会計年度

スポンサーリンク
会計法令の解説

もう一度「会計年度」を理解しよう、わかりやすい解説

官公庁の予算の集計単位である「会計年度」についての解説です。日本の官公庁は、4月から翌年3月までの「会計年度」を基準として予算を組み、国会や議会の承認を得ます。事業を行うときの予算の集計単位、予算を使用するときの会計年度所属区分の解説です。
2021.01.16
会計法令の解説

これなら「年度を超えた」契約が可能、しかし支払手続きには注意!

「長期継続契約」についての解説です。電気、ガス、水道、電話は、「長期継続契約」として会計年度を超えた契約締結が可能です。予算の単年度主義の例外的な取扱いが認められています。ただし支払いのときは、使用期間に応じ、年度ごとに区分して支払います。
2021.01.15
会計法令の解説

これならわかる!「会計年度所属区分」の判断は「期間」か「検収日」

官公庁の「会計年度所属区分」についての解説です。単年度予算を使用するときは、会計年度の判断が必要になります。特に3月から4月にかけて必要となる知識です。旧年度予算か新年度予算か、参照すべき会計法令と、具体的な判断方法を説明します。
2021.01.15
予算

ここは正しく理解したい!「予算の種類」と「会計年度独立の原則」

「官公庁の予算」をわかりやすく簡単に解説します。予算には「歳入予算」と「歳出予算」があります。国会や議会の承認を受けて成立します。「会計年度」ごとに集計され、「会計年度」ごとに使うことができます。初心者や営業担当者にも必須の知識です。
2021.01.15
会計法令の解説

知ってる?「会計年度」は変わること、日本も4月からではなかった

「収入・支出」と「歳入・歳出」についての解説です。官公庁で会計実務を担当するときに必須となる基礎知識です。財政法第二条をくわしく解説します。会計年度の歴史や日本以外の世界各国の会計年度も理解しておきましょう。今さら聞けない必須知識です。
2021.01.15
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました