仕様書

スポンサーリンク
契約手続き

「仕様書」の書き方がわからない? 作成するときの基本的考え方

官公庁の契約手続きに必要な「仕様書」についての解説です。一般競争入札や随意契約を行う際には「仕様書」が必要です。契約金額の少ない契約では、省略したり、簡単な記載で契約できることもあります。しかし、一定規模以上の契約では「仕様書」が必要です。
契約手続き

「仕様書の書き方」をわかりやすく解説、入札に必要な仕様書とは

官公庁の契約手続きに必要な「仕様書の書き方」です。入札を実施するときには必須の仕様書ですが、作成方法についての参考書は存在しません。そのため過去の書類を真似したり、悩みながら作成することになります。簡単に仕様書を作成できるよう解説します。
2021.01.16
契約手続き

「仕様書の書き方」をわかりやすく解説、少額随意契約の仕様書とは

「仕様書の書き方」をわかりやすく解説します。ノートパソコンの購入を想定して、実際に仕様書を作成します。仕様書のサンプルも掲載しましたので、物品の購入契約であれば、そのまま利用できます。契約担当なら、仕様書の書き方を理解しておきましょう。
2021.01.16
契約手続き

「仕様書」を作成する前に知っておきたいこと、表現や記載方法

「仕様書」の書き方についての解説です。実際に仕様書を作成するときに、どのように表現し記載すれば良いのか、どこまで詳しく記載する必要があるのか解説します。仕様書は、「相手に求める内容」を書類としてまとめるものです。契約の中心的な書類です。
2021.01.16
契約手続き

「仕様書」の作り方がわからない、「仕様書・予定価格同一の原則」

仕様書を作成するときに注意したいポイントの解説です。官公庁が実施する入札などの契約手続きで、最初に作成する書類が仕様書です。仕様書は契約金額に直接影響します。仕様書に基づいて予定価格や入札書が作成されます。確認すべき内容を具体例で解説します。
2021.01.15
予定価格

これなら「仕様書」と「予定価格」がスイスイ作れる、準備がコツ

「仕様書」と「予定価格」作成に必要な書類についての解説です。入札を実施するときに必要な「仕様書」と「予定価格」を効率的に作成するために、事前に準備しておきたい書類です。売買契約と役務契約を例にして、事前に集めておく書類を説明します。
2021.01.15
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました