民法

スポンサーリンク
会計法令の解説

あれ?「契約書」は必要だった?知らないと恥ずかしい根拠法令

「契約書」の作成要否や、記載事項についての解説です。国が契約を締結するときは、契約の相手方へ「契約書の要否」について、事前に明示しなければなりません。契約書の省略は150万円以下なら可能ですが義務ではありません。根拠法令の説明です。
2020.05.01
会計法令の解説

どういうこと?「契約成立日」が民法と違う?「契約書」の省略

「契約書の省略」と「契約成立日」についての解説です。国を当事者とする契約は、原則として「契約書」の作成が義務付けられています。例外として150万円以下のときに省略できます。また、契約成立日は、口頭のみで契約が成立する民法と異なります。
2020.04.24
会計法令の解説

えっ?会計法は、民法に違反しているの?「契約成立日」が微妙に違う

官公庁が「契約書」を取り交わすときの「契約成立日」の解説です。民法では「契約の申し込み」に対して「承諾」すれば契約が成立します。しかし官公庁が締結する契約は、民法と微妙に違います。民法よりも厳しい会計法第二十九条の八の解説です。
2020.04.23
基礎知識

知らなくても実害はありません?「請負契約」と「委託契約」の違い

契約手続きで判断に迷う「請負契約」と「委託契約」の解説です。「請負契約」は、仕事を完成させることが代金支払いの条件です。「委託契約」は、民法上の準委任に該当し完成品は必要ありません。何かの業務を代わりに行ってもらう契約です。
2020.04.03
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました