入札

スポンサーリンク
契約手続き

「入札」か「随意契約」か、重要な「契約方式」を判断する手順

官公庁の契約手続きで「入札」と「随意契約」を判断する手順の解説です。最初に予決令99条が適用できる「少額随意契約」に該当するか判断します。「少額随意契約」に該当しないときは、「競争性がない」場合を除き「入札」手続きになります。
2019.07.23
会計法令の解説

一般競争入札に参加させないことができる、予決令第七十一条の解説

競争入札に参加する資格についての解説です。参加資格の根拠法令は3つあります。予算決算及び会計令の第70条、第71条、第73条です。今回は第71条の「一般競争に参加させないことができる」具体例を説明します。契約実務担当者に必須の知識です。
2019.07.09
会計法令の解説

初めて入札公告を作成するときの注意点、根拠法令を正確に理解

入札公告の作成についての解説です。官公庁の契約実務担当者が、一般競争入札を実施するときに必須の知識です。入札公告は一般公開され、多数の人が目にします。入札公告の記載事項は、会計法令で決められています。具体例でくわしく解説します。
2019.07.04
スポンサーリンク
営業担当

入札に参加する方法をわかりやすく解説、入札情報を簡単に探す方法

官公庁の入札へ参加する方法の解説です。入札に参加するメリットや入札情報の探し方、落札情報から戦略的に入札する方法などを、発注者である官公庁の契約実務経験を基に記載してます。民間会社の営業担当者向けの解説です。
2019.06.28
随意契約

随意契約を繰り返すときに注意したいこと、競争性を確保した手続き

官公庁が特定の会社と締結する随意契約は、社会的に批判を受けることが多いです。特に、特定の会社と随意契約を繰り返すことは「業者との癒着」を疑われ、大きな問題になることがあります。随意契約を繰り返すことの問題点について解説します。
2019.06.04
会計法令の解説

指名競争入札のリスクを正しく理解する、一般競争入札の方が安全

指名競争入札を実施するときに注意したい点です。一般競争入札とは異なり、あらかじめ数社を選定し指名通知を送付します。会社を選んだ理由は、明確にしておく必要があります。
2019.05.17
入札

これから入札(開札)を実施するとき、正しい入札会場の設営方法

入札会場の正しい設営方法です。官公庁が実施する入札は、公平・公正でなければなりません。入札当日に、会場までの道順がわからず迷子になったりすれば大きなトラブルになります。入札会場の設営方法を具体的に解説します。
2019.05.15
契約手続き

談合や贈収賄事件を撲滅する方法、「透明契約・透明入札制度」

官公庁の契約手続きに関連した贈収賄や談合事件を、完全に撲滅する方法です。現在の会計法令に基づく契約手続きでは、残念ながら不正事件をなくせません。ブラックボックス部分が存在するからです。不正を排除する「透明契約・透明入札制度」の解説です。
2019.05.08
会計法令の解説

官公庁の入札に必要な4つの資格とは、予決令第七十三条の解説

官公庁が実施する入札へ参加するための「資格」についての解説です。入札に参加する条件は、一般的に「全省庁統一資格」が必要です。契約の内容が特殊で、さらに追加で参加条件を制限するときの解説です。参加資格を絞り込むときは最少限の条件とします。
2019.04.26
随意契約

随意契約を拡大して災害対策と景気対策を、今こそ超法規的な政策

災害対策や景気対策に有効な随意契約の解説です。2013年10月現在、長期間のデフレ不況と、東日本大震災による未曾有の災害で、国民の生活が疲弊しています。補正予算による財政出動で、1日も早く事業を実施することが重要です。
2019.04.05
基礎知識

入札担当者に知ってもらいたい心構え、競争原理だけではダメ

適正な利益を確保した入札手続きについての解説です。現在(2013年10月)、経済成長率が0%というデフレ経済の中で、適正な利益を無視した民間企業の競争が、経済の発展に役立つのか解説します。過度な競争による企業の疲弊についての説明です。
2019.04.03
随意契約

随意契約のメリットを簡単に知りたい、入札は10倍の手続きが必要

随意契約のメリットを正しく理解するための解説です。契約手続きについて「入札」と「随意契約」を比較すると、随意契約は、入札より10倍効率的です。実際の契約手続きを数値で比較して解説します。契約実務担当者しか知らない実際の手続きの比較です。
2019.03.27
スポンサーリンク