請求書

スポンサーリンク
会計法令の解説

「請求書」を官公庁が受理するときの知識、「遅延防止法」の解説

「請求書」を受理するときに理解しておきたい「遅延防止法」の解説です。国だけでなく、都道府県や市区町村(役所)すべてが適用対象です。契約代金を支払うときの根拠法令です。支払いが遅れると、かなり痛い状況になります。
2021.03.01
契約手続き

これが恥ずかしい「3点セット」!「見積書、納品書、請求書」の日付

官公庁の会計実務に必要な「書類の日付」についての解説です。3点セット(見積書、納品書、請求書)として書類を依頼すると、後日トラブルになり「不適切な会計処理」を疑われてしまうリスクがあります。それぞれの書類の意味を正しく理解しましょう。
2021.02.08
基礎知識

うわっ!金額を間違えた!「請求書」は訂正印で問題ないの?

請求書の「金額訂正」についての解説です。単純な計算ミスや記載ミスを見つけたとき、「金額訂正」は認められるのか、会計実務担当者の訂正印で処理できるのか、わかりやすく解説します。訂正が認められない理由と根拠法令も理解しておきましょう。
2021.02.05
会計法令の解説

「適法な請求書」とは? チェックポイントをわかりやすく解説

「適法な請求書」についての解説です。官公庁は、契約代金を支払うときに「請求書」に基づいて支払処理を行います。そして請求書の条件として「適法」であることが求められています。遅延防止法に定める「適法な請求書」の解説です。
2021.01.16
基礎知識

神様が見ている!「書類の日付」はごまかせない、税務調査でバレます

会計手続きに必要な「書類の日付」についての解説です。年度末などに、予算の残額を消化しようと書類の日付を操作すると、外部から指摘を受けます。特に税務署による調査では、民間会社の売上台帳と、官公庁側の購入書類のチェックが行われます。
2021.01.15
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました