入札公告

スポンサーリンク
会計法令の解説

入札公告の書き方、記載事項は会計計法令で定められている

 入札公告への記載事項です。一般競争入札を行うときは、入札公告をWEB上などで公開しなければなりません。入札公告へ掲載する内容は、基本的な部分が会計法令で定められています。いろいろな書き方がありますが、入札公告の記載事項を具体例で解説します。
会計法令の解説

一般競争入札が無効になる条件を記載する理由と根拠法令

 一般競争入札へ参加して、ようやく落札できたのに無効と判断されてしまうと、会社の存続にかかわるほど大きな事態になります。そのため入札の無効については、事前に入札公告で公開しなければなりません。入札の無効について、記載が必要な理由です。
会計法令の解説

再度公告入札のわかりやすい解説、入札公告期間を短縮できる具体例

 再度公告入札の解説です。入札者や落札者がないときは、入札公告期間を短縮して、一般競争入札を実施できます。再度公告入札になる具体例と根拠法令、「再度公告入札」と「再度入札」の違いをわかりやすく解説します。入札をやり直すのが再度公告入札です。
会計法令の解説

入札公告期間の数え方、入札期日は開札日だけではないので注意!

「入札公告」の掲載期間についての解説です。一般競争入札を実施するときは、最初に「入札公告」を公開します。公告期間が長いほど、競争参加者が増えます。予決令では原則として10日以上、地方自治体はそれぞれの規則で入札公告期間を定めています。
営業担当

一般競争入札の参加資格とは、入札公告の具体例をわかりやすく解説

営業担当者向け一般競争入札の参加資格についての解説です。入札公告の参加資格はむずかしい表現で記載されています。しかし競争参加資格がないと入札は無効になってしまいます。入札公告の記載例からわかりやすく解説します。
スポンサーリンク