遅延防止法

スポンサーリンク
会計法令の解説

「請求書」が届いたら「遅延防止法」と「運用方針」を正しく理解

契約代金を支払うときに注意すべきポイントです。官公庁の契約実務担当者が代金を支払うときは、「請求書」に基づき支払います。請求書を受理した日から、支払期限が法律で定められてます。請求書の受理日や遅延利息の解説です。
2019.06.17
会計法令の解説

遅延利息の率は、財務省告示で平成29年4月から年2.7%

代金の支払が遅れると利息を支払うことに 国が締結した契約について、代金の支払いが遅れたときは、政府契約の支払遅延防止等に関する法律(遅延防止法)に基づき遅延利息を支払うこととなります。 政府契約の支払遅延防止等に関する法律 ...
2018.11.07
会計法令の解説

対価の支払の時期は検収完了後、請求書受理も検収完了後

検収完了後の支払時期 遅延防止法第六条は、官公庁が締結する契約の対価を支払を行う時期を定めています。日常の契約実務では気にせず支払業務を行っていると思いますが、請求書を受理した場合には、本規定が適用されるので速やかに支払処理を...
2018.11.07
スポンサーリンク