少額随意契約

スポンサーリンク
随意契約

見積もり合わせが省略できる基準額、1社のみの見積書で良いか?

事務簡素化、業務効率化の観点からすれば、見積もり合わせも省略したいものです。競争入札を簡略化した見積もり合わせも手続きに時間がかかります。見積もり合わせを省略する場合の根拠法令、1社のみの見積書の可否について解説します。
2021.08.03
契約手続き

一般競争入札と随意契約を判断する手順、契約方式を決定する方法

一般競争入札にするか、随意契約とするか、官公庁が契約方式を判断する手順です。最初に予決令99条が適用できる少額随意契約に該当するか検討します。少額随意契約に該当しないときは、競争性がない随意契約の場合を除き、一般競争入札になります。
2021.08.01
随意契約

分割発注で少額随意契約は可能?分割発注が問題ないケースとは

分割契約についての解説です。官公庁の契約手続きは、一定金額以上は競争入札です。しかし競争入札は煩雑な手続きが必要になります。事務簡素化を目的にした少額随意契約なら簡単に手続き可能です。契約金額を分割して少額随意契約が可能か解説します。
2021.07.27
随意契約

なぜ随意契約できるのか、随意契約を判断する4つの条件とは

随意契約は、官公庁が民間企業と契約を締結するときに、相手方を選ぶ契約方式の例外手続きです。官公庁の契約方式は競争入札が原則です。随意契約は競争入札よりも大幅に手続きを簡略化できます。随意契約を選択するときの判断方法、根拠法令を簡単に解説します。
2021.07.27
契約手続き

少額随意契約の事務手続きを簡単に把握する、根拠法令と必要書類

官公庁の契約手続きで一番多い少額随意契約についての解説です。少額随意契約の根拠法令、手続きの流れ、必要書類を簡単に把握しましょう。仕様書の作成から見積もり合わせ、決裁手続きまでの一連の流れです。
2021.07.26
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました