PR

前金払

記事内に広告が含まれています。
会計法令の解説

官公庁の支払方法一覧、支払時期と金額の確定有無で判断

 官公庁の支払方法一覧です。支払方法の原則は、後払いです。例外として前金払や概算払が認められています。それぞれの支払方法は、日常の会計実務に直接影響します。複雑な支払方法の違いを正確に理解しましょう。
会計法令の解説

官公庁の概算払は支払方法の例外、国と地方自治体、前金払との違い

官公庁の概算払(がいさんばらい)についての解説です。官公庁の支払いは、後払い(あとばらい)が原則です。例外として概算払が認められています。また国と異なり、地方自治体の概算払は広く運用できるようになっています。
会計法令の解説

前金払は支払方法の特例、原則は後払い、国と地方自治体の前金払

 官公庁の支払方法は、後払い(あとばらい)が原則です。前金払(まえきんばらい)できるケースは限られています。特に国の法令では限定的にしか適用できません。地方自治体の方が適用範囲が広いです。輸入品でも前金払が適用できないケースもあります。