一番わかりやすい「国の予算」、10年で一人前の契約実務担当者

スポンサーリンク
基礎知識
世界最高峰の自動車レース F1
基礎知識

「国の予算」の簡単な解説と契約実務担当者の役割です。官公庁で働く会計実務担当者は、会計法令に基づいて予算を使う(執行)ことが必要です。法律、省令、運用通知などの多数のルールを理解しなくてはいけません。一人前になるには10年必要です。

スポンサーリンク

歳入予算とは

 

「国の予算」は、大きく考えると2種類あります。お金(税金など)が国へ入ってくるものと、お金が出て行くものです。それぞれのお金を集計したものが、「歳入」と「歳出」です。
税金として、国に入ってくるお金を「歳入」と呼びます。歳入の「歳」という字は、「トシ、年」です。つまり1年間に入ってくるお金という意味です。

 

日本の会計制度は、1年間の区切りを、4月1日から3月31日までと法律(会計法)で定めています。業界用語では「会計年度」と呼びます。会計年度の始期は、国によって異なります。アメリカなどは9月1日から始まります。

 

つまり、1年(単年度)の間、国に入ってくる税金が「歳入」です。そして、このお金を集計したものが「歳入予算」です。日本国民は、全員が税金を払っています。給与をもらうときに天引きされる所得税や、買い物のときに支払う消費税などです。これらが全て、国の「歳入予算」です。

 

この他にも、国民から借金(国債の発行)したり、国民の郵便貯金の一部を借りたりしてます。ここは財務省独自の話しで複雑なので省略します。

スポンサーリンク

歳出予算とは

 

次に、国のお金が出る方です

 

例として、日常生活の中で、誰もが利用する道路を考えてみます。

 

車に乗ったり、歩道を歩いたり、自転車に乗ったりします。この道路は、誰が作ったのでしょうか?

 

道路を作るには、ものすごいお金が必要です。誰もボランティア精神で道路など作れません。みんなで共通して使うもの、誰もが自由に使える公共の財産(インフラ)を税金で作るのです。実際には、官公庁で働く人(公務員)は、道路を作る技術も資格もありません。公務員には工事などできません。道路を作るのは、専門の工事(土木)会社でないと無理です。そこで国(官公庁)が、土木会社と工事契約を締結して、お金(税金)を支払って、道路を作ってもらいます。

 

つまり、国民のために「何かの事業を実施する」(上記の例では道路工事)ときに支払うお金が「歳出予算」です。「歳」は、上記の説明と同じです。1年間(単年度)に、国が使う(支払う)お金を「歳出予算」と呼びます。

 

ただし、お金を使うのは、民間会社との契約だけではありません。医師に治療してもらう医療費、失業給付金、義務教育の学生への教科書代など、いろいろな形態があります。国が行う事業に使う「お金」すべてが「歳出予算」です。

 

「歳入予算」と「歳出予算」は、国会の議決で決定されます。そして、それぞれの予算は、厳格に法律で決められて区分されています。国民から集めた貴重な税金は、その管理が厳格にルール化されています。そうでないと、予算が「ぐちゃぐちゃ」になってしまい、いくら使ったかわからなくなるのです。

 

「歳入」は税金が国に入ること。「歳出」は、国がお金を使うことです。

スポンサーリンク

契約実務担当職員とは

 

国が政策として行う事業の中で、民間会社の人と、契約を締結する担当係の名称は様々です。契約係とか用度係、調達係、会計係などです。係の名称は、組織によって異なります。

 

契約実務担当係について解説します。契約実務担当係は、法令等に基づいて「歳出予算」を「使う」係です。以下は便宜上、「契約係」と記載します。

 

「歳出予算」は、「歳入予算」の範囲内で決められます。予算があって、初めて事業の実施が可能です。「歳入予算」を超えた事業を実施すれば赤字になってしまいます。また、国民から預かった大切な税金を使うときは、厳格な会計法令を守る必要があります。私利私欲のために勝手に使ったり、特定の会社だけ儲けさせるような「不公平」をなくすため、契約係が存在します。

 

民間会社と契約を締結するときは、会計法令に基づく「入札」という競争手続きによって、契約の相手方を公平・公正に決定します。この事務手続きが、想像を超えるほど大変なのです。入札関係手続き、契約を締結するまでの手続きが、超大変なのです。

 

契約係が日常的に行う、これらの事務手続きは、会計法令で厳格にルール化されています。ルールの種類は、政府からの運用通知まで含めれば、5000種類以上あります。まるでクモの糸のように、ルールが張り巡らされているのです。

 

契約係の事務職員は、おそらく、司法試験の100倍以上の法律、政令、規則、条例、運用通知などを理解しなくてはなりません。ルールを正しく理解し、日常業務を行わなければなりません。会計事務職員が一人前になるには、最低でも10年の実務経験が必要と言われています。

 

本サイトは、これら長い経験でしか培えない、会計実務のノウハウを集大成したものです。


仕事が学べる「電子書籍」販売中!


「困った! 仕事がわからい! 仕事が覚えられない!」

「見積書って、どうやって依頼するの?」

「予定価格の作り方が、全然わからない!」


このような「仕事の悩み」を解決するためのノウハウ集です。官公庁で働く人たち、官公庁を取引先とする営業担当者向けの実務書です。


初めて担当する仕事は、わからないことばかりです。


例えば、新人のときは、見積書を取り寄せるだけでも、大変な仕事です。何しろ、中学や高校では何も教えてくれませんでした。


上司から「見積書を取り寄せてください。」と指示されても、初めて経験することであれば、どのようにすればよいか、全くわかりません。
会計法令では「見積書が必要」と定められていても、では実際に、どのようにすれば良いのか、わからないのです。電子メールで依頼するのか、電話で依頼するのかもわかりません。依頼するときの内容や、話し方、伝え方など、具体的なことがわからないのです。


本書籍は、これらの実務上の疑問を解決するための書籍です。「実務経験者が実務担当者向け」に、わかりやすく具体的に解説しています。40年間の実務経験を集約し、実例を用いながら解説しました。実際の書類作りのノウハウを、すぐに学ぶことができます。ノウハウを学ぶことで、仕事を早く理解できるようになり、わからない仕事が少なくなります。


官公庁(役所)で働く人や、官公庁向け営業担当者に役立つ書籍です。


初めての仕事は、誰にとっても不安なものです。この不安は、経験がなく知識が不足していることが原因です。知識として「書類の作り方」を知っていれば、不安になりませんし、ミスもしません。そして、経験に基づく知識は、自分で学ぶことができます。書類作りのコツやノウハウをマスターすれば、仕事に追われることがなくなり、余裕が生まれます。その結果、毎日が楽しくなってきます。さらに同僚や上司からも信頼され、不思議なことに、友人まで増えてきます。


本書籍は、官公庁の会計実務について、いろいろな視点から解説しています。わずか数分のスキマ時間だけで、しっかりと学ぶことができます。 なお紙の書籍は、印刷経費が高くなってしまうので、販売していません。多くの方へ、安くお届けしたいので、電子書籍のみです。


「わからない!」そう思ったときが学ぶチャンスです。疑問などは、ひとつひとつ解決しましょう!迷っている時間さえ、もったいないです。さあ、すぐに始めましょう!


電子書籍のくわしい内容(目次など)については、こちらに記載してあります。本サイトの「電子書籍」



誰も教えてくれない官公庁会計実務1,250円


官公庁会計実務の基礎用語 980円


スポンサーリンク
誰も教えてくれない官公庁会計実務

コメント

タイトルとURLをコピーしました