入札者や落札者がないときの不落随意契約、入札不調の詳しい解説

この記事を読むのに必要な時間は約 15 分です。

入札不調についての詳しい解説です。入札が不調となる3つのケースや不落随契(ふらくずいけい)と呼ぶ契約方式の根拠法令をわかりやすく解説します。入札者がないときや落札者がないときの入札打ち切りの判断等も説明します。

スポンサーリンク

官公庁の契約手続きの原則

 

官公庁は会計法令など一定のルールに基づいて契約手続きを進めなければなりません。

 

そして契約手続きの基本原則は一般競争契約(公開入札)です。これは会計法第二十九条の三第一項で義務付けられています。

 

会計法

第二十九条の三

契約担当官等は、売買、貸借、請負その他の契約を締結する場合においては、第三項(指名競争契約)及び第四項(随意契約)に規定する場合を除き、公告して申込みをさせることにより競争に付さなければならない。

 

入札が原則である理由

官公庁の運営財源は国民の税金です。

 

税金は、本人の意志に関係なく強制的にお金を国に納めます。公共サービスを実施する上で必要な財源です。強制的に国民全員からお金を集めている以上、税金を使用する際は公平でなければなりません。

 

特定の企業だけに税金が流れてしまうのは不公平です。

 

そのため一般競争契約という公開入札方式によって不特定多数の者が競争に参加できる機会を確保した契約手続きが契約方式の原則になってます。

 

税金を納めることは国民全員の義務であることが憲法第30条で定められているので、その使用方法も機会均等にすることを法律で定めたのです。

日本国憲法
第30条 国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負ふ。

 

一方、民間会社の運営財源は物品やサービスを購入するお客様です。

 

そして、どの民間会社の物品やサービスを選択するかは個人の自由で任意の判断です。国民に選択の自由があるので民間会社の運営財源の使用方法を法律で義務化する必要はないわけです。

 

競争契約(入札)は価格競争によって契約の相手方を決定します。入札に参加する機会は確保されていますが、入札の結果、落札者がないとき「入札不調」となることがあります。

 

スポンサーリンク

入札の不調とは

 

入札が不調となる原因は主に次の3つのケースです。

 

入札に誰も参加しない。

 

再度入札で、予定価格に達しない。

 

再度入札で、辞退札が提出された。

 

入札公告を掲載して不特定多数の者が入札に参加できる機会を確保しても、利益が少ない契約内容であったり、すでに大口の契約を請け負っている会社などは、社内の営業戦略として入札に参加しないことがあります。

 

入札条件や契約条件が会社の利益と合致しなければ、入札者がいない、あるいは落札者がない「入札不調」となります。

 

官公庁が実施する入札は、あらかじめ発注者である官公庁側の契約実務担当者が、入札金額の妥当性(適正な金額であるかどうか)を見るために、入札の上限価格として予定価格調書を作成しています。開札手続きでは、入札金額が予定価格の金額以下(範囲内)のときに落札となります。

 

開札の結果、予定価格の範囲内(購入契約であれば予定価格以下の金額)に達しない場合は、すぐに再度入札を実施します。

 

予定価格の範囲内になるまで繰り返すのが理想ですが、入札金額と予定価格の開きが大きい場合は3回程度で入札を打ち切ります。そして最安値の会社と個別に価格交渉を行い、予定価格以下の金額に落ち着けば「不落随意契約」になります。

 

もし価格交渉が合意できなければ、仕様書と予定価格をリセットして最初から入札手続きを行ないます。

 

辞退札は、入札に参加した会社が再度入札の段階で、これ以上安い金額では赤字になってしまい採算が合わないと判断し、入札書の金額欄に「辞退」と表示して提出するケースです。

 

これらの落札者がいない状況を「入札が不調になった」と呼びます。

 

不落随意契約の根拠法令

 

入札を行った結果、落札しなかったときは予決令第九十九条の二に次の規定があります。

 

予算決算及び会計令

第九十九条の二

契約担当官等は、競争に付しても入札者がないとき、又は再度の入札をしても落札者がないときは、随意契約によることができる。この場合においては、契約保証金及び履行期限を除くほか、最初競争に付するときに定めた予定価格その他の条件を変更することができない。

 

一般的に不落随契(ふらくずいけい)と呼ばれる随意契約は、この予決令第九十九条の二が根拠法令です。

 

詳しく予決令第九十九条の二を解説します。

 

前提は一般競争入札の場合です。指名競争入札での不落随契は考え方が異なるので別に説明します。

 

そもそも、この予決令第九十九条の二で定めている不落随契は一般競争契約(入札)の例外規定です。

 

入札手続きを再度行う(リセットして最初の入札公告からやり直す)には、手続き期間が不足したり、事務手続きが煩雑になるなど、契約の締結時期が遅れてしまい官公庁の業務に支障が生じる場合に適用するものです。

 

例えば、単年度予算(予算措置自体が3月31日までしか有効でない通常の政府予算)による高額な契約手続きが該当します。公告期間を含めた入札手続に3ヶ月を必要とし、さらに納入期限が3ヶ月以上かかる契約などです。海外からの高額機器の輸入契約や製造期間が長期間必要な契約などの場合には、契約手続きを完了するのに最低6ヶ月間必要です。

 

入札公告を5月に掲示し9月に開札した結果、落札者がいなかったときに再度リセットして入札手続をやり直すと、契約が成立しない恐れがあったり開札しても明らかに納入期限が間に合わない場合に例外的な随意契約を認める規定です。

 

当然のことながら、1週間程度で簡単に入札公告が可能で納入期間も2週間などの短期間であれば、最初から入札手続をやり直しても年度内に納品が可能です。手続きをリセットしても支障がない場合は入札をやり直すのが正しい処理です。官公庁の契約手続きの基本原則は入札です。

 

予決令第九十九条の二は、次の二つのケースで随意契約が可能と定めています。

 

1.「入札者がないとき」

2.「再度の入札をしても落札者がないとき」

 

「入札者がないとき」とは

 

官報やインターネット上のWEBサイトなどに入札公告を掲載して、広く入札への参加機会を確保しても、入札(開札)当日に誰もいない場合です。入札書の提出期限までに入札書の提出がなかった場合です。

 

入札公告を見て仕様書を取りにきたので、入札に参加しようとする意思はあったけれども、その後社内で検討したところ参加を見合わせることになり、実際に入札(開札)に参加せず落札しなかった場合です。

 

「入札者がない」とは誰も入札に参加しなかった状態です。

 

しかし実際の契約実務では、仕様書の作成や予定価格の作成段階で市場調査を行い、参考見積書を取り寄せたり仕様書の技術内容について、複数者の民間企業へ確認したり情報を取り寄せます。

 

なるべく多くの会社が入札に参加できるよう仕様書を作成しますので、入札者がないという状況は極めて稀です。(私は数百回入札しましたが一度も経験ないです。)

 

「再度の入札をしても落札者がないとき」とは

 

1回目の開札を行った結果、予定価格を超えた入札金額なので続けて2回目の入札や3回目の入札を行ったところ、いずれも予定価格の範囲内の入札金額がなく落札者がいなかった場合です。

 

通常、不落随契と呼ぶのは、こちらのケースが圧倒的に多いです。予定価格の設定が厳しすぎた結果とも言えます。

 

ここで実際の入札(開札)で悩むのが再度入札の回数です。

 

予決令第八十二条に再度入札の規定があります。

 

予算決算及び会計令

第八十二条

契約担当官等は、開札をした場合において、各人の入札のうち予定価格の制限に達した価格の入札がないときは、直ちに、再度の入札をすることができる。

 

実際の例を想定しましょう。

 

予定価格が600万円の物品売買契約と仮定します。

 

第1回目入札書(予定価格600万円)

A社 1,000万円
B社 1,100万円
C社 900万円

 

1回目の入札はC社が900万円で最安値ですが、予定価格の制限(600万円)の範囲を超えてます。すぐに予決令第八十二条による再度入札を行います。

 

再度入札は開札結果を発表した後に、各入札者へ次のようにアナウンスします。

 

「1回目の入札の結果、C社が最も安い入札金額ですが、当方(発注側)で作成した予定価格の制限に達していません。予定価格を超えているので2回目の再度入札を実施します。入札参加者は1回目の最安値900万円未満での入札をお願いします。もし、これ以上、入札金額を下げるのが無理な場合には、配布した入札書様式の金額欄に「辞退」と記載して提出願います。2回目の入札は900万円未満でお願いします。」

 

アナウンス後に入札書の様式を配布し、入札価格を検討し記載する時間(2~3分)を待ち、入札者の様子(まだ入札金額を書いてないなら待つ)を見て、2回目の入札書を提出してもらいます。

 

ここで全員が辞退札を提出するようなら、予決令第九十九条の二「再度の入札をしても落札者がないとき」に該当するので1回目の最安値の会社と交渉し随意契約が可能です。(随意契約の交渉としては予定価格600万円未満となるように価格交渉します。)

 

2回目の入札者があった場合

 

2回目の入札(予定価格600万円)

A社 850万円
B社 辞退
C社 860万円

 

入札の結果、B社は辞退札が提出されたので2回目の入札結果発表後に入札会場から退出してもらいます。2回目も予定価格の制限に達しないので落札せず、1回目と同様に再度入札のアナウンスをして3回目の入札に入ります。

 

入札打ち切りの判断

3回目の入札(予定価格600万円)

A社 辞退
C社 840万円

 

C社1社が残りましたが、まだ予定価格の制限に達せず、予定価格と入札価格の金額の開きが大きいです。

 

今まで1回目から3回目のC社の入札状況を見ると次のとおりです。

 

900 → 860 → 840

 

値引き額も少なくなっていて、このまま再度入札を続けても、落札価格(600万円未満)に達する可能性は少ないと見るべきでしょう。

 

予定価格との開きが少なくて、あと1~2回で落札しそうな金額であれば再度入札を繰り返すこともありますが、予定価格と入札価格に大きな開きがある場合は、入札会場でC社に再度入札を継続するかの意向を聞くこともあります。(予定価格を秘密扱いとしている場合は予定価格を教えてはいけません。)

 

3回目の入札結果を発表し、A社は辞退札が提出されているので入札会場から退出してもらい、4回目の入札に入る前にC社に再度入札の意向を確認します。

 

「まだ、予定価格との差が大きいのですが、再度の入札(値引き)は可能ですか?これ以上は本社に戻って上層部と協議が必要であれば、入札はここで打ち切り随意契約の交渉に入ることも可能ですが?」

 

ここで、注意しなければならないのは、もしC社から予定価格の金額を聞かれても、国の会計法令では予定価格を公開できませんので絶対に予定価格は教えません。

 

C社が再度入札を続けたいという意向があれば再度入札を続けますが、そうでなければ予定価格との金額差が大きい場合は、入札を打ち切り不落随契として契約金額の交渉に移ります。

 

入札手続き自体は有効に成立しています。3回の入札(再度入札)を実施した結果落札者がいないので、この後は予決令第九十九条の二に基づく不落随意契約(不落随契)の交渉に移ります。

 

入札を終え、C社には会社に戻ってもらい、ギリギリの価格(これ以下の契約金額では無理という金額、ただし利益は確保してあげるのが適正な契約であることは当然です。)を検討してもらいます。

 

3日~1週間程度の検討期間を設けて最終金額をメールや電話で教えてもらいます。

 

最終金額が予定価格の範囲内であれば正式な見積書を提出してもらい、(見積書は最後に提出した入札書より低い金額になるはずです。)随意契約として契約を締結します。

 

不落随意契約(不落随契)は、競争性を確保した入札の結果として随意契約するものですから、競争性のない随意契約と異なり、後日契約の相手方の選定経緯や契約金額について問題となることは少ないです。不落随意契約は落札したのと同じです。

 

ただし、入札関係書類を全て保存しておくことが大切です。

コメント