こんなトラブルはイヤだ!どうしたらコミュニケーションとれる?

スポンサーリンク
その他
2006年 セブ島
その他

トラブルの対処方法です。組織の中で誰かのミスが大きなトラブルになってしまったときに、どのように対応すれば良いのか解説します。個人の責任を追及するとモチベーションが下がります。誰もがミスするという前提で、ミスしない環境作りの検討が重要です。

 

スポンサーリンク

仕事のトラブルは避けられない

 

公務員関係の仕事は、法令に基づく書類作りなどの事務処理です。そのため解釈を間違えたりして、ときどきトラブルになることがあります。トラブルが起きてしまったときは、犯人探しや責任を追及するのではなく、原因を追究しましょう。

 

わかっているつもりでも、いざトラブルが起きると、冷静さを失ってしまいます。

 

「誰がこんなことやったんだ?」

 

「誰の判断だ?」

 

つい個人の責任を追及するような言い方をしてしまいがちです。しかし、個人を攻撃してしまうと、人間関係が悪化し萎縮してしまいます。

 

言った言わないの責任転嫁が始まり、責任のなすりあいになり、仕事が前に進まなくなります。コミュニケーションもとれなくなり、いわゆる「暗い」会社になります。

 

スポンサーリンク

個人を責めない

 

トラブルに対処するときに大事なことです。ミスの状況や事情を聞くためにヒアリングするときは、最初に次のことを伝えます。

 

「ミスは誰でもすることなので、気にしないで欲しい。むしろミスが起きる状況を直したいので、そのときの状況をくわしく教えて欲しい。」

 

「改善するために協力して欲しい。」

 

ミスした人に対して、協力を求めるのです。気持ちの持ち方として、「ミスしてくれたお陰で、システムの欠陥がわかった」と冷静に判断する姿勢で対応するのです。

 

ヒアリングのときに言ってはいけない言葉です。

 

「誰が言った?」

 

「誰が判断した?」

 

この言葉は、犯罪が起きたときに個人の責任を追及するときに使うものです。事務処理上のミスは、横領事件でもない限り、犯罪ではありません。

 

書類の作成ミスのときに、個人を批判するだけでは改善に繋がりません。ミスした本人が一番反省しているので、さらに批判しても意味がないのです。

 

スポンサーリンク

改善策のキーワード

 

「連絡を密にする」

 

「相互で確認する」

 

今後、同じミスを防げるかどうか検討するときのキーワードです。改善策はコミュニケーションが最も重要です。事務処理を進めているときに、わからないことを、周りの人に気軽に聞ける雰囲気が重要です。

 

また、改善策は、特定の人の負担が増えないよう公平に検討すべきです。

 

スポンサーリンク

故意によるトラブル

 

ただし、悪意のあるトラブル(誰かを故意に陥れるとか、組織に損害を加える、虚偽を繰り返すなど」のときは、個人の責任を徹底的に追及します。

 

本人に十分反省させる必要があります。反省しないなら懲戒処分も仕方ありません。故意にミスすることは犯罪と同じです。「威力業務妨害」となる可能性もあります。毅然とした態度で徹底的に追及し許してはいけません。


仕事が学べる「電子書籍」販売中!


「困った! 仕事がわからい! 仕事が覚えられない!」

「見積書って、どうやって依頼するの?」

「予定価格の作り方が、全然わからない!」


このような「仕事の悩み」を解決するためのノウハウ集です。官公庁で働く人たち、官公庁を取引先とする営業担当者向けの実務書です。


初めて担当する仕事は、わからないことばかりです。


例えば、新人のときは、見積書を取り寄せるだけでも、大変な仕事です。何しろ、中学や高校では何も教えてくれませんでした。


上司から「見積書を取り寄せてください。」と指示されても、初めて経験することであれば、どのようにすればよいか、全くわかりません。
会計法令では「見積書が必要」と定められていても、では実際に、どのようにすれば良いのか、わからないのです。電子メールで依頼するのか、電話で依頼するのかもわかりません。依頼するときの内容や、話し方、伝え方など、具体的なことがわからないのです。


本書籍は、これらの実務上の疑問を解決するための書籍です。「実務経験者が実務担当者向け」に、わかりやすく具体的に解説しています。40年間の実務経験を集約し、実例を用いながら解説しました。実際の書類作りのノウハウを、すぐに学ぶことができます。ノウハウを学ぶことで、仕事を早く理解できるようになり、わからない仕事が少なくなります。


官公庁(役所)で働く人や、官公庁向け営業担当者に役立つ書籍です。


初めての仕事は、誰にとっても不安なものです。この不安は、経験がなく知識が不足していることが原因です。知識として「書類の作り方」を知っていれば、不安になりませんし、ミスもしません。そして、経験に基づく知識は、自分で学ぶことができます。書類作りのコツやノウハウをマスターすれば、仕事に追われることがなくなり、余裕が生まれます。その結果、毎日が楽しくなってきます。さらに同僚や上司からも信頼され、不思議なことに、友人まで増えてきます。


本書籍は、官公庁の会計実務について、いろいろな視点から解説しています。わずか数分のスキマ時間だけで、しっかりと学ぶことができます。 なお紙の書籍は、印刷経費が高くなってしまうので、販売していません。多くの方へ、安くお届けしたいので、電子書籍のみです。


「わからない!」そう思ったときが学ぶチャンスです。疑問などは、ひとつひとつ解決しましょう!迷っている時間さえ、もったいないです。さあ、すぐに始めましょう!


電子書籍のくわしい内容(目次など)については、こちらに記載してあります。本サイトの「電子書籍」



誰も教えてくれない官公庁会計実務1,250円


官公庁会計実務の基礎用語 980円


スポンサーリンク
誰も教えてくれない官公庁会計実務

コメント

タイトルとURLをコピーしました