mynsworld

スポンサーリンク
会計法令の解説

「予定価格を教えて」と尋ねられたときの対応、秘密にする理由とは

「予定価格」を秘密にする法的根拠、「予定価格を教えて」と尋ねられたときの正しい対応方法です。国の会計法令では、「予定価格を秘密扱い」にしています。例外として公表することがあります。一方、地方公共団体では事前公表するケースがあります。
2020.01.31
予定価格

「契約の種類」に応じた予定価格作成方式、わかりやすく概略を解説

「予定価格」作成方法の概略を解説します。物品購入契約や請負契約等の「契約の種類」に応じた作成方式の解説です。予定価格を作成するときは、主に「市場価格方式」と「原価計算方式」を基に作成します。カタログ製品を購入するときは市場価格方式です。
2020.01.31
随意契約

「少額随意契約」を正しく理解、「分割発注」が違法となる具体例

「少額随意契約」についての解説です。入札手続きが大変なため、すぐに契約したいときに「分割発注」が思い浮かびます。しかし、入札手続きを逃れるために、分割して「少額随意契約」を締結してはなりません。違法になります。必ずバレてしまいます。
2020.01.31
スポンサーリンク
契約手続き

3点セット「見積書、納品書、請求書」は注意が必要、正しい日付とは

官公庁の会計実務に必要な「書類の日付」についての解説です。3点セット(見積書、納品書、請求書)として書類を依頼すると、後日、トラブルになり「不適切な会計処理」として指摘されるリスクがあります。それぞれの書類を正しく理解しましょう。
2020.01.31
営業担当

「同等品での入札」で注意すべき点、書類作成方法と「例示規格品」

同等品として「入札」するときの解説です。高額な契約(特定調達、政府調達)では「同等品」の入札が可能です。書類の作成方法と注意点を解説します。入札説明書や仕様書に「例示規格品」が記載してあれば、同等品よりも審査が簡単になります。
2020.01.31
会計法令の解説

わかりやすい「随意契約」の解説、官公庁の契約方式を正しく理解する

「随意契約」についての解説です。簡単にわかりやすく説明します。競争入札の例外として「随意契約」が存在する理由、その根拠法令、契約方式を判断する手順の解説です。契約実務担当者にとっては基礎的な知識です。また営業担当者にも必須の知識です。
2020.01.31
営業担当

「営業担当者」向けの基礎知識、わかりやすい「見積書」の解説

「営業担当者」向けの「見積書」についての解説です。官公庁から見積書の提出依頼があったときの対応方法について、わかりやすく説明します。「見積書」は、大きく2つに区分されます。契約締結のための「見積書」と、予算要求用の「参考見積書」です。
2020.01.31
出張旅費

「学会参加費」と「出張旅費」で注意すべきこと、食事代の重複請求

「学会参加費」と「出張旅費」についての解説です。研究成果を発表する学会へ参加するとき、学会参加費に食事代が含まれていることがあります。特に海外で開催される学会では、昼食代や夕食代を含むことが多いです。出張旅費を請求するときの注意点です。
2020.01.31
給与謝金

「非居住者」へ講演謝金を支払うときの源泉徴収、国内源泉所得の判断

海外の研究者へ支払う講演謝金の源泉徴収ついて解説します。海外在住(非居住者)の研究者が、日本国内でなく海外で講演を実施したときは、国内源泉所得に該当せず所得税を源泉徴収する必要はありません。日本国内で講演を実施するときは源泉徴収が必要です。
2020.01.31
基礎知識

海外に滞在する日本人へ報酬を支払うときの源泉徴収、国内源泉所得

海外在住の日本人へ報酬を支払うときの「源泉徴収」の解説です。1年以上海外で生活している人に対して、業務委託として報酬を支払うときに、源泉徴収が必要なのか迷いました。税務署へ確認したところ「国内源泉所得ではない」ので源泉徴収は不要でした。
2020.01.31
出張旅費

公務員の出張で「ファーストクラス」と「マイレージ」は利用可能か

公務員が出張するときに「ファーストクラス」と「マイレージ」が利用可能か解説します。国家公務員の出張旅費は、旅費法に基づいて、利用できる航空機の搭乗クラスが定められています。法律上は、役職クラスに応じて「ファーストクラス」の利用が可能です。
2020.01.31
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました