PR

勉強

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
初心者向け

実務で役立つ!会計法令の勉強テクニック

官公庁の会計実務における「会計法令勉強方法」の効果的なアプローチを紹介。このガイドでは、法令の基本から実務への応用、書類作成の効率化、予算と法令の関係など、初心者でも理解しやすい方法で会計法令の学び方を解説します。実務に即した法令の適用と理解の重要性に焦点を当て、公務員や営業担当者が実務で直面する課題を解決するための知識とスキルを提供します。
給与謝金

社会保険手続きの落とし穴:ミスしやすい部分とその対処法

社会保険の手続きでミスしやすい部分を徹底解説!この記事では、社会保険手続きにおける一般的なミス、特別なケースでの注意点、効率的な進め方のヒントを提供します。人事担当者や給与担当者が直面する課題を解決し、スムーズな手続きを支援します。
予定価格

予定価格を秘密にする理由、予定価格が漏洩したときの入札例とは

官公庁が、なぜ予定価格を秘密にするのか、根拠法令や秘密にする理由をわかりやすく解説します。競争入札では、開札の際に予定価格を落札基準価格とします。予定価格が事前に漏洩した入札例や、事前に予定価格を公表するメリット・デメリットです。
その他

仕事のトラブル続きを乗り越える!心の健康とストレス軽減の実践方法

仕事のトラブル続きが心の健康に与える影響と、そのストレスを軽減するリラクゼーション方法を詳しく解説。心の健康を維持するための具体的な対策を紹介します。
予定価格

予定価格と予定価格調書の違いとは、契約実務担当者の必須知識

予定価格と予定価格調書の違いについての解説です。官公庁の契約方式は、予定価格により判断します。一般的には100万円以下の契約では、予定価格調書の作成を省略できます。しかし競争入札と随意契約を判断するために用いる予定価格は省略できません。
随意契約

予定価格を超えた随意契約は可能?入札では落札上限価格のため違法

予定価格を超えた随意契約は可能でしょうか?一般競争入札では、予定価格を超えていれば再度入札になります。再度入札でも落札しなければ入札不調になってしまいます。予定価格を超えて契約できません。では随意契約のときは、どう対応すべきでしょうか。
その他

仕事がわからなくて不安なときの解決策!仕事を効率的に覚えるコツ

仕事がわからないと不安です。初めて担当する仕事を効率的に覚える方法です。新人や人事異動で新しい仕事を担当する人にとっては、毎日が不安だらけです。知らない仕事ばかりで悩みます。誰もが通過する試練とわかっていてもツライものです。
その他

公務員から民間への転職ガイド:経験を活かすスキルと成功の秘訣

公務員としての安定した生活を捨て、新たな風を求める転職。しかし、果たして民間企業は公務員経験をどう評価するのか?そして、そのスキルは活かせるのか?この疑問を持つ方は多いことでしょう。本記事では、公務員からの転職における市場の評価、活かせるスキル、そして実際に転職を成功させた方の生の声を紹介します。
その他

仕事の引き継ぎに不安を感じるのは自然:不安を解消するポイント

人事異動で新しい仕事を担当するときは、とても不安になります。前任者と同じように仕事ができるだろうかと気になってしまいます。前任者からの引き継ぎを受けたとしても、すぐに仕事ができるようになりません。仕事の不安を和らげる方法です。
会計法令の解説

会計法令を読む時間は無駄かもしれない?それより早く書類を作る

官公庁の会計実務は、法令に基づいて手続きを進めます。しかし日常の書類作成は、法令を知らなくても困りません。過去の書類をマネすれば作れますし、上司に聞けば教えてくれます。しかし会計法令を知っていれば、さまざまなメリットが生まれてきます。
基礎知識

会計法令をマスターするコツ、辛い毎日が楽しくなる勉強方法

 官公庁の会計実務は、法令を理解していなくても困りません。過去の書類を真似すれば作れます。しかし会計法令を理解していないと、書類の作り方がわからず、仕事が遅れ、悩むことになります。会計法令をマスターすれば、余裕が生まれ毎日が楽しくなります。
予定価格

予定価格を作成する前に集めておきたい資料、予定価格を作るコツ

予定価格を作成するときは、定価表やカタログなど様々な資料が必要です。予定価格を作成するために必要な資料を事前に準備しておけば、効率的に予定価格を作成できます。売買契約と役務契約を例にして、予定価格を作る前に集めておきたい書類をまとめました。
予定価格

予定価格で悩むのは自分だけじゃない!予定価格を作れる贅沢を味わう

官公庁の契約手続きに必要な予定価格は、実際に作った人にしか大変さがわかりません。予定価格を作るときは、ひとつひとつの金額に根拠が必要です。なぜその金額を妥当と考えて設定したのか、根拠資料や金額の算出方法を明確にしなければならないのです。
スポンサーリンク