科研費で図書カードを購入するときは要注意、単年度予算は繰越リスク

国立競技場 科研費
国立競技場

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 

科研費FAQ

 

日本学術振興会(JSPS)の平成23年6月14日版の科研費FAQには次のような質疑応答があります。

 

【Q4451】 人件費・謝金として支出できるものに制限はありますか?
【A】
アンケート調査を実施する場合に、協力していただいた人に、謝礼として図書カードなどを配付することも、研究に直接必要となるものであれば支出できます。

 

この図書カードを配布して良いというルールによって、研究現場では混乱が生じています。

 

本来、科研費は、研究を行うのに直接必要な経費ですが、謝礼は付随的な経費なのです。そのため、判断に悩んだり不正を疑われるような事態が起きています。

 

科研費は、単年度決算のため、1年間で予算を使い切る必要があるとの従来からの古い考え方から、「せっかくもらったお金だから返すのはもったいない」と考えてしまう研究者が多いのです。

 

研究・調査に協力してもらった人に図書カードを配れば、一枚500円から1万円までの種類があるので、配布人数が多ければ予算消化に役立ち、すぐに数十万は使うことができます。余った予算は図書カードで消化しようと考えてしまうのです。

 

これは、困った考え方です、不正と看做されるリスクが存在します。

 

そもそも、科研費は国の税金であり、国民の血税です。そして科研費は、研究を実施するために必要な経費です。無駄な支出は行うべきではありません。

 

 

研究しか見えない

 

研究者は、自分の研究のことだけを考えていれば良いという、自分本位の発想は慎むべきです。

 

日本全体が財政危機に瀕している今、考えなければいけないことは、本当に研究に必要かどうか、という判断で科研費を使用するべきです。

 

判断基準は単純です。

 

「この経費を支出しなければ研究ができない」と対外的に研究者自身が合理的に説明できるかどうかです。

 

 

 

図書カードの危険性

 

図書カードは、相手に謝意を表すものですが、真に必要かどうか検討すべきです。

 

さらに、図書カードには、次のリスクがあることを認識する必要があります。

 

図書カードは現金と同じ扱い(金券)であり、受け渡しの書類(受払簿と領収書)を保存する必要があります。相手に渡す目的(どういう趣旨で渡すのか)、受入時には、受入年月日、単価、枚数、残枚数の記帳、払い出し時には払い出し年月日、単価、枚数、渡した相手を受払簿に記帳し、保存しておく必要があります。配付した証拠として、渡した相手から領収書も取っておく必要があるのです。

 

図書カードは、現金と同じ扱いなので、この受払簿と領収書を保存しておかないと、最悪の場合、横領を疑われることになります。

 

図書カードを購入した研究者が、その図書カードを配布せずに、年度を超えて保存していた場合は、科研費の決算上、領得したと看做されてしまいます。これは典型的な不正使用となってしまうのです。

 

注意が必要なことは、図書カードの払い出し自体を、年度末の3月31日までに完了しなければならないことです。もし、4月以後にも図書カードが配布されずに残っていたとなると、その残金は決算上残余金額として返還の対象になります。科研費を返還する手続きを怠ってしまえば、プール金と同じになり、不正使用となってしまいます。

 

図書カードの使用は、上記のようなリスクがあるのです。

 

真面目な研究者なら、リスクのある図書カードではなく、通常の謝金として現金で支払います。謝金は、会計機関から相手の銀行口座へ振り込み処理が行われるので、研究者が現金を横領するような不正問題は起こり得ません。

 

 

JSPSの判断

 

しかし、なぜJSPSは不正使用の温床となるような図書カードの使用を例示として認めたのか不思議です。

コメント