入札

スポンサーリンク
営業担当

入札へ参加する資格の解説、等級制限なら予定価格の範囲が公開!

官公庁が実施する競争入札へ参加するための「参加資格」についての解説です。参加資格を事前に取得しておいた方が断然有利です。A~Dの等級がありますが、会社の規模を表すものです。財務諸表と設立年月日がわかれば、自分で簡単に等級がわかります。
2021.04.20
会計法令の解説

指名競争入札よりも一般競争入札の方が安全!指名理由は大丈夫?

指名競争入札を実施するときの注意点です。一般競争入札と異なり、あらかじめ数社を選定し指名通知を送付します。しかし指名会社を選んだ理由について、後日問題になることがあります。もし選ぶ理由が明確でないなら、一般競争入札の方が安全です。
2021.04.14
契約手続き

官公庁の「入札手続き」をわかりやすく解説、実際の入札手順を理解!

官公庁の「入札手続き」を実例で解説します。契約手続きで一番多い「物品購入契約」の例です。仕様書の作成、予定価格の作成、入札や開札、契約書の取り交わしなどを、わかりやすく解説します。「入札手続きの概略」が理解できます。
2021.03.11
スポンサーリンク
契約手続き

「単価契約」をわかりやすく解説、必要とする理由や根拠法令

官公庁の「単価契約」についての解説です。なんとなく「単価で締結する契約」とイメージできると思います。しかし単価契約のくわしい内容は、意外と知らないことが多いです。なぜ単価契約が必要なのか、根拠法令は何なのか、通常の契約とどこが違うのか解説します。
2021.02.10
入札

「入札」なんて、やったことない、どうしよう!実際の手順を解説

官公庁が実施する「入札」についての解説です。「入札」を行うときの大まかな手順、「入札」と「見積もり合わせ」の違い、それぞれの根拠法令などを簡単にわかりやすく解説します。「入札」手続きは複雑で、契約締結までに2~3ヶ月必要です。
2021.02.10
随意契約

知らないと損する「随意契約」のメリット、入札より10倍も効率的

随意契約のメリットを正しく理解するための解説です。契約手続きについて「入札」と「随意契約」を比較すると、随意契約の方が、入札より10倍効率的です。実際の契約手続きを数値で比較して解説します。契約実務担当者しか知らない実際の手続きの比較です。
2021.02.06
入札

官公庁の入札とデフレ経済、過度の価格競争が社会を疲弊させる

適正な利益を確保した入札手続きについての解説です。現在(2013年10月)、経済成長率が0%というデフレ経済の中で、適正な利益を無視した民間企業の競争が、経済の発展に役立つのか解説します。過度な競争による企業の疲弊についての説明です。
2021.01.25
会計法令の解説

「名刺1枚」で大変なことに!「公正」と「公平」なんて考えない

入札手続きの解説です。入札説明書を渡すときは「名刺」と引き換えに渡すことが重要です。入札関係書類の修正、開札日の参加状況などを事前に確認し、公正・公平な手続きを実施しなければなりません。「名刺」1枚を忘れ、泥沼状態になることがあります。
2021.01.23
契約手続き

「仕様書の書き方」をわかりやすく解説、入札に必要な仕様書とは

官公庁の契約手続きに必要な「仕様書の書き方」です。入札を実施するときには必須の仕様書ですが、作成方法についての参考書は存在しません。そのため過去の書類を真似したり、悩みながら作成することになります。簡単に仕様書を作成できるよう解説します。
2021.01.16
契約手続き

「入札不調」と「不落随契」の違いとは、実務経験者が簡単に解説

「入札不調」と「不落随契」とは、どう違うのでしょう?どういう意味なのでしょうか? 「入札不調」と「不落随契」は似ているように思える言葉ですが、全く違います。根拠法令から問題点まで、契約実務担当者の視点から理解しやすいように解説します。
2021.01.16
入札

こんな「総合評価落札方式」は危ない!随意契約の「隠れ蓑」かも

総合評価落札方式についての解説です。官公庁が実施する入札は、価格競争が原則です。しかしスーパーコンピューターのように、性能が最優先される場合には、金額だけでなく性能などを評価に加えることができます。ところが使い方によって危険性もあります。
2021.01.16
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました