会計法

スポンサーリンク
会計法令の解説

契約実務に重要な5つの会計法の条文、地方自治体の条文とも比較

 会計法の中で契約実務に役立つ条文です。支出負担行為担当官と契約担当官の違い、官公庁の支払い方法の原則、契約方式の根拠法令です。会計法は国を対象とした法令ですが、地方自治体も同じように定められています。契約担当者に必須の知識です。
会計法令の解説

支出負担行為を必要とする理由、契約手続きでの支出負担行為の時期

官公庁の会計手続きに必要な支出負担行為の解説です。そもそも支出負担行為とは、何を行うことなのでしょうか、また、なぜ必要なのでしょうか。契約手続きを例にして、支出負担行為として整理する時期を解説します。
基礎知識

後払いが官公庁の支払い原則、例外の前金払いと概算払いの違いとは

 官公庁の支払方法は、後払い(あとばらい)が原則です。民間企業へ契約代金を支払うときは原則として後払いになります。例外として前金払と概算払が認められていますが、限定的です。後払いの根拠法令、前金払と概算払との違いについて解説します。
スポンサーリンク