所有権が移転する時期とは、官公庁側の検収完了で物が特定されたとき

スポンサーリンク
基礎知識
2007年 シンガポール
この記事は約6分で読めます。

物品購入契約で所有権が移転する時期の解説です。所有権の移転については、民法や会計法令の中にも明確に移転時期を定めた条文がありません。日常の契約実務の中では、それほど気にする必要はないですが、所有権が移転する時期を理解しておきましょう。

スポンサーリンク

物品売買の所有権移転時期とは

官公庁が物品を購入するときの所有権移転時期の解説です。日常の契約実務の中では、特に所有権を気にしなくても大きな支障はありません。基礎知識として理解しておきたいポイントです。

 

最初に、民法の所有権移転時期に関する条文を確認します。

 

民法

(物権の設定及び移転)
第百七十六条  物権の設定及び移転は、当事者の意思表示のみによって、その効力を生ずる。

 

物権とは、所有権や占有権、地上権、地役権などです。今回は物権の中の所有権についての解説です。

 

民法の上記条文では、当事者の意思表示のみによって、と定められています。簡単に考えると、売主と買主の契約締結時に所有権が移転することになります。

 

契約は、書面による取り交わしは必要なく、売ります、買いますという当事者間の口頭での意思表示だけで成立します。

 

(えっ、契約締結と同時に所有権が移転?)

スポンサーリンク

契約締結と同時に所有権が移転する?

ここで疑問が生じると思います。

 

例えば、20万円くらいの大型冷蔵庫を購入し、自宅へ届けてもらう売買契約を想定します。

 

大型電気店に展示してある、いろいろな冷蔵庫を見比べて、値引き後の販売価格にも納得し、店員さんへ正式に注文します。持ち帰れないので、一週間後に自宅に配送されるとします。

 

民法の契約締結と同時に所有権が移転と考えると、どうでしょうか。

 

自宅に届く冷蔵庫は、店頭に見本として展示されていた冷蔵庫ではありません。(展示品を通常より安く買う場合もありますが、稀なので今回は除きます。)倉庫に保管してある新品の冷蔵庫が届くはずです。配送するときに、店側が倉庫の中から同じ型式の新品の冷蔵庫を選んで自宅へ配送してくれます。

 

つまり店頭で契約を締結した時点では、自宅に届く冷蔵庫は、実際にどの冷蔵庫なのか特定できていません。売買契約の目的物が特定できていない状況では、買主に所有権が移転するといわれても、どの冷蔵庫なのかわかりません。冷蔵庫が特定しされてないので所有権を主張することは事実上不可能です。

スポンサーリンク

所有権は民法で定められてない

実は民法では、所有権を明確に定めた条文は存在しないと言われています。そのため過去の判例等に頼らざるを得ず、所有権移転時期についての解釈も複数存在しています。

 

判例などから通説となっている考え方は次のとおりです。

 

所有権移転の時期は、特定物と不特定物で異なる。

 

特定物の売買では、契約締結の時に所有権が移転し、引き渡しによって、占有権だけが売主から買主に移転します。特定物とは、中古物品や不動産など、代わりになる同じ物が存在しない状態です。不特定物とは、カタログ製品など同じ物が多数存在することです。

 

不特定物の売買では、目的物が特定した時に売主から買主に所有権が移転します。つまり納品時に、買主が物品を確認する納品検査(検収)によって目的物が特定し、納品検査が完了した時点で所有権が買主に移転します。

 

ただし不動産などは法務局への登記が第三者対抗要件となるなど、話が複雑になるので今回は不動産を除外します。

 

次に、官公庁の契約手続きの中で所有権に関係する会計法令を確認しましょう。すると意外なことに、検査に関する法令はありますが、所有権については定めがないことに気付きます。

 

財政法 所有権の規定なし

 

会計法
第二十九条の十一第二項

契約担当官等は、(略)請負契約又は物件の買入れその他の契約については、(略)、自ら又は補助者に命じて、その受ける給付の完了の確認をするため必要な検査をしなければならない。

 

予決令(予算決算及び会計令)

第百一条の四(検査の方法)

会計法第二十九条の十一第二項 に規定する工事若しくは製造その他についての請負契約又は物件の買入れその他の契約についての給付の完了の確認をするため必要な検査は、契約担当官等が、自ら又は補助者に命じて、契約書、仕様書及び設計書その他の関係書類に基づいて行なうものとする。

 

第百一条の九(検査調書の作成)

(略)契約担当官等から検査を命ぜられた補助者(略)は、検査を完了した場合においては、(略)検査調書を作成しなければならない。
2  前項の規定により検査調書を作成すべき場合においては、当該検査調書に基づかなければ、支払をすることができない。

 

検査については、さらに契約事務取扱規則(第二十条)でも具体的に定めています。しかし所有権に関することは会計法令では記載されていません。

 

納品時の、検査の時期は法律で定められています。

政府契約の支払遅延防止等に関する法律(遅延防止法)

(給付の完了の確認又は検査の時期)
第五条  (検査)の時期は、国が相手方から給付を終了した旨の通知を受けた日から工事については十四日、その他の給付については十日以内の日としなければならない。

 

会計法令では納品時に検査を行わなければならないことを明確に定めています。また遅延防止法第四条では、契約書の記載事項として、検査を行う時期や、代金の支払時期を明記するよう定めています。

 

政府契約の支払遅延防止等に関する法律

第四条
政府契約の当事者は、(略)その契約の締結に際しては、給付の内容、対価の額、給付の完了の時期その他必要な事項のほか、次に掲げる事項を書面により明らかにしなければならない。

(略)

一  契約の目的たる給付の完了の確認又は検査の時期
二  対価の支払の時期
(略)

スポンサーリンク

所有権移転時期についてのまとめ

国の会計法令が適用される売買契約では、上述のように納品検査が義務付けられています。納品検査の時期については定めてありますが、所有権に関しては定めてありません。そこで民法に基づく所有権移転時期の考え方によることになります。

 

一般的なカタログ製品の売買契約は、不特定物の売買です。目的物が特定した時に、売主から買主へ所有権が移転します。目的物が特定する時期は、納品検査(検収・検査収納)のときです。

 

予決令第百一条の九第二項では、検査調書に基づかなければ、支払をすることができない、と定められています。つまり納品検査(給付の完了の確認検査)が完了した時点で、所有権が国側(買主)に移転するので、支払いの債務が発生すると考えられています。

会計実務の基本を学ぶ本サイトの電子書籍


仕事がわからない!

見積書の依頼方法がわからない!

予定価格の作り方がわからない!


疑問や悩みはすぐに解決できます。本サイトの電子書籍なら、会計実務の基本を学ぶことができます。官公庁で働く人たちや営業担当者に必須の情報を集約しています。悩む時間はもったいないです。すぐに始めましょう。


初めて担当する仕事はわからないことだらけです。新人のときは、見積書を取り寄せるだけでも大変です。何をしたらよいかわかりません。わからないところが、わからないのです。毎日が不安で仕事がつらくなってしまいます。


仕事の不安は、自分の知識が少ないことが原因です。知識が不足しているために不安になります。基本がわからないので理解できないのです。本書籍で会計実務の基本を学べば、知識が着実に身につきます。そして加速度的に仕事を覚えられるようになります。知識が自分の財産に変わり、疑問や悩みが消えます。次第に仕事も楽しくなってきます。


本サイトの電子書籍は、実際に実務を担当してきた管理人自身が執筆しています。実務経験者による実務担当者向けの本格的な書籍です。40年間のノウハウを凝縮しています。自分で書類作りを行った経験から、悩み迷う部分をわかりやすく解説しています。(ただし、本サイトが対象外としている工事契約の予定価格作成方法は記載していません。)


なお紙の書籍は、印刷経費が高くなるために販売していません。多くの方へ安くお届けしたいので電子書籍のみです。また(言い訳になりますが・・)料金を安くするために校正作業も節約しています。多少の誤字脱字などもあるかと思います。ご容赦ください。


 

初めて契約担当になるときに読む本 980円

初めて契約担当になるときに読む本

初めて契約担当になるときに読む本 980円

官公庁の契約手続きを基礎から学ぶための書籍です。初めて契約担当になるときに、事前に知っておきたい基礎知識を集約しました。初心者向けにわかりやすく書かれています。契約実務研修にも最適な内容です。官公庁向け営業担当者にも役立つ書籍です。
 

誰も教えてくれない官公庁会計実務1,250円

誰も教えてくれない官公庁会計実務

誰も教えてくれない官公庁会計実務 1,250円

本サイトの人気記事を集めた電子書籍です。官公庁の会計実務を学ぶためのノウハウが集約されています。すきま時間に記事を繰り返し読むだけで会計実務の基本を学ぶことができます。
 

官公庁会計実務の基礎用語 980円

官公庁会計実務の基礎用語

官公庁会計実務の基礎用語 980円

官公庁で日常的に使う基礎用語集です。基礎用語を理解することで、効率的に仕事を覚えることができます。


電子書籍のくわしい内容(目次など)については、次の記事をご覧ください。
官公庁の会計実務を学ぶ電子書籍、実務経験者が書いたノウハウ集
(どうしよう、仕事がわからない・・) 初めての仕事は不安ばかりで焦ってしまいます。先輩たちは忙しそうで聞きづらかったり、教えてもらっても理解できないことがあります。本書籍を読むことで、会計実務の基本と書類作りのノウハウを着実に学べます。
基礎知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
誰も教えてくれない官公庁会計実務

コメント

タイトルとURLをコピーしました