法令を学んでツラい仕事を楽しい仕事へ変える、法令を簡単に理解する

スポンサーリンク
基礎知識
富士五湖

官公庁の会計実務を担当するときに知っておきたいことです。日常の仕事は、会計法令を理解していなくても困りません。過去の書類を真似すれば作れます。しかし会計法令をマスターすれば、迷わなくなり悩みません。余裕が生まれ毎日が楽しくなります。

スポンサーリンク

官公庁の適正な事務手続きとは

 

国や地方自治体などの官公庁は、政策を実施するために事業を行うときに税金を使用します。そして税金を使うときは、会計法令に基づいて事務手続きを進めなければなりません。

 

例えば、特定の企業の利益になるよう、恣意的に随意契約を繰り返したり、国民の税金を好き勝手に使用することは、会計法令で禁止されています。契約手続きを進めるときは、財政法、会計法、予算決算及び会計令、契約事務取扱規則、地方自治法などの会計法令を遵守しなければなりません。ルールに基づく事務処理が義務付けられています。

 

法令などのルールに基づく事務処理のみが、適正な事務手続きです。当然ながらルールについての正しい知識が必須になります。

スポンサーリンク

会計法令を理解するのは意外に簡単

 

会計法令を深く理解していれば、日常の事務手続きで判断に迷うことがなくなります。わからないことがないので、書類を作成するスピードが二倍以上速くなります。会計法令をマスターすれば、迷ったり悩んでしまい書類作成が遅れたり、上司からミスを指摘され職場で嫌な思いをすることがなくなります。

 

むしろ、会計法令をマスターしている人は、周りの人たちを教えることができます。職場内でも、学校の先生のようにいろいろ聞かれるようになり尊敬されるようになります。豊富な知識を持つことによって、隣の係からも相談されるようになります。仕事を通じた友人も増え社交範囲が広がります。上司からも一目置かれるようになり、職場での存在感が大きくなります。頼られるようになり、周りからの眼差しが変わってきます。

 

会計法令は難解だと感じる人が多いです。しかし会計法令をマスターするのは意外と簡単です。ちょっとしたコツが必要なだけです。コツさえ掴めば、身体が自然に知識をどんどん吸収していきます。さらに知識を得た喜びを感じるようになります。そして次第に、今まで苦痛だった仕事が楽しい仕事へと変わります。困難な会計手続きに直面すれば、会計法令を武器にしてパズルを解くようなスリルと刺激を味わう感覚になります。毎日の仕事が楽しくなるのです。充実した日常生活に変わり始めます。

スポンサーリンク

会計法令をマスターするメリット

 

会計法令をマスターすれば、日常生活が劇的に変化します。

 

実際の仕事では、会計法令を知らなくても特に支障はありません。過去の書類を真似したり、先輩や上司に言われたとおりにすれば問題ありません。深く考えずに書類を作成しても、業務をこなすことは可能です。なんら問題ありません。

 

しかし会計法令を正しく理解していないと見えないミスが増えていきます。前例がないとわからず応用も効きません。さらに誰も気付かない大きなミスが書類の中に潜んでしまいます。最悪の場合、外部監査や会計検査院に不当事項として指摘されます。厳しい上司がいればミスの責任を取らされ、左遷されてしまうでしょう。

 

知識は武器になります。仲間を助けることもできますし、自分を守ることもできます。本サイトの記事を読めば、間違いなく会計法令を理解できるようになり、実務の知識を蓄えられます。ちょっとしたスキマ時間を利用して、本サイトの記事を繰り返し読みましょう。

コメント