民法

スポンサーリンク
会計法令の解説

「契約書」を必要とする根拠法令、150万円以下なら省略可能

「契約書」の作成要否や、記載事項についての解説です。国が契約を締結するときは、契約の相手方へ「契約書の要否」について、事前に明示しなければなりません。契約書の省略は150万円以下なら可能ですが義務ではありません。根拠法令の説明です。
2019.09.27
会計法令の解説

「契約書」の作成を省略できる場合とは、民法と異なる契約成立日

「契約書の省略」と「契約成立日」についての解説です。国を当事者とする契約は、原則として「契約書」の作成が義務付けられています。例外として150万円以下のときに省略できます。また、契約成立日は、口頭のみで契約が成立する民法と異なります。
2019.08.29
基礎知識

「請負契約」と「委託契約」の違いを正しく理解、印紙税法の広い概念

契約手続きで判断に迷う「請負契約」と「委託契約」の解説です。「請負契約」は、仕事を完成させることが代金支払いの条件です。「委託契約」は、民法上の準委任に該当し完成品は必要ありません。何かの業務を代わりに行ってもらう契約です。
2019.03.13
会計法令の解説

初めて契約書を取り交わすときの基礎知識、民法と会計法の契約成立日

官公庁が締結する契約は、契約の成立時期が民法と異なります。民法では契約の申し込みに対して承諾すれば契約が成立します。しかし官公庁が民間会社等と契約書を取り交わすときは、当事者が記名押印しなければ契約は確定しません。会計法第二十九条の八の解説です。
2019.02.15
基礎知識

物品の売買契約で所有権が移転する時期、給付の完了の確認検査

物品の購入契約で所有権が移転する時期についての解説です。所有権については明確な法令が存在しません。民法や会計法令の中にも所有権の移転時期を定めた条文がありません。過去の判例等から考えられている所有権移転時期について説明します。契約実務の参考情報です。
2018.11.07
スポンサーリンク