PR
その他

忘年会を欠席する?新人公務員が知るべき影響と対策

イヤすぎる職場の忘年会 その他
イヤすぎる職場の忘年会
記事内に広告が含まれています。

皆さん、年末の忘年会シーズンが近づくと、参加すべきか、それとも欠席すべきか、悩みませんか?

 

この記事では、忘年会への参加と欠席が、新人や若い人たちの「職場での人間関係やキャリア形成」にどのような影響を及ぼすかを詳しく掘り下げます。

 

忘年会への参加に迷っている人たちにとって、この記事は忘年会の重要性を理解し、適切な決断を下すための貴重なガイドとなるでしょう。

 

今回は「官公庁の会計実務」には直接関係しませんが、組織の人間関係の基本になる内容なので解説することにしました。実際、多くの人たちから相談を受けた経験がありますので、少しでも悩みを減らせるよう書きました。

 

なお、忘年会以外の新年会や暑気払いなども同様に考えることができます。

 

スポンサーリンク

忘年会欠席が及ぼす影響:社会的な視点から

 

忘年会は、日本社会に根ざした年末の行事です。

 

特に公務員を含む新入社員や若い人たちにとって、これは重要な社会的イベントであり、多くの場合、職場の人間関係やチームの結束に影響を与える機会となります。

 

しかし、忘年会の欠席が避けられない事情が生じることもあります。ここでは、「忘年会を欠席するのは非常識?理由は必要?評価に影響がある?」というテーマで、忘年会への不参加が職場における社会的な立場に及ぼす影響を探ります。

 

忘年会欠席と社会的評価

社会人としてのキャリアをスタートする上で、忘年会への参加は、上司や同僚との良好な関係を築くための重要な機会です。

 

忘年会は単なる飲み会ではなく、職場の非公式ながらも重要なコミュニケーションの場として機能します。ここでの交流は、日常の業務では得られない人間関係の深化や、チームワークの向上に寄与することが多いです。

イヤすぎる職場の飲み会

イヤすぎる職場の飲み会

したがって、欠席することは、これらの機会を逃すことを意味し、場合によっては職場内での評価や信頼関係の構築に影響を及ぼす可能性があります。

 

欠席の適切な理由

忘年会の欠席を選択する場合、その理由は非常に重要です。

 

一般的に、健康上の問題や家族の緊急事情(事故にあった、入院した、家族のご不幸等)など、やむを得ない事情は、ほとんどの上司や同僚に受け入れられます。(例えば、親が危篤状態なのに無理して参加して、暗い不安な表情でいたら、周りも楽しめなくなってしまいます。)

 

しかし、理由が明確でない場合や、単に「参加したくない」という理由では、職場内での印象に悪影響を及ぼすことがあります。したがって、欠席する場合は、事前に適切な理由を準備し、可能な限り早めに上司に伝えることが重要です。

 

コミュニケーションの重要性

忘年会の欠席が避けられない場合、そのことをいかに伝えるかが重要です。

 

上司や同僚に対して、敬意を持って、そして誠実に事情を伝えることが重要です。(正直に話すことです。こういうときの嘘は一瞬でバレます。)これにより、不参加によるネガティブな印象を最小限に抑えることができます。また、不参加であっても、忘年会の話題に関心を示すことや、後日参加者に感想を尋ねるなど、関心を持っていることを示すことも大切です。

 

忘年会への不参加は、時として避けられない事情から生じることもありますが、その決断が周囲にどのような印象を与えるかを考慮することが重要です。特に新人公務員や若い人たちの場合、これらの社会的なイベントは、職場での立場を築く上で重要な役割を果たすことがあります。

 

忘年会への参加は、単に楽しむためだけではなく、職場での人間関係やキャリア形成に影響することを理解し、その上で適切な対応を取ることが求められます。

 

スポンサーリンク

忘年会参加のメリット:職場での人間関係構築

 

忘年会は、職場の一年を締めくくる重要なイベントです。

 

特に若い人たちにとっては、この行事が職場での人間関係構築において大きな役割を果たします。ここでは、忘年会参加のメリットと、それが、その後のキャリアにどのように影響を与えるかを探ります。

 

人間関係の深化

忘年会への参加は、職場での人間関係を深める絶好の機会です。通常の業務では見せない同僚や上司の一面を垣間見ることができ、より個人的なレベルでの絆を築くことが可能になります。コミュニケーションの壁を低くし、職場での相互理解と信頼の構築に貢献します。

イヤすぎる職場の飲み会

イヤすぎる職場の飲み会

特に公務員の世界では、書類決裁ひとつとっても、多数の人たちと関わります。忘年会へ出席してお酒を酌み交わせば、一瞬で仲良くなれます。相手の表情だけで理解できるので、詳しい説明を聞かなくても「相手を信頼して仕事を任せてくれる」のです。気心知れた仲間が増えれば、比例して仕事が早くなります。

 

コミュニケーションスキルの向上

忘年会は、コミュニケーションスキルを磨く絶好の場です。多様な背景を持つ人々との交流を通じて、異なる視点を理解し、効果的なコミュニケーション方法を学ぶことができます。また、自己表現の機会も増え、自信を持って意見を述べる能力を養うことができます。

 

チームワークの促進

忘年会は、チームワークを促進する場としても重要です。同僚との親密さを増すことで、日常業務における協力関係がスムーズになります。チームの一体感が高まることで、業務へのモチベーションや職場の満足度が向上し、生産性の向上にも繋がります。

 

キャリア構築におけるメリット

忘年会への参加は、キャリア構築の観点からも重要です。上司や他部署のメンバーとの接点を持つことで、将来的なキャリアアップの機会やメンターシップを見つけることが可能です。また、自分の存在を知ってもらい、業務外での能力や人間性をアピールする場となり得ます。

 

忘年会などの飲み会の場で、人事異動が判断されることは多いです。人事権を持つ管理職(課長以上)が参加しているので、飲み会での会話や態度が評価に結びつきます。

 

ストレス軽減と楽しむ心

忘年会は、一年間の労をねぎらい、ストレスを軽減する機会としても重要です。楽しい時間を過ごすことで、仕事のプレッシャーや日常の緊張感から解放され、リフレッシュすることができます。このようにして、仕事への新鮮な気持ちで取り組むことが可能になります。

 

若い人たちにとって、忘年会への参加は単なる社交イベントではなく、職場での成功に向けて重要なステップです。人間関係の構築、コミュニケーションスキルの向上、チームワークの促進、キャリア構築の機会、そして楽しむことでのストレス軽減など、多くのメリットがあります。

 

忘年会は、若い人たちの貴重な機会となり、職場でのポジティブな経験を積む上で重要な役割を果たします。

 

スポンサーリンク

忘年会欠席のメリットとデメリット:天秤にかけて

 

忘年会の参加と欠席は、特に若い人たちにとっては重要な決断です。

 

それぞれにはメリットとデメリットが存在し、慎重に考慮する必要があります。

 

ここでは、「忘年会に欠席することで失うもの、メリットとデメリットを天秤に!」という視点で、忘年会への欠席がもたらすプラス面とマイナス面を探ります。

 

忘年会欠席のメリット

1. 個人的な時間の確保: 忘年会への参加は、無駄な時間とエネルギーを要することが多いです。欠席を選択することで、個人的な時間を確保し、自己啓発や家族との時間など、他の価値ある活動に時間を割くことができます。ただ欠席とした場合、同僚や上司からは「わがままな奴」と思われることを覚悟しなければなりません。

 

2. ストレスと圧力の回避: 特に飲酒を強要される慣例がある場合、忘年会はストレスの源になります。欠席によって、不快な状況や無理な飲酒から逃れることができます。

 

3. 健康への配慮: 忘年会の飲酒や遅い時間までの活動は、体調や生活リズムに影響を及ぼすことがあります。欠席することで、健康や睡眠を優先する選択が可能になります。忘年会では、相手に合わせて飲む場面が多いので、翌日、二日酔いになることが多いです。

イヤすぎる職場の飲み会

イヤすぎる職場の飲み会

 

忘年会欠席のデメリット

1. 職場の人間関係への影響: 忘年会は、職場の同僚や上司と親しくなる機会です。欠席することで、これらの関係構築の機会を逃すことになり、職場での孤立感を感じる原因になることがあります。特に忘年会の翌日は、楽しかった忘年会での会話や出来事で職場が盛り上がります。忘年会へ参加していないと会話に入ることができず、疎外感を感じるようになります。

 

2. 情報共有の機会の喪失: 忘年会では、職場の公式な場では共有されない情報やゴシップが飛び交うことがあります。これらの情報から遠ざかることで、職場の動向についての理解が遅れる可能性があります。いわゆる、職場内で「話があわない」ケースが増えてしまいます。仕事場では聞けない上司のプライベートな情報(犬好きだとか、猫を飼っているとか、高いところが苦手などの面白い情報)を知ることができないので、仕事中も会話が弾みません。

 

3. キャリア構築への悪影響: 上司や同僚とのネットワーキングの機会を逃すことで、将来的なキャリアアップの機会に影響が出ます。また、社内の動向や機会について知る機会が減ることもあります。

 

特に公務員の世界は、客観的な昇進試験のある職場は少ないです。学力試験のような数値による採点基準のない組織では、人間性の評価で昇進を判断します。簡単にいえば、上司に気に入られた人が昇進します。上司から見れば、協調性があり、好感の持てる若い人を推薦するのが普通です。

 

どれほど能力が高く、仕事ができるとしても、協調性がなく、上司から好かれなければ出世はできません。(これは公務員だけでなく、民間企業も同じです。)

 

忘年会などのアルコールが入る場面は、人間の本性が見えます。会話での言葉使い、お酌するときの姿勢、周囲への気配りなど、人間性が一番現れます。人事評価に直接影響を与えます。

 

バランスの取り方

忘年会への出席と欠席のどちらを選ぶにしても、その決断にはメリットとデメリットが伴います。

 

重要なのは、自分の健康、キャリアの目標、そして職場での人間関係をどのようにバランスさせたいかを考慮することです。

 

不参加を選ぶ場合でも、職場での人間関係を維持するための他の方法を探すことが重要です。例えば、別の社交的な活動に参加する、仕事のパフォーマンスで印象を残す、積極的にチームのプロジェクトに関与するなど、忘年会以外での貢献を考慮に入れることができます。(ただ、忘年会へ参加している人には勝てませんが・・)

 

スポンサーリンク

忘年会への参加:心理的側面の考察

 

忘年会への参加は、若い人たちにとって複雑な心理的側面を持つことがあります。社交イベントとしての楽しみがある一方で、「仕方なく参加する」と感じる場合も少なくありません。実際にも若い人たちの半分が「仕方なく参加する」と回答している調査結果もあります。

 

忘年会への参加ギャップ

多くの人たちは、忘年会への参加を通じて同僚や上司との関係を築き、職場での自分の立場を強化したいと考えます。しかし、これらのイベントに対する期待と実際の経験との間にはしばしばギャップが生じます。このギャップは、期待される楽しさや利益と、実際に感じるストレスや不安との間の矛盾によって生じるものです。

 

心理的プレッシャー

若い人たちの中には、忘年会への参加を義務感から行っていると感じることがあります。この「仕方なく参加する」という感覚は、職場での期待に応えたいという圧力、特に上司や先輩に良い印象を与えたいという願望から生じています。しかし、このようなプレッシャーは、イベントへの楽しみを損ない、緊張やストレスを引き起こす原因となっています。

イヤすぎる職場の飲み会

イヤすぎる職場の飲み会

忘年会と個人的価値観

また、忘年会への参加は、個人の価値観や嗜好とも関連します。アルコールを好まない、大勢での集まりが苦手、プライベートな時間を大切にしたいというような個人的な理由から、忘年会への参加に消極的になることがあります。このような場合、参加すること自体がストレスの原因になるでしょう。

 

心理的バランスの取り方

忘年会への参加においては、職場での期待と個人的な感情のバランスを取ることが重要です。

 

自分自身の価値観や感情を尊重しつつ、職場での人間関係やキャリアに与える影響を考慮する必要があります。

 

また、忘年会に参加することで感じるストレスや圧力を軽減するために、自分にとって快適な参加の仕方を模索することが大切です。例えば、あらかじめ時間を決めておく、飲酒の量を控える、小グループでの交流を重視するなどの方法が考えられます。

 

忘年会への参加は、若い人たちにとって多くのメリットをもたらしますが、それに伴う心理的な側面も理解し、適切に対処することが重要です。個人の感情や価値観を尊重しつつ、職場での人間関係やキャリアに与える影響を考慮することで、忘年会をより良い経験に変えることができます。

 

スポンサーリンク

忘年会欠席の実際の理由と方法:適切な対応策

 

忘年会の欠席を決めた際、その理由と伝え方は非常に重要です。

 

特に新人公務員の場合、職場の人間関係や今後のキャリアに影響を与える可能性があるため、慎重な対応が求められます。

 

欠席する適切な理由

忘年会を欠席する際には、誠実で理解しやすい理由を用意することが重要です。一般的に受け入れられる理由には以下のものがあります。

 

1. 体調不良: 健康上の問題は、欠席の正当な理由として広く認識されています。退院後など、特に体調がすぐれない場合は、早めに上司に知らせることが大切です。ただ、最初の乾杯だけでも出席したり、あるいは会費は全額払うなどの幹事さんへの気配りは必要です。

 

2. 家庭の事情: 家族の緊急事態(事故や、ご不幸など)も、欠席する合理的な理由となります。この場合も、可能な限り早く情報を共有することが重要です。

 

3. 既に予定がある: 他の不可避の予定がある場合、これを欠席の理由として伝えることができます。ただし、この理由を使う際は、事前にその予定があることを周囲の人たちが知っていなければなりません。忘年会が決まった後に、「実は予定がある」と言っても、単に欠席の言い訳と聞こえてしまうでしょう。親友の結婚式など、重要な予定のあるときは、常に周りの人たちへ話しておくことです。

 

理由の伝え方

欠席の理由を伝える際は、以下の点に注意してください。

 

1. 早めの通知: 忘年会の準備に関わる人々に迷惑をかけないよう、できるだけ早めに欠席を伝えることが望ましいです。

 

2. 直接的なコミュニケーション: 直接上司に話すことをお勧めします。メールやメッセージは失礼です。口頭で直接伝える方が誠実さが伝わりやすいです。

 

3. 敬意を持って: 理由を伝える際は、(重要な忘年会という認識を持ち)敬意を表し、職場のイベントを大切にしている姿勢を示しましょう。

 

忘年会欠席後のフォローアップ

欠席した後も、以下のアクションを取ることで、職場の人間関係を維持するのに役立ちます。

 

1. イベント後の関心を示す: 忘年会後には、どのようなだったかを尋ね、関心を示すことが大切です。「参加できなくて悔しい」という姿勢です。

 

2. 代替の社交イベントの提案: 忘年会に参加できなかった場合、他の社交的な機会を提案することで、チームとの関係を保つことができます。

 

忘年会の欠席は、適切に対処すれば、職場の人間関係やキャリアへの影響を少なくすることができます。大切なのは、理由の伝え方と、その後の職場での対応です。

 

スポンサーリンク

忘年会復活で憂鬱になる人たちの心理

 

忘年会が復活する中、若い人たちの中には、このイベントに対して憂鬱な気持ちを抱く人もいます。特に、「先輩の話を聞いてうなずいてろ!自分の話はするな!」という圧力を感じる場合があります。ここでは、忘年会復活によって憂鬱になる人たちの心理と、その背景にある経験について探ります。

 

忘年会における圧力とストレス

忘年会は、若い人たちにとって、上司や先輩との関係を築く重要な機会ですが、同時に多くの圧力やストレスを伴います。特に、上司や先輩の話を聞くことが期待され、自分の意見や感想を表現する機会が少ない場合、これが大きなストレスになります。また、自分の振る舞いや言動が常に監視されていると感じることも、不安や圧迫感を生み出します。実際、ほとんどの上司は、若い人たちの人間性を見ています。

イヤすぎる職場の飲み会

イヤすぎる職場の飲み会

 

憂鬱な気持ちの背景

 

忘年会に対する憂鬱な気持ちは、以下のような背景から生じています。

 

1. 緊張感とプレッシャー: 新人や若い人たちは、職場の先輩や上司に対して良い印象を与えたいというプレッシャーを感じています。忘年会での振る舞いが、職場での立場に影響を与えると思い、緊張感が高まるのです。

 

2. コミュニケーションの難しさ: 自分の意見を表現する機会が限られていると、自己表現の場を失っていると感じることがあります。自分が職場でのコミュニティに完全には受け入れられていないという感覚を持ってしまうのです。

 

3. 慣習的な違和感: 特に飲酒を重視する慣習や、上下関係が厳格な職場の環境は、若い人たちにとって適応が難しい場合があります。このような環境に馴染めない場合、孤立感や不安を感じます。

 

心理的対処法

忘年会におけるこのような圧力やストレスに対処するためには、以下の方法が有効です。

 

1. 自己表現の機会を見つける: 忘年会では、適切なタイミングで自分の意見や感想を表現するよう努力しましょう。また、小さなグループでの会話や、個別のコミュニケーションを通じて、自己表現の機会を見つけることも有効です。

 

2. ストレス管理: 忘年会前にリラックスする時間を確保する、深呼吸や瞑想などのリラクゼーション技法を利用するなど、ストレスを管理する方法を見つけることが大切です。

 

3. 職場の慣習に対する適応: 職場の慣習や環境に適応するためには、先輩や同僚との関係を築くための努力が必要です。また、自分に合わない環境であれば、その状況を変えるために上司や人事部とのコミュニケーションを試みることも一つの方法です。

 

スポンサーリンク

まとめ:忘年会への参加と欠席の総括

 

忘年会は、新人や若い公務員にとって、ただの年末のイベントではなく、職場の人間関係やキャリア形成において重要な役割を果たします。

 

この記事を通じて、忘年会への参加と欠席のそれぞれに関連する多面的な側面を探りました。最終的に、忘年会への参加は、個々の状況や価値観、目標に基づいた個人的な決断となります。ただ、可能な限り参加しましょう。参加のメリットの方が遥かに大きいです。

 

忘年会への参加の重要性

忘年会への参加は、職場での人間関係を深め、チームの一体感を強化し、コミュニケーションスキルを向上させる絶好の機会です。

上司や先輩との関係構築、ネットワーキングの機会、職場での情報共有など、忘年会はキャリア形成の観点からも多くのメリットを提供します。

 

忘年会欠席の決断

忘年会を欠席する決断は、個人的な事情や価値観に基づいて行うべきです。健康、家族の事情、既存の予定など、正当な理由であれば、職場の人間関係への影響を少なくすることができます。

欠席を選んだ場合でも、職場での人間関係を維持するための努力は重要です。欠席の理由を適切に伝え、イベント後には関心を示すことで、チームとの絆を保つように心がけましょう。

 

忘年会への心理的アプローチ

忘年会への参加に伴う心理的なプレッシャーやストレスを理解し、それに対処する方法を見つけることが重要です。

 

自分自身の感情や価値観を尊重しつつ、職場での人間関係やキャリアに与える影響を考慮するバランス感覚が求められます。

 

最後に、私が41年間、公的組織で働いた経験からすると、忘年会は参加した方が良いです。身内にご不幸でもない限り、参加しましょう。共働きであれば、子供を誰かに預けても参加しましょう。それほど職場の忘年会は重要です。忘年会を欠席してしまうと、不思議なことに、あらゆることがマイナスに動くようになります。職場でも、家庭でも、あらゆることが上手くいかなくなってしまいます。忘年会を欠席すると、見えないマイナスの力が働くのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました