入札

スポンサーリンク
契約手続き

「入札手続き」を簡単に知りたいとき、作成書類と手続きの手順

「入札手続き」を実例で解説します。官公庁の契約で一番多い「購入契約」の手続き例です。仕様書の作成から、入札や開札、契約書の取り交わしなどを簡単に説明します。パソコンを20台購入する想定で、総額280万円の入札手続きの解説です。
2019.10.04
随意契約

「随意契約」が不正になる「分割発注」とは、入札手続きとの比較

「入札手続き」を避ける意図で、分割して「随意契約」を締結したり、架空工事を行うことは「不正」です。なぜ入札手続きを避けようとしたのか、随意契約によるメリットは何なのか、「入札」と「随意契約」の比較について解説します。
2019.09.30
契約手続き

官公庁が「入札」を原則としている法的根拠、「国際入札」の考え方

官公庁の「契約方式」についての解説です。原則は「入札」です。国は会計法、地方公共団体は、それぞれの規則で契約金額によって契約方式を定めています。大規模な契約では「国際入札」が必要になります。「一連の契約」「同種の契約」の解説です。 契約方...
2019.09.17
スポンサーリンク
会計法令の解説

「入札保証金」を免除できるケースを正しく理解、根拠法令の解説

「入札保証金」についての解説です。国が実施する入札手続きでは、原則として「入札保証金」を納付することになっています。しかし、ほとんどの入札では「全省庁統一資格」を参加条件としているので「免除」になります。根拠法令をくわしく解説します。
2019.09.05
会計法令の解説

入札手続きに潜む「名刺1枚」のリスクとは、公正・公平な手続きに必須

入札手続きの解説です。入札説明書を渡すときは「名刺」と引き換えに渡すことが重要です。入札関係書類の修正、開札日の参加状況などを事前に確認し、公正・公平な手続きを実施しなければなりません。「名刺」1枚を忘れ、泥沼状態になることがあります。
2019.08.27
入札

「入札」を実施するとき、実務担当者に知ってもらいたい「競争」

「正しい競争」についての解説です。不当な利益を得る「談合」は、入札に絡む典型的な不正事件です。しかし、過度な価格競争を防止するための「必要悪」とまで言われてます。競争原理がもたらず弊害や格差社会についての解説です。
2019.07.30
随意契約

「随意契約」のわかりやすい解説、「随意契約理由書」の必要理由

「競争性のない随意契約」について、わかりやすく解説します。「随意契約理由書」が必要な理由、随意契約の根拠法令の説明です。官公庁の契約手続は、「一般競争入札」が原則です。例外として「指名競争入札」と「随意契約」が認められています。
2019.07.24
契約手続き

「入札」か「随意契約」か、重要な「契約方式」を判断する手順

官公庁の契約手続きで「入札」と「随意契約」を判断する手順の解説です。最初に予決令99条が適用できる「少額随意契約」に該当するか判断します。「少額随意契約」に該当しないときは、「競争性がない」場合を除き「入札」手続きになります。
2019.07.23
会計法令の解説

一般競争入札に参加させないことができる、予決令第七十一条の解説

競争入札に参加する資格についての解説です。参加資格の根拠法令は3つあります。予算決算及び会計令の第70条、第71条、第73条です。今回は第71条の「一般競争に参加させないことができる」具体例を説明します。契約実務担当者に必須の知識です。
2019.07.09
会計法令の解説

初めて入札公告を作成するときの注意点、根拠法令を正確に理解

入札公告の作成についての解説です。官公庁の契約実務担当者が、一般競争入札を実施するときに必須の知識です。入札公告は一般公開され、多数の人が目にします。入札公告の記載事項は、会計法令で決められています。具体例でくわしく解説します。
2019.07.04
スポンサーリンク