旅費

スポンサーリンク
給与謝金

「謝金」を支払うときの注意点、旅費にも「源泉徴収」が必要な理由

「講演謝金」を支払うときの「源泉徴収」についての解説です。外部の専門家へ講演を依頼し、謝礼として「謝金」を支払うことがあります。謝金と一緒に「旅費・交通費」を支払うときは源泉徴収が必要です。源泉徴収を忘れないように注意しましょう。
2021.03.22
出張旅費

みんな勘違いしてる旅費法の「日当」?学会参加費との二重払いに注意

旅費法の「日当」についての解説です。旅費法(国家公務員等の旅費に関する法律)での「日当」は、一般的に理解されている日当(手当)とは異なります。旅費法の日当は、「昼食代と交通費・雑費」です。労働に対する報酬や謝礼的な「手当」とは違います。
2021.02.09
出張旅費

旅費予算の正しい使い方、「出張が重なる」ときの区分方法

旅費予算を正しく区分する方法です。他機関から依頼され、出張途中に、別の出張を行うことがあります。出張が重なったときに、どのように旅費を支給すればよいか、わかりやすく解説します。政府系の旅費予算では、用務ごとに、明確に区分する必要があります。
2021.02.02
スポンサーリンク
出張旅費

「研究者」なら理解してないと大変なことに!「学会参加費」と「旅費」

「学会参加費」と「出張旅費」についての解説です。研究成果を発表する学会へ参加するとき、学会参加費に食事代が含まれていることがあります。特に海外で開催される学会では、昼食代や夕食代を含むことが多いです。出張旅費を請求するときの注意点です。
2021.01.23
出張旅費

「私事用務を含む出張」は認められる?旅費の公私混同を防ぐには

私事のために滞在する旅行先から、そのまま出張するときの旅費についての解説です。プライベートな旅行先が、出張先に近いときは、旅行先から出張する方が便利です。これらの「私事用務を含んだ出張」については、公私混同を避ける意味で、注意が必要です。
2021.01.16
出張旅費

「旅費担当」の必須知識! 「日当」を減額するケースのまとめ

旅費は、交通費+日当+宿泊料で計算します。このうち日当と宿泊料は、単価が定められています。しかし日当を全額支払ってしまうと、ミスしてしまうことがあります。「日当を減額しなければならないケース」を、わかりやすくまとめました。
2021.01.16
出張旅費

これで「旅費事務」を効率的に学ぶ!官公庁の旅費関係法令の一覧

「旅費事務」を学びたいときは、基本法令を把握すると効率的です。国や地方自治体の旅費関係法令の一覧を記載してます。旅費の事務手続きは、とても複雑です。基本法令を理解し、ケースバイケースで判断して事務手続きを進めていくことになります。
2021.01.16
科研費

間違えやすい「科研費」の使い方、「旅費」のルールを正しく知る

科研費で旅費を支払うときのルールについての解説です。科研費は、研究費の中でも制約が多いです。ものすごい数のルールがあり、すべてを理解している人はいません。そこで、「旅費」に絞って解説します。研究者や事務担当者に必須の知識です。
2021.01.16
出張旅費

間違えやすい「最も経済的な通常の経路及び方法」旅費の原則

旅費の中で、交通費を計算するときの基本的な考え方です。旅費は、交通費と日当・宿泊料から構成されます。日当と宿泊料は定額です。しかし交通費は、経路や方法によって金額が大きく変わります。交通費を計算するときの考え方を理解しておくことが大切です。
2021.01.16
出張旅費

旅費担当なのに交通費がわからない!新幹線など急行料金の判断

旅費計算に必要な交通費のうち、鉄道賃についての解説です。旅費法で定めている運賃や急行料金などの解説です。旅費担当になって最初の頃は、「新幹線料金」がどれに該当するのかわかりません。また急行料金が支給できる距離数の判断がむずかしいです。
2021.01.16
出張旅費

知ってた?「旅行命令」と「旅行依頼」の違い、旅行命令権者とは

「旅行命令」と「旅行依頼」の違いについての解説です。旅費担当の基礎的な知識です。正確に区分できるよう理解しておくことが大切です。国家公務員を対象として旅費法と、都道府県で定めている条例との比較も行いました。正確に理解しておくと安心です。
2021.01.16
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました