国際入札

スポンサーリンク
入札

恥ずかしい!東京大学が「入札前に不正」?内閣府の協定違反判断

東京大学で「入札前に不正」、という内閣府の不思議な判断についての解説です。申し立てを行った会社が、自らの社員を訴えるという理解できない背景がありました。さらに、それを「入札不正」と判断した不思議な内閣府の判断です。すべて意味不明です。
2020.05.06
契約手続き

なぜ「随意契約」できる?これが「契約方式」を判断する根拠法令

官公庁の「契約方式」についての解説です。原則は「入札」です。国は会計法、地方公共団体は、それぞれの規則で契約金額によって契約方式を定めています。大規模な契約では「国際入札」が必要になります。「一連の契約」「同種の契約」の解説です。 契約方...
2020.05.01
入札

「特定調達」、「政府調達」、「国際入札」、いったい何が違う?

「国際入札」についての解説です。国と地方公共団体等は、国際条約の「政府調達に関する協定」が適用されます。基準額を超える高額な契約を計画するときには注意が必要です。制定経緯や基準額の推移、「特定調達」と「政府調達」の違いの解説です。
2020.04.17
入札

「運搬契約」は「国際入札」の対象?これが判断基準のポイント

国際入札に該当する高額な「運搬・移転契約」についての解説です。「政府調達に関する協定」に基づく国際入札手続き(特定調達契約)では、最初に、「該当するかどうか」の判断が重要になります。判断は、契約金額と契約内容により判断します。
2020.04.17
入札

いったい、どの契約が該当するの?わかりづらい「特定調達契約」

「政府調達に関する協定」に基づく「特定調達契約」の解説です。高額な契約は、国と地方公共団体が適用対象になります。基準額以上の契約手続きは、国際入札を実施しなければなりません。わかりやすく「政府調達に関する協定」を解説します。
2020.04.07
入札

こんな「入札」信じられない!「随意契約」より7億円も高いなんて!

スパコンの国際入札についての解説です。1991年当時、日米経済摩擦によってアメリカ政府から市場開放を迫られていました。しかし国際入札手続きするよりも、随意契約なら破格の安い金額締結可能でした。随意契約すべきか判断に迷ったときの解説です。
2020.03.24
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました