旅費

会計法令の解説

概算払ができる理由は予決令第五十八条で限定列挙、旅費など

概算払いは限定されている 予算決算及び会計令 第五十八条  会計法第二十二条 の規定により概算払をすることができるのは、次に掲げる経費に限る。ただし、第三号から第六号までに掲げる経費について概算払をする場合においては、各省各庁の長は、財務...
2018.09.04
給与謝金

海外で講演する日本人への謝金は注意、旅費まで源泉徴収で損する

国際シンポジウムの源泉徴収 海外で開催する国際シンポジウムで、日本の研究者に対して講演を依頼し、謝金と海外旅費を支払うケースがあります。 このときに、注意したいのが所得税の源泉徴収です。 謝金と一緒...
2018.09.04
出張旅費

民間企業が負担する旅費で知っておくべきこと、癒着や利益相反に注意

教授の出張旅費を民間企業が負担 国立大学の教員や研究者が、民間企業の研究者との打ち合わせで、出張することがあります。 この時、出張旅費を、民間企業が負担することの是非について、解説します。 通常は、...
2018.09.04
出張旅費

宿泊料不要なら減額調整が必要、自宅や知人宅に宿泊したときの旅費

宿泊料の調整 国家公務員等の旅費に関する法律(旅費法)では、宿泊料の調整について、根拠となる条文はありますが、具体的な処理方法までは定められていません。 根拠となる条文は、次のとおりです。 国家公務員等の旅費に関する法律 (旅費...
2018.09.04
給与謝金

謝金の源泉徴収で判断に迷ったとき、旅費は源泉徴収の対象かどうか

謝金と旅費の源泉徴収 謝金と一緒に旅費や交通費を支払う場合は、旅費と交通費部分に対しても源泉徴収が必要です。 国税庁 タックスアンサーより抜粋 大学教授などに講演料を支払うときは、報酬・料金等と...
2018.09.04
出張旅費

出張旅費を請求するときのポイント、旅費についての基本的な知識

旅費請求の基本的なポイントの解説です。公務員等が出張するときは旅費の請求手続きが必要です。提出が必要な書類や公務かどうかの判断をくわしく説明します。旅費の不正使用を疑われないために必須の知識です。特に日当は昼食代と覚えておきましょう。
2018.11.07
給与謝金

源泉徴収は謝金と旅費の合算、ホテルや旅行会社へ直接支払が必要

謝金と旅費を支払うときの源泉徴収 外部の先生へ講演などを依頼し、そのお礼として謝金と交通費(旅費)を支払うときは、源泉徴収が必要です。 注意が必要な点は、多額の旅費(交通費、日当、宿泊料)を謝金と一緒に、本人へ支...
2018.11.07
出張旅費

旅費法上の日当は昼食代、学会参加費に昼食代が含まれるなら減額調整

旅費法上の「日当」を正しく理解するための解説です。旅費法(国家公務員等の旅費に関する法律)の「日当」は「昼食代と交通費・雑費」です。労働に対する報酬や慰労としての「手当」とは全く違うので勘違いしてしまうことがあります。
2018.11.07
スポンサーリンク