仕様書

スポンサーリンク
基礎知識

仕様書に書いてないことを依頼できる? 仕様書の記載もれなどへの対応

 仕様書は、契約金額を積算するための書類です。契約内容をすべて網羅しているのが理想です。しかし初めての契約では、すべての内容を盛り込むのはむずかしく、記載を忘れたり、間違えたりしてしまうことがあります。仕様書の記載漏れなどの対応方法です。
契約手続き

システム開発仕様書の作り方、専門会社からアドバイスを受ける手順

官公庁におけるシステム開発の仕様書を作る方法です。新しいシステムを開発するときには、ほとんどの場合、一般競争入札になります。実際に入札で使う仕様書をどのように作るのか、作成手順、注意点などをわかりやすく解説します。
契約手続き

仕様書の書き方をわかりやすく解説、一般競争入札の仕様書とは

官公庁の契約手続きに必要な仕様書の書き方です。入札を実施するときには必須の仕様書ですが、作成方法についての参考書は存在しません。そのため過去の書類を真似したり、悩みながら作成することになります。簡単に仕様書を作成できるよう解説します。
スポンサーリンク
初心者向け

仕様書を簡単に知りたい!初心者向けに誰でもわかる仕様書の説明

官公庁が契約手続きを始めるときに作成する仕様書の説明です。そもそも仕様書とはどのような書類なのか、仕様書の役割は何なのか、仕様書の注意点などをわかりやすく簡単に説明します。仕様書を簡単に知りたいときに役立つ情報です。
会計法令の解説

公平公正な入札手続きとは、開札時の入札金額発表、仕様書の変更連絡

官公庁が実施する一般競争入札は、公平・公正でなければなりません。競争入札の開札を例にして、公平性と公正性をわかりやすく解説します。また入札関係書類を配布するときに、名刺をもらい忘れると大変です。仕様書の修正は全員へ伝えなければなりません。
契約手続き

仕様書を作成するときのチェックポイント、仕様書・予定価格同一の原則

仕様書を作成するときに注意したいポイントです。官公庁が実施する一般競争入札では、最初に仕様書を作成します。仕様書は契約金額に直接影響します。仕様書に基づいて予定価格を作成します。仕様書を作るときのチェックポイント、予定価格との関係です。
契約手続き

仕様書はいつ書ける?契約担当者の最初の壁、仕様書の書き方

官公庁の契約手続きに必要な仕様書の書き方です。契約の実務経験が少ないと仕様書は作れません。仕様書を作るまでには経験が必要です。いつ頃に仕様書が作れるが、また仕様書を書くときの心構えと注意点の解説です。
契約手続き

清掃契約や警備契約などの仕様書の作り方、毎年必要な契約の仕様書

官公庁が毎年締結する契約の仕様書の作り方です。庁舎を維持管理する清掃契約や警備契約、設備の保守契約などは毎年契約を締結します。前回の仕様書を基に、どの部分をチェックして作成するのか、わかりやすく解説します。仕様書の作り方の基本です。
入札

仕様書をゼロから作る方法、新しい契約の仕様書を作るときの手順

官公庁が一般競争入札を実施するときに必要な仕様書の作り方です。まったく新しい契約の仕様書を作成するときはかなり悩みます。仕様書の前例や雛形が存在しないため、どのように作るのかわかりません。そこでゼロから仕様書を作る方法を具体的に解説します。
契約手続き

仕様書の書き方がわからない? 仕様書を作成するときの基本的考え方

官公庁の契約手続きに必要な仕様書の書き方です。一般競争入札や随意契約では仕様書を作成しなければなりません。金額の小さい契約なら仕様書を簡略化することがあります。しかし一定規模以上の契約では、必ず詳細な仕様書が必要です。
スポンサーリンク