国際入札

入札

東京大学が入札前に不正との報道、内閣府は政府調達協定に違反と判断

東京大学で入札前に不正? 2013年1月、Yahooのニュースサイトで、東京大学で入札前に不正、との記事が掲載されました。 Yahooのニュースから抜粋 東大、入札前に不正 国先端研究ソフト、業者に仕様相談 朝日新聞デジタル 1...
2018.09.04
契約手続き

一連の調達、分割契約による随意契約、少額随意契約の繰り返し

契約方式の原則は入札 官公庁における契約方式は、原則、一般競争契約(入札)です。これは会計法第二十九条の三第一項で明記されています。 会計法(法律) 第二十九条の三  契約担当官等は、売買、貸借、請負その他の契約を締結する場合におい...
2018.09.04
入札

特定調達契約に該当する移転契約の具体例、公道を運搬する契約かどうか

特定調達契約とは 官公庁が実施する契約手続きの中には、特定調達契約(国際入札が必要となる契約手続きで「特例政令」が適用される契約)があります。 一般競争入札は、主に日本国内の企業を対象としていますが、特定調達契約に該当する入札手...
2018.09.04
入札

特定調達契約の経緯、特例政令が適用となる基準額の経緯

特定調達契約の経緯 特定調達契約は、昭和54年から始まった比較的新しい制度です。 大規模な契約について、「政府調達に関する協定」という国際条約を適用した契約手続きを行うものです。内外無差別原則(外国の企業の参入)...
2018.09.04
基礎知識

特定調達契約に該当するしないの判断、警備業務や科研費は適用なし

特定調達契約の基準額 大規模な契約は、「政府調達に関する協定」という国際条約が適用されます。内外無差別原則(外国の企業の参入)と手続きの透明性(公開入札)を基本理念としています。 一定金額(基準額)以上の調達は、入札公告を官報に英...
2018.09.04
入札

随意契約より国際入札の方が年間7億円高くなる、日米経済摩擦の事実

日米経済摩擦によってアメリカ政府から市場開放を迫られていた1991年当時、国際入札で透明性のある公正な手続きで契約するよりも破格の安い金額で随意契約を提案されました。国際入札よりも年間7億円安くなる随意契約が適正なのか、当時の思い出と解説です。
2018.09.04
スポンサーリンク