秘密

スポンサーリンク
会計法令の解説

予定価格は絶対に話さない、予定価格を秘密にする理由と根拠法令

官公庁が競争入札を実施するときの予定価格は、秘密扱いが原則です。しかし契約実務を担当していると、再度入札を繰り返す場面や、顔見知りの営業担当者から予定価格を尋ねられることがあります。秘密扱いの予定価格についての対応方法です。
基礎知識

官公庁が契約金額を公開しない理由、契約金額を秘密にする場合

官公庁が支払った契約金額を秘密にできるのでしょうか?官公庁の運営財源は国民の税金です。税金がどのように使われたのか、国民には知る権利があります。官公庁が締結した契約で、金額を公開できないのはどのような場合なのか解説します。
予定価格

予定価格を秘密にする理由、予定価格が漏洩したときの入札例とは

官公庁が、なぜ予定価格を秘密にするのか、根拠法令や秘密にする理由をわかりやすく解説します。競争入札では、開札の際に予定価格を落札基準価格とします。予定価格が事前に漏洩した入札例や、事前に予定価格を公表するメリット・デメリットです。
予定価格

予定価格は絶対に教えない、贈収賄や談合事件から身を守る

官公庁の契約担当者が自分の身を守る方法です。入札手続きには常に危険性が潜んでいます。特に高額な入札では、予定価格に関する情報を得ようとする誘惑が多くなります。予定価格漏洩、贈収賄、談合、これらの危険から身を守るための解説です。
スポンサーリンク