遅延防止法

スポンサーリンク
会計法令の解説

適法な請求書とは、請求書を受理したときに注意したいこと

官公庁が契約代金を支払うときは請求書が必要です。支払期限を定めた遅延防止法では、適法な請求書を受理することが定められています。適法な請求書とは、具体的に何を指すのでしょうか。どこをチェックすれば良いのでしょうか。適法な請求書の解説です。
2021.09.01
会計法令の解説

遅延防止法の運用方針とは、請求書の受理日、契約代金支払時の注意点

官公庁が契約代金を支払うときの注意点です。契約担当者や支払担当者に必須の知識です。契約代金を支払うときは請求書に基づき支払います。請求書を受理した日からの支払期限は法律で定められてます。請求書の受理日の解釈や遅延日数の計算方法です。
2021.08.20
会計法令の解説

遅延利息の率とは、官公庁の代金支払いが遅れたときの利息の計算方法

官公庁の代金支払いが遅れたときは、遅延利息を支払うことになります。遅延防止法は、官公庁の代金支払期限を定めています。遅延利息の利率は財務省告示です。支払いが遅れたときの利息計算方法の解説です。遅延利息計算用のエクセルシートも利用できます。
2021.07.20
会計法令の解説

給付の完了の確認とは?、検収と遅延防止法の日数カウント方法

官公庁が契約代金を支払うときのルール、遅延防止法の解説です。納品検査や工事の竣工検査の時期、代金の支払い期限は法律で定められています。契約担当者は、遅延防止法を正しく理解しておくことが大切です。納品時に検収を行い、代金はすぐに支払います。
2021.07.19
会計法令の解説

請求書を受け取るときの基礎知識、官公庁に適用される遅延防止法

官公庁が請求書を受理するときに理解しておきたい遅延防止法の解説です。遅延防止法は、国だけでなく都道府県や市区町村すべてが適用対象です。契約代金を支払うときの根拠法令です。請求書が届いたのに支払いが遅れると、遅延利息を支払うことになります。
2021.07.18
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました