遅延防止法

スポンサーリンク
会計法令の解説

「遅延利息の率」は財務省告示、遅延利息の計算方法と根拠法令

官公庁の代金支払いが遅れたときの「遅延利息」の解説です。遅延防止法は、「すみやかに代金を支払うこと」を定めた法律です。代金支払いが遅れれば、民間企業は資金繰りが厳しくなり、経営が不安定になります。請求書を受理したときは、支払期限に注意しましょう。
2021.03.03
会計法令の解説

「請求書」を官公庁が受理するときの知識、「遅延防止法」の解説

「請求書」を受理するときに理解しておきたい「遅延防止法」の解説です。国だけでなく、都道府県や市区町村(役所)すべてが適用対象です。契約代金を支払うときの根拠法令です。支払いが遅れると、かなり痛い状況になります。
2021.03.01
会計法令の解説

「給付の完了」とは?「検査の時期」を遅延防止法で理解

「遅延防止法」の解説です。官公庁の契約手続きでは、「検収の時期」と「支払の時期」が法律で定められています。遅延防止法を正しく理解すると、契約実務が効率的になります。もし「検収」が遅れると、様々なトラブルが発生してしまいます。「納品時に検収」です。
2021.02.22
会計法令の解説

「適法な請求書」とは? チェックポイントをわかりやすく解説

「適法な請求書」についての解説です。官公庁は、契約代金を支払うときに「請求書」に基づいて支払処理を行います。そして請求書の条件として「適法」であることが求められています。遅延防止法に定める「適法な請求書」の解説です。
2021.01.16
会計法令の解説

「請求書」を放置すると大変なことに!「遅延防止法」と「運用方針」

契約代金を支払うときに注意すべきポイントです。官公庁の契約実務担当者が代金を支払うときは、「請求書」に基づき支払います。請求書を受理した日から、支払期限が法律で定められてます。請求書の受理日や遅延利息の解説です。
2021.01.15
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました