旅費

スポンサーリンク
給与謝金

源泉徴収は「謝金と旅費」の合算、ホテル等への直接支払のみ除外

「謝金」を支払うときの注意点です。外部から専門家を招いて講演を依頼し、謝金を支払うときは、注意が必要です。旅費・交通費の部分に対してまで「源泉徴収」されてしまいます。判断に迷ったときは、必ず、最寄の税務署へ尋ねましょう。
2019.11.21
出張旅費

正しい「旅費」の請求手続き、「旅費法」のポイントを理解する

「旅費請求」についての解説です。公務員等が出張するときは、旅費の請求手続きが必要です。提出が必要な書類や、公務出張かどうかの判断をくわしく解説します。旅費の不正使用を疑われないためにも必須の知識です。日当は、「昼食代」と覚えましょう。
2019.11.06
給与謝金

「謝金」の「源泉徴収」で判断に迷ったとき、「旅費」なども対象

「講演謝金」を支払うときの「源泉徴収」についての解説です。外部の専門家に対して講演を依頼し、謝礼として「謝金」を支払うことがあります。謝金と併せて「旅費や交通費」を支払うときは源泉徴収が必要です。忘れないように注意しましょう。
2019.11.01
出張旅費

「年度をまたぐ出張旅費」を「科研費」で支払うときの注意点

海外への出張旅費を、科研費で支払うときに注意したい点です。科研費(補助金)は単年度予算のため、年度をまたぐ支出が認められていません。旅費法では、一定の条件を満たせば、前年度予算から支出可能ですが、科研費は適用されません。
2019.09.18
出張旅費

出張で「旅費請求」するときに「必要な書類」をわかりやすく解説

公費による「出張手続き」の解説です。旅費請求に必要な書類をわかりやすく解説します。出張者本人だけでなく、旅行会社の営業担当者にも役立つ内容です。官公庁が旅費を支給するときは、旅行会社が作成する「見積書」や「行程表」、「領収書」の提出が必要です。
2019.09.13
出張旅費

学会参加費を支払うときの注意点、旅費の「日当」との二重請求を理解

旅費法上の「日当」を正しく理解するための解説です。旅費法(国家公務員等の旅費に関する法律)の「日当」は、一般的に理解されている「手当」とは異なり「昼食代と交通費・雑費」です。労働に対する報酬や謝礼的な「手当」とは違います。
2019.02.21
出張旅費

公務員の旅費で宿泊料を減額調整するとき、実家や知人宅に宿泊したとき

実家や知人宅に宿泊したときの旅費についての解説です。公務員の旅費法では宿泊料は定額支給です。夜数に応じて支給されます。実際に宿泊施設を利用しないときも宿泊料が支給されます。しかし、知人宅等へ宿泊したときは、宿泊料の減額調整が必要です。
2018.12.25
出張旅費

研究者の学会参加費と出張旅費で注意すべきこと、日当と昼食代の重複

学会参加費と出張旅費の会計手続きの解説です。研究者が研究成果を発表する学会へ参加するとき、参加費に食事代が含まれることがあります。海外の学会では夕食代まで含む参加費もあります。旅費として食事代が支給されているときは減額調整が必要です。
2018.12.12
出張旅費

公務による出張と公私混同のリスク、家族旅行で旅費を受領する倫理感

出張と家族旅行を一緒にするリスクの解説です。官公庁が旅費を支払うのは公務による出張に限られます。出張と家族旅行の日程が重なるときは注意が必要です。家族旅行と出張の区別は本人しかわかりません。第三者が見たときに疑惑を持たれます。
2018.11.26
会計法令の解説

概算払ができる理由は予決令第五十八条で限定列挙、旅費など

概算払いは限定されている 予算決算及び会計令 第五十八条  会計法第二十二条 の規定により概算払をすることができるのは、次に掲げる経費に限る。ただし、第三号から第六号までに掲げる経費について概算払をする場合においては、各省各庁の長は、財務...
2018.09.04
スポンサーリンク