せっかく公務員になったのに!「転職」を考えるなら「資格取得」を

スポンサーリンク
その他
富士山
その他

転職について考えたことはありませんか?

 

公務員の日常業務は、書類手続きがメインです。毎日、書類作成を行っています。最初のうちは感じないのですが、長く勤務していると「このままで良いのだろうか」などと思い悩みます。

 

民間会社から公務員へ転職する人は多いです。私の周りにも多数います。公務員へ転職した理由を聞くと、ほとんどが「毎日のノルマがきつくて限界だった」という人が多かったです。

 

30代や40代の現役公務員が「転職をしたい」と考える理由は、その逆が多いです。単調な仕事で自分が成長できない、仕事に対してモチベーションが上がらない、という理由です。

 

たしかに、上司から命令されたとおりに、毎日、書類作成ばかりしていると飽きてしまうでしょう。もっと、自分で勉強しながら日常業務を行った方が良いはずです。自分の能力を磨き、公務員の仕事に役立つ「資格の勉強」がおすすめです。

 

スポンサーリンク

公務員の仕事とは

 

公務員の仕事は、単調な仕事が多いです。書類手続きが主な内容です。これは民間会社のように利益追求型の組織でないことが原因です。

 

民間会社は、自社の利益を最大限にしようと、売り上げを伸ばすことを目的にします。効率的で効果の高い営業を目指します。そして売り上げが伸びれば、利益を拡大できます。社員数を増やし規模を拡大できます。給与もアップして、自分の役職も上がるでしょう。

 

つまり、民間会社であれば、自分が努力したことが成果として現れ、自分の利益になるのです。努力が報酬に結びつきます。「やりがい」になるのです。

 

ところが、公務員は、利益を追求しません。組織の利益が金銭ではありません。ほとんどの官公庁は、国民からの税金を運営財源としています。そして運営財源である予算は、毎年、ほぼ一定です。少ない予算で運営しているのが現状です。運営予算は、事前に国会や地方議会で承認されていなければなりません。つまり、自由に利益を追求して、組織の予算を拡大させるという仕組み自体が存在しません。官公庁の本務は、「国民へのサービス」(奉仕者)です。

 

そのため、公務員の仕事は、「自分が努力すれば、自分の報酬になる」というモチベーションにならないのです。

 

スポンサーリンク

公務員の実務に役立つ「資格」

 

実際に40年近く公務員として働いた経験からすると、自分の能力を高めることができ、仕事にも役立つ「資格」の勉強がおすすめです。

 

知識は財産になります。生きていく中での武器になります。

 

日常業務に関係ない勉強を否定するわけではありません。しかし日常業務に役立つ資格の勉強を行うことで、すぐに自分の能力が上がった(知識が増えた)ことを実感できます。これは「やりがい」になります。

 

書類を作成しているときに、今までは何も感じていなかった場面で、「昨夜、読んだテキストの内容と同じ」場面に出くわすのです。しかも、それまでは良く理解できないで作成していた書類が、「じわり」とわかってくるのです。

 

まさに「腑に落ちた」感覚になり、すっきりします。

 

すぐに始めましょう。毎日を「楽しい仕事」へ変えましょう。

 

スポンサーリンク

「税理士」試験の勉強

 

「税理士」の勉強は、官公庁の会計実務に役立ちます。税理士資格は、最終的に5科目に合格すれば資格が取得できます。転職や定年後には有利になります。独立開業できる国家資格です。

 

科目は、必須科目(簿記論及び財務諸表論)2科目、選択科目(所得税法、法人税法、相続税法、消費税法又は酒税法、国税徴収法、住民税又は事業税、固定資産税)3科目です。

 

難易度は高いです。しかし、勉強したことが会計実務に役立ちます。

 



 

 

スポンサーリンク

「社会保険労務士」試験の勉強

 

社会保険労務士資格は、公務員の仕事の中でも、幅広い分野で役立ちます。特に、人事関係、給与関係、労務関係に役立ちます。難易度は高いです。

 

科目は、労働基準法及び労働安全衛生法、雇用保険法、健康保険法、厚生年金保険法、国民年金法です。70問出題されます。

 





 

スポンサーリンク

実務に役立つ「資格」を勉強するメリット

 

会計実務や人事・給与実務を担当しているときに、「税理士」や「社会保険労務士」の勉強を始めると、すぐに仕事に役立つことが実感できます。今までは単純に作成していた書類が、深く理解できるようになります。なぜ、この書類を作成する必要があったのか、法的な根拠が何なのか、理論的にわかるようになります。実務と理論が結びついてきます。

 

実務を行いながら資格の勉強をすると、理解も早まります。そして仕事も効率的になります。

 

私は、20代の若い頃に、「税理士」試験と「社会保険労務士」試験を受験してました。しかし「ビールの誘惑」に負けてしまい、結果的に資格は取得できませんでした。しかし、毎日の実務に役立ち、書類の目的や作成方法を周りの人に教えることもでき、仲間も増えました。自分自身の知識を蓄えて、仲間も増えて、大きな財産になったと感じています。知識は強力な武器になります。

 

「税理士」と「社会保険労務士」の知識は、日常生活でも役立ちます。老後の年金もくわしくなります。


仕事が学べる「電子書籍」販売中!


「困った! 仕事がわからい! 仕事が覚えられない!」

「見積書って、どうやって依頼するの?」

「予定価格の作り方が、全然わからない!」


このような「仕事の悩み」を解決するためのノウハウ集です。官公庁で働く人たち、官公庁を取引先とする営業担当者向けの実務書です。


初めて担当する仕事は、わからないことばかりです。


例えば、新人のときは、見積書を取り寄せるだけでも、大変な仕事です。何しろ、中学や高校では何も教えてくれませんでした。


上司から「見積書を取り寄せてください。」と指示されても、初めて経験することであれば、どのようにすればよいか、全くわかりません。
会計法令では「見積書が必要」と定められていても、では実際に、どのようにすれば良いのか、わからないのです。電子メールで依頼するのか、電話で依頼するのかもわかりません。依頼するときの内容や、話し方、伝え方など、具体的なことがわからないのです。


本書籍は、これらの実務上の疑問を解決するための書籍です。「実務経験者が実務担当者向け」に、わかりやすく具体的に解説しています。40年間の実務経験を集約し、実例を用いながら解説しました。実際の書類作りのノウハウを、すぐに学ぶことができます。ノウハウを学ぶことで、仕事を早く理解できるようになり、わからない仕事が少なくなります。


官公庁(役所)で働く人や、官公庁向け営業担当者に役立つ書籍です。


初めての仕事は、誰にとっても不安なものです。この不安は、経験がなく知識が不足していることが原因です。知識として「書類の作り方」を知っていれば、不安になりませんし、ミスもしません。そして、経験に基づく知識は、自分で学ぶことができます。書類作りのコツやノウハウをマスターすれば、仕事に追われることがなくなり、余裕が生まれます。その結果、毎日が楽しくなってきます。さらに同僚や上司からも信頼され、不思議なことに、友人まで増えてきます。


本書籍は、官公庁の会計実務について、いろいろな視点から解説しています。わずか数分のスキマ時間だけで、しっかりと学ぶことができます。 なお紙の書籍は、印刷経費が高くなってしまうので、販売していません。多くの方へ、安くお届けしたいので、電子書籍のみです。


「わからない!」そう思ったときが学ぶチャンスです。疑問などは、ひとつひとつ解決しましょう!迷っている時間さえ、もったいないです。さあ、すぐに始めましょう!


電子書籍のくわしい内容(目次など)については、こちらに記載してあります。本サイトの「電子書籍」



誰も教えてくれない官公庁会計実務1,250円


官公庁会計実務の基礎用語 980円


スポンサーリンク
誰も教えてくれない官公庁会計実務

コメント

タイトルとURLをコピーしました