なぜ隠す!なぜ言わない!「説明責任」を勘違いした都知事の辞職

スポンサーリンク
その他
2006年 セブ島
その他

「説明責任」と「公私混同」を理解するための解説です。2016年6月、東京都知事が「説明責任」を果たさず、辞職に追い込まれました。国民や都民は、「真実を話さない姿勢」を許しませんでした。国民の税金を使う人たちは、法律よりも高い倫理観が要求されます。

 

スポンサーリンク

反省しない都知事

 

2016年6月、政治資金の公私混同問題で辞職した舛添東京都知事は、最初からきちんと反省し、真実を話していれば、辞職に追い込まれませんでした。

 

高額な海外出張費についても、マスコミから問題視されたときに、すぐに謝罪し、普通の旅行代金相当額を超える旅費部分を返還すれば問題になりませんでした。家族旅行を公務として処理してしまったなら、すぐに記者会見で謝罪して返納するべきでした。多くの人が指摘する一般常識から外れた行為を、真摯に反省し、すぐに税金を返すという態度をとっていれば、辞職という声までは出なかったでしょう。

 

外部からの批判に対して、心の底から反省すれば、逆に信用されることになったでしょう。

 

スポンサーリンク

都知事の致命的な判断ミス

 

舛添都知事の失敗は、外部からの疑惑に対して、自分を正当化し、見せかけの説明や、その場しのぎの説明を繰り返し、真実を話さなかったことです。

 

都知事が真実を隠して話さなければ、都民は納得できません。信頼することもできません。そのため辞職に追い込まれたのです。

スポンサーリンク

耳を傾けることが公務員の資質

 

都民や国民の感情を理解できなかったこと、空気が読めなかったことが敗因でした。

 

そして次に、後任として、都知事に立候補した小池百合子氏が大差で勝利しました。

 

しかし、小池百合子氏は、出馬を表明したときに、関係者に事前相談していなかったとのことです。自民党の東京都連幹部も知らなかったのです。自民党は、櫻井翔くんパパへ出馬要請していたわけですから、小池百合子氏の出馬表明に、皆、唖然としました。

 

こうなると都知事は、またしても「空気が読めない人」なのかなと、つい心配になってしまいます。

スポンサーリンク

公務における説明責任とは

 

公務を行う組織のトップに立つ人は、常に周りのことに注意を払い、いろいろな意見に対して、謙虚に耳を傾けることのできる資質が必須です。

 

税金を使用しているわけですから、公務に携わる期間中は、365日24時間、公私に関係なく、疑念を抱かれたときには、国民に対して真実を話す義務を負います。

 

もし、国民に対する「説明責任」を持てないなら、資質に重大な欠陥があるので、公務に従事すべきではないのです。


仕事が学べる「電子書籍」販売中!


「困った! 仕事がわからい! 仕事が覚えられない!」

「見積書って、どうやって依頼するの?」

「予定価格の作り方が、全然わからない!」


このような「仕事の悩み」を解決するためのノウハウ集です。官公庁で働く人たち、官公庁を取引先とする営業担当者向けの実務書です。


初めて担当する仕事は、わからないことばかりです。


例えば、新人のときは、見積書を取り寄せるだけでも、大変な仕事です。何しろ、中学や高校では何も教えてくれませんでした。


上司から「見積書を取り寄せてください。」と指示されても、初めて経験することであれば、どのようにすればよいか、全くわかりません。
会計法令では「見積書が必要」と定められていても、では実際に、どのようにすれば良いのか、わからないのです。電子メールで依頼するのか、電話で依頼するのかもわかりません。依頼するときの内容や、話し方、伝え方など、具体的なことがわからないのです。


本書籍は、これらの実務上の疑問を解決するための書籍です。「実務経験者が実務担当者向け」に、わかりやすく具体的に解説しています。40年間の実務経験を集約し、実例を用いながら解説しました。実際の書類作りのノウハウを、すぐに学ぶことができます。ノウハウを学ぶことで、仕事を早く理解できるようになり、わからない仕事が少なくなります。


官公庁(役所)で働く人や、官公庁向け営業担当者に役立つ書籍です。


初めての仕事は、誰にとっても不安なものです。この不安は、経験がなく知識が不足していることが原因です。知識として「書類の作り方」を知っていれば、不安になりませんし、ミスもしません。そして、経験に基づく知識は、自分で学ぶことができます。書類作りのコツやノウハウをマスターすれば、仕事に追われることがなくなり、余裕が生まれます。その結果、毎日が楽しくなってきます。さらに同僚や上司からも信頼され、不思議なことに、友人まで増えてきます。


本書籍は、官公庁の会計実務について、いろいろな視点から解説しています。わずか数分のスキマ時間だけで、しっかりと学ぶことができます。 なお紙の書籍は、印刷経費が高くなってしまうので、販売していません。多くの方へ、安くお届けしたいので、電子書籍のみです。


「わからない!」そう思ったときが学ぶチャンスです。疑問などは、ひとつひとつ解決しましょう!迷っている時間さえ、もったいないです。さあ、すぐに始めましょう!


電子書籍のくわしい内容(目次など)については、こちらに記載してあります。本サイトの「電子書籍」



誰も教えてくれない官公庁会計実務1,250円


官公庁会計実務の基礎用語 980円


スポンサーリンク
誰も教えてくれない官公庁会計実務

コメント

タイトルとURLをコピーしました