スポンサーリンク
会計法令の解説

前金払いとは、官公庁の支払い方法は後払いが原則、前金払は特例

前金払(まえきんばらい)の解説です。官公庁の支払い方法は、後払い(あとばらい)が原則です。例外として前金払が限定的に認められています。地方自治体の方が広く前金払が可能です。輸入品でも前金払が適用できないケースがあるので注意が必要です。
2021.07.31
基礎知識

請負契約、委託契約、雇用契約、それぞれの違いをわかりやすく解説

官公庁で契約実務を担当していると、時々、どの契約形態にすべきか迷うことがあります。何かの仕事を依頼するとき、請負契約、委託契約、雇用契約のどれにするか迷うのです。それぞれの根拠法令を理解して最適な契約形態にしましょう。
2021.07.24
会計法令の解説

概算払いと前金払いの違いとは、概算払いは官公庁の支払方式の例外

官公庁の概算払い(がいさんばらい)についての解説です。官公庁の支払いは、後払い(あとばらい)が原則です。例外として概算払いが認められています。概算払いと前金払い(まえきんばらい)の違い、根拠法令などをわかりやすく解説します。
2021.07.19
契約手続き

甲・乙・丙の次は?契約書の当事者名は十干(じっかん)以外でも可能

契約書に記載する当事者名の解説です。一般的な契約書は2~3者で契約を締結します。甲・乙・丙(こう・おつ・へい)を使うことが多いです。それ以上の契約当事者の呼び方は、十干(じっかん)表で定められていました。ただ無理に十干を使う必要はありません。
2021.07.19
基礎知識

請求書の金額訂正は可能?合計金額を訂正印で修正しても問題ない?

請求書の金額は訂正印で修正可能でしょうか?単純な計算ミスや記載ミスを見つけたときに、請求書の金額を訂正することは問題ないのか、会計担当者の訂正印で処理できるのか簡単に解説します。訂正が認められない理由と根拠法令も理解しておきましょう。
2021.07.17
基礎知識

保証期間を契約書へ記載する方法、契約書への記載例

物品を購入したときの無償保証期間についての解説です。値段の高い物品を購入すると保証書が添付されています。なぜ無償保証期間が必要なのか、根拠法令は何なのか、わかりやすく解説します。また契約書への記載を必要とする会計法令の根拠も確認します。
2021.07.17
その他

なぜ会計検査院は怖い?  拒否したいけど仕返しが恐ろしい

会計検査院が実施する「実地検査」についての解説です。国民の税金を使用する公的組織は、会計検査院による実地検査を受検する義務があります。しかし、ごく一部の調査官ですが、横柄な態度で、犯罪者を問い詰めるように質問してくることがあります。
2021.07.17
契約手続き

見積書、納品書、請求書の日付に注意!3点セットでは恥ずかしい

官公庁の会計実務に必要な書類の日付に注意しましょう。見積書、納品書、請求書を3点セットとして依頼すると、後日トラブルになり、不適切な会計処理を疑われてしまいます。それぞれの書類の意味を正しく理解しましょう。
2021.07.15
基礎知識

請負契約と委託契約の違い、印紙税法の請負は対象範囲が広い

契約を締結するときに、請負契約と委託契約のどちらに該当するのか判断に迷うことがあります。請負契約は、完成品に対して代金を支払う契約です。委託契約は、民法上の準委任に該当し、完成品は必要ありません。ただし印紙税法では請負契約の概念が広いです。
2021.07.15
予定価格

諸経費率を財務諸表から算出する方法、予定価格に設定する諸経費率

官公庁で契約実務を長く担当していると、予定価格を作成することがあります。競争入札では落札基準価格になる重要な書類です。予定価格として積算する内容は、すべて客観的な根拠により算出します。ところが諸経費率についての基準がなく悩むことになります。
2021.07.14
契約手続き

初心者が仕様書の作り方を学ぶ方法、仕様書のチェックポイント

官公庁の契約担当者が、仕様書の作り方を学ぶ方法です。初めて仕様書を作るときはとても不安です。どのように仕様書を作るのか全くわかりません。何から始めるのか、どのように進めるのか、何もわからないのです。初心者向けにわかりやすく解説します。
スポンサーリンク