参考見積書

スポンサーリンク
基礎知識

恥ずかしい「下見積」って?「参考見積書」と「下見積書」の違い

最近(2020年7月)、「下見積書」という言葉を、ネットで見かけるようになりました。官公庁の入札手続きなどで、提出書類になっています。しかし聞きなれない言葉です。「見積書」や「参考見積書」との違いについて、わかりやすく解説します。
市場価格方式

これなら「予定価格」が作成できる!わかりやすい「3つの手順」

官公庁が入札を実施するときに、落札の基準価格とする「予定価格の作成方法」についての解説です。理解しやすいように具体例で説明します。ノートパソコンを30台(総額450万円程度)購入する想定で、予定価格の作成方法をくわしく解説します。
2020.05.02
基礎知識

みんな騙されてますよ!これが「落札率」についての正しい説明です

「落札率」と「談合」についての解説です。落札率が95%以上の入札は、談合の疑いがあると言われてます。しかし予定価格を作成するときは、取り引きの実例価格を調べるため、参考見積書を提出してもらいます。落札率100%は「適正な価格」とも言えます。
2020.04.18
営業担当

「営業成績」まで変える基礎知識、「見積書」と「参考見積書」を意識

営業初心者向けの「見積書」についての解説です。民間会社の官公庁向け「営業担当者」の基礎知識です。官公庁が必要とする見積書は大きく分けて2種類あります。契約の申し込みとなる「見積書」と、予算用の「参考見積書」です。使用目的の違いを解説します。
2020.04.04
営業担当

営業成績にも影響?これが「見積書」を正しく理解するための解説

「営業担当者」向けの「見積書」についての解説です。官公庁から見積書の提出依頼があったときの対応方法について、わかりやすく説明します。「見積書」は、大きく2つに区分されます。契約締結のための「見積書」と、予算要求用の「参考見積書」です。
2020.04.04
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました