「コンプライアンス」の意味を正しく理解する、書類を整える意味

スポンサーリンク
ハワイの夕陽 2002年その他
ハワイの夕陽 2002年

コンプライアンス(法令遵守)についての解説です。コンプライアンスのために「見せかけの書類」を作成することは、「本末転倒」です。上司からの命令に対しても正しい判断が必要です。間違った命令であれば、その内容を再度、確認しましょう。

スポンサーリンク

「コンプライアンス」を理解できない社員

 

2016年4月、大手自動車メーカーによる燃費計測データの不正が、テレビで報道されました。25年以上前から不正が行われていたとのことです。この自動車メーカーは、2000年7月にもリコール隠しで問題になりました。その当時の教訓が活かされなかったわけです。

 

こうなると、会社の社風として、典型的な利益至上主義による「隠蔽体質」が蔓延していると思ってしまいます。正しい決断や、善悪を判断できる社員が、ほとんど存在しない会社と疑われてしまいます。コンプライアンスは、嘘をつく人が多く存在する組織では成り立ちません。

 

法令や社内ルールに合致するよう、事実と異なる書類を平然と作ります。書類上だけ正当に見せかける虚偽の行為を、後ろめたさを感じずに行います。このような人たちには、本当の「コンプライアンス」を理解できません。事実と異なるウソの行為に対して、何も違和感を感じない人たちには、そもそもが「コンプライアンス」は無理です。

 

子供の頃に、「ウソをついてはいけない」と教えられますが、ウソを言わないことは、人としての最低限のマナーです。コンプライアンス以前の、「人」としての問題です。(ただし、ウソをつかないと相手を深く傷つけるなどの、相手を守るためのウソは別です。)

 

スポンサーリンク

コンプライアンスとは

 

コンプライアンスは、「法令遵守」です。「善悪の判断」が正しくできることが大前提です。

 

今回の自動車メーカーの不正問題以外にも、財務データの虚偽記載や損失隠しなど、大手企業による不正が社会問題になっています。どのケースにも共通している残念な考え方があります。

 

自社(自分)の利益を最優先する。

 

そのために、手段を選ばずにウソをつくのです。

 

そして、不正を隠そうとするときの、残念な「見せかけ」の考え方は次のとおりです。

 

事実と異なっていても、(虚偽の)書類さえ整えておけば良い、書類上で矛盾点さえなければ問題ない。書類上は法令に違反してない。

 

これらのコンプライアンス違反は、ほとんどの場合、会社の上層部からの命令(あるいは暗黙の指示)で行われます。ライバル会社に負けないように、自社が有利となるデータを求められます。上層部からの無理難題に社員が従うという慣行や社風から、悲劇のコンプライアンス違反が生まれます。

 

起業したばかりの顧客が少ない会社なら、競争の中で生き抜くために、多少の誇大広告的なこともやむを得ません。しかし、数万人もの顧客がいる大企業は、もはや公的組織と同じです。社員一人一人が、毅然とした公正な判断を持つ必要があります。

 

特に、大企業の上層部は、「事実と異なる虚偽は許さない、社会的に許されない」毅然とした姿勢が必要です。

 

いろいろな不正事件の根底にある考え方は、「書類上で違反がないよう整えれば、ごまかせる、見せかけの書類が矛盾してなければ問題ない」という、残念な考え方です。コンプライアンス、法令遵守の意味を、根本的に間違って理解してます。見せかけのコンプライアンスのために、書類を偽造してはいけないのです。コンプライアンスのために「虚偽の書類を作る」のは、「言語道断」です。

 

ルールに違反してないか、事実を正確に捉え、誰もが毅然と公正に判断し、悪いところを直すのが、本当のコンプライアンスです。

 

また、近年(2019年)では、コンプライアンスの意味の中に、「法令順守」だけでなく「倫理観」や「道徳観」まで含まれるようになっています。多くの人が「それはまずいだろ」と感じることも批判されてしまいます。

コメント