公私混同

スポンサーリンク
その他

「公私混同」の正しい判断とは、東京都知事が辞職した原因を知る

「公私混同」についての解説です。東京都知事が辞職した事例で考えます。政治家や学者などは、勤務場所や勤務時間が固定されてません。自宅でも仕事が可能です。「公私混同」に陥りやすいです。「公私」の区別は、プライベートな部分を自腹にすることです。
その他

「説明責任」が具体的にわかる事例、東京都知事が辞職した理由

「説明責任」と「公私混同」を理解するための具体例です。東京都知事が「説明責任」を果たさず、辞職に追い込まれました。国民や都民は、「真実を話さない姿勢」を許しませんでした。国民の税金を使う人たちは、法律よりも高い倫理観が要求されます。
出張旅費

公務による出張と公私混同のリスク、家族旅行で旅費を受領する倫理感

出張と家族旅行を一緒にするリスクの解説です。官公庁が旅費を支払うのは公務による出張に限られます。出張と家族旅行の日程が重なるときは注意が必要です。家族旅行と出張の区別は本人しかわかりません。第三者が見たときに疑惑を持たれます。
2018.11.26
基礎知識

公私混同と言われない会議費の支出基準、食事代と懇親会費の単価

公費で会議費が認められる基準についての解説です。食事代としての飲食費、接遇を目的とした懇親会費について、会議の定義や単価についての解説です。食事代は日当を目安に単価を設定し、懇親会費は食卓料を目安に単価を設定することが一般的です。
2018.10.29
スポンサーリンク