画期的な事業仕分けと残念な仕分け人の2位発言、研究と教育の重要性

竜王マウンテンパーク SORA terrace その他
竜王マウンテンパーク SORA terrace

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

民主党政権による画期的な事業仕分けでは「研究」に関する理解が十分でない議論がありました。日本の未来を左右する「研究」についての正しい理解のための解説です。

画期的な事業仕分けという仕組み

 

自民党から民主党への政権交代によって、政府の予算編成を国民の目から監視する事業仕分けが2009年から開始されました。

 

従来、予算編成は財務省と各省庁の間で必要性などを議論してきましたが、その具体的内容は国民にわからない状況でした。国が実施する事業について、予算編成の段階から国民に公開し、必要性について議論する今回の事業仕分けは画期的な取り組みでした。民主党にしかできなかったことです。

 

国の事業に対して国民の目を向ける仕組みを作ったことは、この部分だけ見ても、政権交代により民主党政権が誕生した意義がありました。

 

しかし、少し残念な部分もありました。

 

それは「教育と研究」に関係する事業仕分けの議論です。

 

特に研究開発に関する事業仕分け、例えば、2009(平成21)年11月に行われたスーパーコンピューターの開発計画「次世代スパコン事業」の事業仕分けです。

 

事業仕分けを行う「仕分け人」が、「研究」の意義や必要性について深く理解しているとは言えない状況でした。

 

「なぜ、世界で1位でなければならないのでしょうか」

 

「2位ではだめなんでしょうか」

 

「仕分け人」の国会議員は、このように発言しました。

 

これは「研究」の意味を理解していないと捉えられても仕方がありません。

 

確かに、多くの国民が理解している「研究」は、有名な研究者の仕事で実際に何をしているかわからない世界です。そこで、多くの人に理解してもらうため、なるべく簡単な言葉で「研究」を説明します。

 

研究とは

 

大学や研究所で実施している「研究」は真理を探究することです。簡単に言えば、「誰も見つけられない事を見つけること」です。世の中で解決されていない課題を解明することです。

 

例えば、がんの治療法など難病の克服、宇宙の起源の探求、地球温暖化の原因や対策、生命現象の解明など無数に存在します。人間の行動や心の問題まで全てが研究の対象です。研究により実際に解決される課題よりも、解決されてない課題や新たな課題が毎日激増しています。

 

誰も解決できていないことを見つけるということは、世界で1位になること(最初に解明すること)と同じです。それが「研究」なのです。スーパーコンピューターなら世界一のスピードを競う技術の開発です。

 

日本人だけでなく外国人も含めて、他の人が既に発見・解決したことを真似しても、それは「研究」ではないのです。

 

言い方を換えれば、「研究」は「発明」と似ています。(厳密には微妙にずれがあります。研究成果の一部が発明です。これは発明について法律の要件があるので。)

 

民間企業、特に大企業では、製品を研究開発する過程で必ず発明が生まれます。発明を特許化して権利を保護し、市場を独占して利益を得ることができます。自動車などは数百にも及ぶ発明から構成されています。

 

国立大学などの公的組織でも研究成果が発明となることがあります。その場合は特許化して大学が権利を持ち、商品化を希望する民間企業に対して権利を有償で利用してもらいます。

 

研究過程で発明が生まれ、特許を取得できれば商品化によって20年間利益を得ることが可能です。

 

しかし国立大学の多くの研究者は、研究成果を特許化するよりも、早くに論文として公開し一般社会に役立つ道を選びます。

 

繰り返しになりますが、研究は発明と同じで、そもそも世界1位を目指すのが目的です。2位以下では全く意味がないのです。

 

さらに付け加えるなら、例えば世界1位になることを諦めて、誰かの真似をするような研究に対して、国民の貴重な税金を使用する価値があるとも思えません。研究成果の価値は、誰も見つけられないことを成し遂げた成果にあるのです。ノーベル賞がまさしくそうです。

 

仕分け人の国会議員が発言した、「2位ではだめなんでしょうか」という質問があったとき研究者たちは唖然としたはずです。

 

「研究」を全く理解できない人に対して、どのように説明したら良いかわからず十分な説明ができませんでした。文部科学省や研究組織で働く人たちにとっては、「研究」の意味や意義は常識かも知れませんが、一般の人たちには「研究」について理解されていないのです。

 

研究と教育の関係

 

次に大切な点は、「研究」は「教育」と深く関連していることです。研究と教育は相互に補完しあっています。

 

大学の学生を教えるには深い知識が必要ですが、そのためには「研究」が必須なのです。研究の過程や成果を学生に教え、また授業の中での学生からの素朴な疑問から研究テーマのヒントを得ることもあります。教員と学生とが相互に情報交換しつつ教育のレベルが高まっていくのです。

 

「研究」が「教育」の質を高め、「教育」が「研究」の質を高めるのです。

 

例えば、患者をあまり診ない医師がいるとしましょう。十分な治療が期待できるでしょうか。ふだん患者を診ていない医師には診てもらいたくないです。

 

研究現場で理論を実践し、その実践でさらに理論を構築し、教育研究レベルを高めていく、これが高等教育には必須の仕組みなのです。

 

国立大学や公的な研究所の研究者は、その多くが学生の教育も担当しています。大学院生なら研究者と一緒に実験や研究を行います。

 

古い話になりますが、戦後の経済復興の原動力になったのは、日本が教育を重視していたからです。現在、発展途上国に比して豊かな生活を享受できるのは、教育と研究の成果です。

 

このように重要な「研究」の意味と実態を十分に理解することが、日本社会の未来の発展に繋がるのです。

コメント