競争性

スポンサーリンク
入札

「1社入札」は有効です、問題視すれば重大な「不正事件」が発生

「1社入札」を問題視する報道があります。「競争性が確保されていない」という理由によるものです。しかし本当に問題なのか、実務者の視点から詳しく解説します。1社入札を無効とする見解や、有効とする見解、指名競争入札での「1社入札」の解説です。
2019.11.14
随意契約

随意契約を繰り返すときに注意したいこと、競争性を確保した手続き

官公庁が特定の会社と締結する随意契約は、社会的に批判を受けることが多いです。特に、特定の会社と随意契約を繰り返すことは「業者との癒着」を疑われ、大きな問題になることがあります。随意契約を繰り返すことの問題点について解説します。
2019.06.04
随意契約

「競争性がない随意契約」を判断する具体例、予決令102-4-3の解説

予決令102-4-3の解説です。官公庁の契約手続きは「入札(競争契約)」が原則です。例外として随意契約が認められています。判断基準となる「競争性」について、わかりやすく解説します。競争性がないと判断する場合の具体例についての解説です。
2019.03.25
会計法令の解説

指名競争入札における不落随契の可否、一般競争入札の競争性との違い

原則は一般競争契約(入札) 官公庁の契約手続きは、一般競争契約(開入札)が原則です。指名競争契約(指名入札)は例外手続きになります。 一般競争入札は、入札公告を官報や新聞、インターネットなどに掲示し、競争に参加す...
2018.09.04
スポンサーリンク