検収

会計法令の解説

検査調書を省略できる場合とは、検査調書と検収の違いを解説

官公庁が契約代金を支払うときは検収が完了していなければなりません。また契約金額が一定金額以上のときは検査調書の作成が義務付けられています。検査調書を省略できる場合、検査調書と検収の違いをわかりやすく解説します。契約担当者に必須の知識です。
2021.10.28
会計法令の解説

給付の完了の確認とは? 検収と遅延防止法の日数カウント方法

官公庁が契約代金を支払うときのルール、遅延防止法の解説です。納品検査や工事の竣工検査の時期、代金の支払い期限は法律で定められています。契約担当者は、遅延防止法を正しく理解しておくことが大切です。納品時に検収を行い、代金はすぐに支払います。
2021.10.25
会計法令の解説

給付の完了の確認とは、契約代金を支払う前には検収が必ず必要

契約代金を支払う前には必ず検収を行います。検収は、給付の完了の確認検査です。物品の購入契約では納品検査、役務契約では完了検査などともいいます。契約内容どおりに履行されたか確認するための検収についての解説です。
2021.09.23
会計法令の解説

検査調書を省略できる場合、検査調書と検査の違い、検収の具体例

契約手続きに必要な検査調書の解説です。200万円以下の契約であれば検査調書を省略できます。しかし検査そのものは省略できません。つまり検査調書と検査は違うことを意識しましょう。また検査調書を省略したときの検収サインの方法を具体的に解説します。
2021.09.23
基礎知識

所有権が移転する時期とは、官公庁側の検収完了で物が特定されたとき

物品購入契約で所有権が移転する時期の解説です。所有権の移転については、民法や会計法令の中にも明確に移転時期を定めた条文がありません。日常の契約実務の中では、それほど気にする必要はないですが、所有権が移転する時期を理解しておきましょう。
2021.09.23
会計法令の解説

検収の具体的な方法、給付の完了の確認検査とは、検収の根拠法令

官公庁の契約手続きに必要な検収の解説です。契約代金を支払う前には検収が必要です。検収を義務付けている理由、根拠法令の解説、実際に検収を行うための具体的な方法です。官公庁の契約担当者、営業担当者に必須の知識です。
2021.09.23
スポンサーリンク