検収

スポンサーリンク
会計法令の解説

やり方がわからない?「検収」(給付の完了確認の検査)の方法

「検収」についての解説です。官公庁が締結する契約では、代金を支払う前に「給付の完了」を確認する「検査」が必要です。検査を義務付けている理由、根拠法令の解説、実際に検査を行うための具体的な方法を説明します。契約実務担当者に必須の知識です。
2020.05.06
会計法令の解説

えっ!なんで作るの?「検査調書」の省略、検収サインの方法

「検査調書」について、わかりやすく解説します。200万円以下の契約であれば、「検査調書」の作成を省略できます。しかし「検査」そのものは省略できません。つまり「検査調書」と「検査」は違います。「検収サイン」の実例を解説します。
2020.05.06
会計法令の解説

わかりやすい「検査調書」と「検収」の違い、省略できる根拠法令

納品確認等のときに作成する「検査調書」についての解説です。官公庁が締結した契約代金を支払うときは、原則として「検査調書」が必要です。給付の完了を確認するための「検収」(検査収納)です。一定金額以下の契約は「検査調書」を省略できます。
2020.04.19
会計法令の解説

トラブルは避けたい!「検収」と「支払期限」を遅延防止法で理解

「遅延防止法」の解説です。国の契約手続きでは、「検収の時期」と「支払の時期」が法律で定められています。遅延防止法を正しく理解しましょう。契約実務が効率的になります。「検収」が遅れると、様々なトラブルが発生します。「納品時に検収」です。
2020.04.04
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました