予定価格

基礎知識

落札結果から談合を疑う根拠とは、落札率が高くなる本当の理由を理解

落札率が95%以上の入札は、談合の疑いがあるのか解説します。落札率から談合を疑う報道があります。しかし予定価格を作成するときは、取り引きの実例価格を調べるため、参考見積書を提出してもらいます。落札率100%は適正な価格の方が多いのです。
2018.11.21
予定価格

批判される「予定価格」とは、契約手続きにおける役割を正しく理解

マスコミが官公庁の契約手続きなどを批判するときに「予定価格」が使われることが多いです。契約手続きの中で重要な役割のある「予定価格」の解説です。入札や随意契約などの契約方式の判断、入札手続きでの落札基準価格として大きな役割があります。
2018.11.16
予定価格

契約の種類に応じた予定価格の作成方式、市場価格方式と原価計算方式

物品購入契約や請負契約等の契約の種類に応じた予定価格作成方式の解説です。予定価格は主に市場価格方式と原価計算方式により作成します。カタログ製品などを購入するときは市場価格方式です。請負契約などの人件費を主とする積算は、原価計算方式です。
2018.11.14
スポンサーリンク
会計法令の解説

予定価格を教えてと言われたときの正しい対応方法、秘密にする理由

開札場所に置く予定価格 入札した後に行う開札では、落札の基準価格として予定価格が必要になります。予定価格の範囲内で落札決定となります。 手続きの流れは次のとおりです。 入札公告(仕様書等)→ 入札 → 開札...
2018.11.07
契約手続き

パソコンを購入する契約手続を実例で学ぶ、仕様書作成や入札手続き等

契約手続きの流れと手順を実例で解説します。官公庁の契約手続きで一番多い購入契約の手続きです。仕様書の作成から入札や開札、契約書の取り交わしなどを簡単に説明します。パソコンを20台購入するケースで総額280万円の契約手続きです。
2018.09.04
予定価格

予定価格の役割と必要性、契約方式を決定する根拠法令と落札基準価格

官公庁が作成する予定価格の役割と根拠法令の解説です。予定価格は作成に大変手間のかかる書類です。予定価格は契約方式の判断基準として、また、入札の際の落札基準価格としての役割があります。
2018.09.04
予定価格

契約実務担当者に潜む危険を正しく知る、予定価格を作成するときの誘惑

官公庁の契約実務担当者が実施する入札手続きに潜む危険性の解説です。特に、大規模な入札では、予定価格に関する情報を得ようとする誘惑が多くなります。予定価格漏洩と贈収賄、さらに談合、これらの危険から身を守るための方法です。
2018.09.04
予定価格

予定価格を秘密にする理由と根拠法令、開札の結果から談合を知る方法

予定価格を秘密にする根拠法令と理由を詳しく解説します。官公庁が実施する入札では、開札の際に予定価格を落札基準価格とします。予定価格が事前に漏洩していたケースや事前に予定価格を公開するときのメリットの詳しい説明です。
2018.09.04
随意契約

予定価格を超えた随意契約は可能か、見積金額が予定価格を超えたとき

予定価格を超えた随意契約は可能なのか詳しく解説します。入札では、落札決定の基準価格として予定価格が必要です。通常は自動落札方式で公正に契約の相手方を決定します。随意契約で見積金額が予定価格を超えたときの具体的な対処方法の解説です。
2018.09.04
契約手続き

仕様書の作成で注意すべきポイント、仕様書・予定価格同一の原則とは

仕様書を作成するときに注意したいポイントの解説です。官公庁が実施する入札などの契約手続きで、最初に作成する書類が仕様書です。仕様書は契約金額に直接影響します。仕様書に基づいて予定価格や入札書が作成されます。確認すべき内容を具体例で解説します。
2018.09.04
予定価格

予定価格の端数処理を正しく理解、1円未満や千円未満の端数切捨て

契約実務担当者が予定価格を作成するときに悩むのが端数処理の方法です。1万円未満を切り捨てるのか、1円未満を切り捨てるのか、あるいは法令で端数処理が定められているのか、これらの疑問を解決します。端数処理の計算を実例で解説します。
2018.09.04
スポンサーリンク