前金払

スポンサーリンク
会計法令の解説

わかりやすい「概算払」の解説、国と地方公共団体との比較

官公庁の「概算払」についての解説です。官公庁の支払い手続きは、「後払い」が原則です。例外として「概算払」が認められています。根拠法令と「前金払」との違いをわかりやすく解説します。また地方公共団体の法令についても説明します。
2020.01.31
会計法令の解説

「前金払」ができる範囲は限定されている、予決令第五十七条の解説

国の支払手続き「前金払」の解説です。契約代金の支払いは、「後払い」が原則です。例外的な支払手続きとして予決令第五十七条で「前金払」が定められています。注意が必要な点は、限定列挙されているところです。根拠法令を解説します。
2020.01.31
会計法令の解説

完全に理解したい「会計法」で最も重要な5つの条文

官公庁の会計実務に役立つ「会計法」の解説です。支出負担行為担当官と契約担当官の違い、官公庁の支払い方法の原則、契約方式の根拠法令について、わかりやすく解説します。契約担当官が難解ですが、支出負担行為担当官との違いを理解しましょう。
2020.01.31
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました