国際入札

スポンサーリンク
入札

国際入札とは、政府調達に関する協定の対象範囲、対象基準額の推移

「政府調達に関する協定」が適用される国際入札についての解説です。そもそも国際入札とはどのような手続きか、対象となる機関、基準額の推移です。どの契約が該当するのか判断がむずかしいです。長期間の契約手続きになるので、早い時期から準備が必要です。
2021.10.29
入札

一般競争入札よりも随意契約の方が 7 億円も安い?スパコンの契約

スーパーコンピュータの国際入札についての解説です。1991年の日米経済摩擦によって、アメリカ政府から日本の市場開放を迫られていました。しかし国際入札より随意契約の方が安い金額で契約可能でした。国際入札と随意契約でどちらにするか迷いました。
2021.09.23
その他

国際入札が一時停止とは、報道されなかった政権交代による現場の混乱

民主党政権が2009年9月に誕生し、すべての政府予算が見直されました。マスコミ受けする事業仕分けの公開討論、随意契約の見直しが始まりました。しかも公正さを無視して、国際入札までもが一時停止されました。現場の混乱はひどかったです。
2021.09.23
入札

運搬契約や引っ越しの契約は国際入札の対象か?WTOの判断方法とは

運搬契約が、国際調達(国際入札)に該当するか、判断する方法です。一定金額以上の高額な契約は、「政府調達に関する協定」が適用され「国際入札」になります。通常の入札と比べて、かなり長期間(6ヵ月ほど)の契約手続きになるので、最初に検討が必要です。
2021.09.23
入札

特定調達、政府調達、特例政令、国際入札、それぞれの意味とは?

官公庁が実施する国際入札についての解説です。国や地方自治体官などは、国際条約の政府調達に関する協定が適用されます。基準額を超える高額な契約を計画するときには注意が必要です。制定経緯や基準額の推移、特定調達と政府調達の違いなどの解説です。
2021.09.23
入札

東京大学が入札前に不正?過去を見ない不思議な内閣府の協定違反判断

東京大学で入札前に不正、という内閣府の不思議な判断についての解説です。申し立てを行った会社が、自らの社員を訴えるという理解できない背景がありました。さらに、それを入札不正と判断した不思議な内閣府の判断です。過去を見ない意味不明の判断です。
2021.09.23
スポンサーリンク