少額随意契約

スポンサーリンク
随意契約

そもそも「随意契約」って、何のためにあるの?主な4つのケース

随意契約についての簡単な説明です。官公庁が民間会社等と契約を締結するときに、相手方を決定するための契約方式は、競争契約(入札)と随意契約の2つに分けられます。そして、随意契約という契約方式を採用する際の判断基準は、主に4つのケースです。
2021.01.25
契約手続き

どうやって「入札」と「随意契約」を判断するか、この手順で判別

官公庁の契約手続きで「入札」と「随意契約」を判断する手順の解説です。最初に予決令99条が適用できる「少額随意契約」に該当するか判断します。「少額随意契約」に該当しないときは、「競争性がない」場合を除き「入札」手続きになります。
2021.01.16
随意契約

その「随意契約」危ないですよ?「分割発注」じゃないですか?

「少額随意契約」についての解説です。入札手続きが大変なため、すぐに契約したいときに「分割発注」が思い浮かびます。しかし、入札手続きを逃れるために、分割して「少額随意契約」を締結してはなりません。違法になります。必ずバレてしまいます。
2021.01.15
契約手続き

官公庁で9割以上を占める「少額随意契約」の手順を簡単に知る

官公庁の契約手続きで一番多い「少額随意契約」の流れについての解説です。正しい契約手続きを行うためには根拠法令の理解と、おおまかな処理手順をイメージすることが大切です。仕様書の作成から「見積もり合わせ」や決裁手続きまでを説明します。
2021.01.15
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました