからい! 仕事が覚えられない!」

「見積書って、どうやって依頼するの?」

「予定価格の作り方が、全然わからない!」


このような「仕事の悩み」を解決するためのノウハウ集です。官公庁で働く人たち、官公庁を取引先とする営業担当者向けの実務書です。


初めて担当する仕事は、わからないことばかりです。


例えば、新人のときは、見積書を取り寄せるだけでも、大変な仕事です。何しろ、中学や高校では何も教えてくれませんでした。


上司から「見積書を取り寄せてください。」と指示されても、初めて経験することであれば、どのようにすればよいか、全くわかりません。
会計法令では「見積書が必要」と定められていても、では実際に、どのようにすれば良いのか、わからないのです。電子メールで依頼するのか、電話で依頼するのかもわかりません。依頼するときの内容や、話し方、伝え方など、具体的なことがわからないのです。


本書籍は、これらの実務上の疑問を解決するための書籍です。「実務経験者が実務担当者向け」に、わかりやすく具体的に解説しています。40年間の実務経験を集約し、実例を用いながら解説しました。実際の書類作りのノウハウを、すぐに学ぶことができます。ノウハウを学ぶことで、仕事を早く理解できるようになり、わからない仕事が少なくなります。


官公庁(役所)で働く人や、官公庁向け営業担当者に役立つ書籍です。


初めての仕事は、誰にとっても不安なものです。この不安は、経験がなく知識が不足していることが原因です。知識として「書類の作り方」を知っていれば、不安になりませんし、ミスもしません。そして、経験に基づく知識は、自分で学ぶことができます。書類作りのコツやノウハウをマスターすれば、仕事に追われることがなくなり、余裕が生まれます。その結果、毎日が楽しくなってきます。さらに同僚や上司からも信頼され、不思議なことに、友人まで増えてきます。


本書籍は、官公庁の会計実務について、いろいろな視点から解説しています。わずか数分のスキマ時間だけで、しっかりと学ぶことができます。 なお紙の書籍は、印刷経費が高くなってしまうので、販売していません。多くの方へ、安くお届けしたいので、電子書籍のみです。


「わからない!」そう思ったときが学ぶチャンスです。疑問などは、ひとつひとつ解決しましょう!迷っている時間さえ、もったいないです。さあ、すぐに始めましょう!


電子書籍のくわしい内容(目次など)については、こちらに記載してあります。本サイトの「電子書籍」



誰も教えてくれない官公庁会計実務1,250円


官公庁会計実務の基礎用語 980円


スポンサーリンク
誰も教えてくれない官公庁会計実務

コメント

タイトルとURLをコピーしました