再度公告入札

スポンサーリンク
会計法令の解説

「再度公告入札」をわかりやすく解説、入札者や落札者がない場合とは

官公庁が実施する入札手続き「再度公告入札」についての解説です。入札者や落札者がないときは、入札公告の掲載期間を短縮して、入札手続きを実施できます。「再度公告入札」になるケース、その根拠法令、「再度入札」との違いをわかりやすく解説します。
2020.01.31
会計法令の解説

「再度入札」の回数制限について、「再度公告入札」との違いに注意

官公庁が実施する「再度入札」の解説です。具体例でわかりやすく説明します。開札の結果、予定価格を超えたときに「再度入札」を実施します。回数制限については、地方公共団体は明確に規定しているところが多いです。一般的には3回目で判断します。
2020.01.31
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました