入札

スポンサーリンク
基礎知識

一般競争入札では適正な利益が確保できない、価格競争とデフレ経済

経済成長率が 0 %というデフレ経済の中で、利益を無視した価格競争は、中小企業を倒産に追い込むものです。大企業だけが勝ち、経済格差が拡大します。過度の価格競争は、健全な経済の発展を阻害するものです。中小企業も契約できるよう公平にすべきです。
2021.09.18
随意契約

随意契約が災害対策や景気対策に有効、随意契約を超法規的に活用

災害対策や景気対策に有効な随意契約の解説です。2013年10月現在、長期間のデフレ不況と東日本大震災による未曾有の災害で、国民生活が疲弊しています。補正予算による財政出動で早く事業を実施すべきです。超法規的な随意契約なら効果が高いです。
2021.09.15
会計法令の解説

一般競争入札への参加資格をさらに絞り込むとき、4つの参加資格とは

官公庁が実施する一般競争入札へ参加するための資格についての解説です。国が実施する入札では、全省庁統一資格が必要です。さらに契約の内容が特殊で追加で条件を制限することもあります。入札への参加資格を絞り込むときは最少限の条件とします。
2021.09.11
スポンサーリンク
会計法令の解説

入札公告の記載事項とは、会計法令で入札公告は決められている

入札公告の作成についての解説です。官公庁の契約実務担当者が、一般競争入札を実施するときに必須の知識です。入札公告は一般公開され、多数の人が目にします。入札公告の記載事項は、会計法令で決められています。具体例でくわしく解説します。
2021.09.10
会計法令の解説

公平公正な入札手続きとは、開札時の入札金額発表、仕様書の変更連絡

官公庁が実施する一般競争入札は、公平・公正でなければなりません。競争入札の開札を例にして、公平性と公正性をわかりやすく解説します。また入札関係書類を配布するときに、名刺をもらい忘れると大変です。仕様書の修正は全員へ伝えなければなりません。
2021.09.08
随意契約

分割発注で少額随意契約は不正!少額随意契約のメリットはコスト削減

手間のかかる一般競争入札を避けるために、少額随意契約として分割発注すれば不正です。本来、少額随意契約は事務簡素化が目的です。一般競争入札と比較してもコスト削減効果は高いです。過度の事務負担が不正の原因であるなら規則自体を見直すべきです。
2021.08.29
入札

開札会場の設営方法とは、実際に入札するときの会場設営方法

開札会場の設営方法です。官公庁が実施する入札は、公平・公正でなければなりません。開札当日に会場までの道順がわからず迷子になったりすれば、大きなトラブルになります。開札会場の設営方法をわかりやすく解説します。
2021.08.26
入札

総合評価落札方式が危険な理由とは、スパコンなどに限定されるべき

総合評価落札方式についての解説です。官公庁が実施する入札は価格競争が原則です。しかしスーパーコンピューターのように性能が最優先される場合には、金額だけでなく性能を評価に加えることができます。しかし総合評価落札方式は限定的に使うべきです。
2021.08.26
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました