競争性

随意契約

「競争性がない随意契約」を判断する具体例、予決令102-4-3の解説

予決令102-4-3の解説です。官公庁の契約手続きは「入札(競争契約)」が原則です。例外として随意契約が認められています。判断基準となる「競争性」について、わかりやすく解説します。競争性がないと判断する場合の具体例についての解説です。
2019.03.25
会計法令の解説

随意契約で競争を許さない場合とは、競争性の判断と実例

競争性のない随意契約 予算決算及び会計令 第百二条の四  各省各庁の長は、契約担当官等が指名競争に付し又は随意契約によろうとする場合においては、あらかじめ、財務大臣に協議しなければならない。ただし、次に掲げる場合は、この限り...
2018.11.07
会計法令の解説

指名競争入札における不落随契の可否、一般競争入札の競争性との違い

原則は一般競争契約(入札) 官公庁の契約手続きは、一般競争契約(開入札)が原則です。指名競争契約(指名入札)は例外手続きになります。 一般競争入札は、入札公告を官報や新聞、インターネットなどに掲示し、競争に参加す...
2018.09.04
スポンサーリンク