競争性

スポンサーリンク
随意契約

競争性がない随意契約とは、契約方式の例外で適用がむずかしい契約

競争性がない随意契約の解説です。官公庁の契約方式は一般競争入札が原則です。例外として予決令 102 - 4 - 3 に基づく競争性のない随意契約が認められています。しかし予決令 102 - 4 - 3 を適用するときの判断はむずかしいです。
2021.11.01
随意契約

直接販売証明書では随意契約できない!競争性の有無が判断できない!

直接販売証明書による随意契約についての解説です。官公庁がメーカーと契約するときに、直接販売証明書による随意契約が多いようです。しかしメーカーと直接契約することと、競争性の有無は全く関係ありません。直接販売証明書は適正ではないです。
2021.10.31
随意契約

随意契約は何のためにあるのか、随意契約を判断する4つの条件

随意契約は、官公庁が契約の相手方を選ぶ契約方式の例外手続きです。随意契約が認められる条件は、法令で明確に定められています。随意契約と判断する具体例の解説です。莫大な予算が使われたアベノマスクの緊急随契についても解説しています。
2021.10.30
初心者向け

随意契約を簡単に知りたい!初心者向けに誰でもわかる随意契約の説明

官公庁の随意契約をわかりやすく簡単に解説します。そもそも随意契約とは、どのようなものなのか?なぜ批判されるのか?一般競争入札との違いはどこなのか?官公庁の契約担当者はなぜ随意契約をしたがるのか? 契約実務経験者が疑問にお答えします。
2021.10.23
会計法令の解説

競争性がない随意契約とは、競争性を判断する具体例と根拠法令

競争性のない随意契約の解説です。予決令102-4-3では、契約の相手方が1社しか存在しないときに、随意契約が認められています。特許製品で独占販売している場合などが典型例です。しかし実務上は競争性を確保した一般競争入札の方が安全です。
2021.09.23
随意契約

代理店証明書では随意契約できない!競争性のない随意契約の判断とは

競争性のない随意契約についての解説です。代理店証明書に基づき随意契約するときは注意が必要です。代理店証明書は、競争性がないという根拠になりません。販売店が複数存在するのであれば、一般競争入札あるいは見積り合わせが必要です。
2021.09.23
随意契約

随意契約を競争性の有無で判断、少額随意契約と競争性のない随意契約

随意契約は、競争性の有無で2つに分かれます。競争性のある随意契約は、少額随意契約といいます。競争性のない随意契約は、競争しないと判断した経緯を理由書として残す必要があります。それぞれの根拠法令と随意契約理由書の解説です。
2021.09.23
スポンサーリンク