入札

スポンサーリンク
会計法令の解説

競争入札で開札のときに行う「くじ引き」とは、注意点と実例の解説

官公庁が実施する競争入札で、「くじ引き」を行うときの解説です。予定価格の範囲内で、入札金額が同じになったときは「くじ引き」で落札者を決定します。再度入札は実施しません。「くじ引き」の具体的な方法を解説します。稀ですが事前準備が安心です。
2020.01.31
会計法令の解説

「再度公告入札」をわかりやすく解説、入札者や落札者がない場合とは

官公庁が実施する入札手続き「再度公告入札」についての解説です。入札者や落札者がないときは、入札公告の掲載期間を短縮して、入札手続きを実施できます。「再度公告入札」になるケース、その根拠法令、「再度入札」との違いをわかりやすく解説します。
2020.01.31
会計法令の解説

「再度入札」の回数制限について、「再度公告入札」との違いに注意

官公庁が実施する「再度入札」の解説です。具体例でわかりやすく説明します。開札の結果、予定価格を超えたときに「再度入札」を実施します。回数制限については、地方公共団体は明確に規定しているところが多いです。一般的には3回目で判断します。
2020.01.31
スポンサーリンク
随意契約

「代理店証明書」による随意契約は注意が必要、競争性がない随意契約

「競争性のない随意契約」についての解説です。代理店証明書等により随意契約を締結するときは注意が必要です。代理店証明書は「競争性がない」という根拠になりません。販売店が複数存在するのであれば「入札」あるいは「見積り合わせ」が必要です。
2020.01.31
会計法令の解説

わかりやすい「随意契約」の解説、官公庁の契約方式を正しく理解する

「随意契約」についての解説です。簡単にわかりやすく説明します。競争入札の例外として「随意契約」が存在する理由、その根拠法令、契約方式を判断する手順の解説です。契約実務担当者にとっては基礎的な知識です。また営業担当者にも必須の知識です。
2020.01.31
営業担当

「同等品での入札」で注意すべき点、書類作成方法と「例示規格品」

同等品として「入札」するときの解説です。高額な契約(特定調達、政府調達)では「同等品」の入札が可能です。書類の作成方法と注意点を解説します。入札説明書や仕様書に「例示規格品」が記載してあれば、同等品よりも審査が簡単になります。
2020.01.31
会計法令の解説

指名競争入札における「不落随契」の可否、競争性の確保が重要

「不落随契」についての解説です。競争入札を実施したときに「入札者がいない」場合は、随意契約(不落随契)が可能です。しかし、指名競争入札のときは注意が必要です。指名したけど誰も参加しない状況は、指名基準が問題になることがあります。
2020.01.31
入札

「特定調達契約」制度の経緯、わかりやすい「政府調達に関する協定」

官公庁が実施する大規模な契約手続き「特定調達契約」についての解説です。国と地方公共団体等は、国際条約による「政府調達に関する協定」が適用されます。基準額を超える契約を検討するときには注意が必要です。制定経緯や基準額の推移などの解説です。
2020.01.31
基礎知識

落札結果から「談合」を疑う根拠、「落札率」が高くなる本当の理由

「落札率」と「談合」についての解説です。落札率が95%以上の入札は、談合の疑いがあると言われてます。しかし予定価格を作成するときは、取り引きの実例価格を調べるため、参考見積書を提出してもらいます。落札率100%は「適正な価格」とも言えます。
2020.01.31
予定価格

「仕様書」と「予定価格」を作成するときに必要となる書類の解説

「仕様書」と「予定価格」作成に必要な書類についての解説です。入札を実施するときに必要な「仕様書」と「予定価格」を効率的に作成するために、事前に準備しておきたい書類です。売買契約と役務契約を例にして、事前に集めておく書類を説明します。
2020.01.31
営業担当

入札へ参加するための「資格」を簡単に知りたい、自分で採点可能

各省庁が実施する入札へ参加するための「全省庁統一資格」の解説です。財務諸表と設立年月日がわかれば、自分で簡単に採点可能です。「全省庁統一資格」は、A~Dの等級がありますが、会社の規模を表すものです。等級の格付けを理解しておくと、有利です。
2020.01.31
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました