会計年度

スポンサーリンク
会計法令の解説

「収入・支出」と「歳入・歳出」の違い、会計年度で期間を区分する

「収入・支出」と「歳入・歳出」は、官公庁の会計実務担当者にとって必須知識です。会計年度によって区分することで意味が変わります。会計年度の歴史や、世界各国の会計年度も理解しておきましょう。明治時代は、日本の会計年度も暦年でした。
2022.06.07
会計法令の解説

会計法令を学ぶコツ、財政法で会計実務に必要な2つの基本条文

官公庁の会計実務は、法令に基づいて処理をすすめます。会計法令を理解することが重要なのですが、勉強する方法がわからないと思います。会計法令を学ぶコツ、財政法の中で契約実務に必要な「会計年度」、「予算の目的外使用」、「予算の項と目」の解説です。
2022.06.06
会計法令の解説

なぜ会計年度が必要なのか?会計年度のわかりやすい解説

会計年度はいつから始まるのか、なぜ会計年度が必要なのか、会計年度と単年度に違いはあるのか、わかりやすく解説します。会計年度の根拠法令や日本以外の世界各国の会計年度もまとめました。官公庁で働く人たちに必須の情報です。
2022.05.19
予算

会計年度独立の原則とは、官公庁の歳入予算と歳出予算を簡単に解説

官公庁の予算を簡単にわかりやすく解説します。会計年度独立の原則は、官公庁の予算の基本原則です。歳入予算と歳出予算は、国会や議会での承認を受けて成立します。会計年度ごとに集計され、会計年度ごとに使うことができます。
2021.11.04
会計法令の解説

歳出の会計年度所属区分とは、3月から4月にかけての支払いは要注意

官公庁が予算を使うときは、会計年度を守らなければなりません。3月から4月にかけて会計年度が切り替わるときに、契約代金を支払うときには、新年度と旧年度の区別が必要です。会計年度の判断は、期間で判断する方法と、検収日で判断する方法があります。
2021.10.27
会計法令の解説

会計年度所属区分の判断方法とは、旅費、給与、光熱水費、契約代金

年度末の会計処理には会計年度所属区分の知識が必要です。旧年度と新年度、どちらの予算になるのか判断しなくてはなりません。旅費、給与、光熱水費、契約代金について具体的に会計年度を区分する方法です。予決令第二条の歳出の会計年度所属区分の解説です。
2021.10.26
出張旅費

年度をまたぐ旅費の区分方法とは、科研費で旅費を支払うときの注意点

年度末の 3 月から 4 月にかけて出張する旅費を、会計年度で区分する方法です。単年度予算の科研費では、年度をまたぐ支出が認められていません。旅費法では、年度をまたぐ出張のときに前年度予算から概算払い可能ですが、科研費には適用されません。
2021.09.23
科研費

科研費で旅費を使うときの注意点、年度をまたぐ出張は間違えやすい

科研費で出張するとには注意が必要です。旅費法だけでは間違えてしまいます。特に単年度予算の科研費は制約が多いです。大学院生の出張、旅費ルールの優先順位、合算使用、年度をまたぐ出張などの解説です。研究者と事務担当者に必須の知識です。
2021.09.23
会計法令の解説

長期継続契約とは?電気、ガス、水道、電話は毎年必要になる契約

長期継続契約についての解説です。電気、ガス、水道、電話は毎日必要です。長期継続契約として、会計年度を超えた契約が可能です。予算の単年度主義の例外として認められています。ただし支払うときは、使用期間に応じて年度ごとに区分して支払います。
2021.08.05
スポンサーリンク