入札

基礎知識

落札結果から談合を疑う根拠とは、落札率が高くなる本当の理由を理解

落札率が95%以上の入札は、談合の疑いがあるのか解説します。落札率から談合を疑う報道があります。しかし予定価格を作成するときは、取り引きの実例価格を調べるため、参考見積書を提出してもらいます。落札率100%は適正な価格の方が多いのです。
2018.11.21
入札

意外と知らない入札の目的、1社入札の理由、問題視すると不正を誘発

1社入札は問題ではない 最近のマスコミ報道や会計検査院の指摘などで、官公庁などの公的組織が実施した入札の結果として、1社入札になることが問題であるかのような誤った考え方が多く見受けられるようになりました。(1社入札、1者入札、...
2018.11.20
契約手続き

入札と随意契約を判断する方法、予決令に基づく契約方式決定の流れ

入札か随意契約か、契約方式を判断する方法についての解説です。官公庁が契約方式を判断するための具体的な手順です。契約方式の原則は一般競争契約(入札)です。例外として指名競争契約と事務簡素化を目的とした随意契約が認められています。
2018.11.12
スポンサーリンク
会計法令の解説

一般競争入札が官公庁契約の原則、例外として指名競争と随意契約

原則は一般競争契約(公開入札) 契約手続の原則は、一般競争契約(不特定多数の者による入札)であることを法律で定めています。 会計法 第二十九条の三  契約担当官及び支出負担行為担当官(以下「契約担当官等」という...
2018.11.07
会計法令の解説

官公庁の入札へ参加するための4つの資格、予決令第七十三条は絞込み

官公庁が実施する一般競争入札への参加資格の解説です。入札に参加する条件として「全省庁統一資格」が用いられています。契約の内容が特殊で、全省庁統一資格の他に、さらに参加条件を求める特別な資格についての解説です。
2018.11.07
会計法令の解説

入札に参加させないことができる者とは、不正な行為を行なった者

競争に参加させない任意規定 予算決算及び会計令 第七十一条  契約担当官等は、一般競争に参加しようとする者が次の各号のいずれかに該当すると認められるときは、その者について三年以内の期間を定めて一般競争に参加させないことができる。その...
2018.11.07
会計法令の解説

全省庁統一資格の等級とは、ランクは会社の成績でなく規模を表す

全省庁統一資格 予算決算及び会計令 第七十二条  各省各庁の長又はその委任を受けた職員は、必要があるときは、工事、製造、物件の買入れその他についての契約の種類ごとに、その金額等に応じ、工事、製造又は販売等の実績、従業員の数、資本...
2018.11.07
会計法令の解説

入札で同価の場合くじ引きで落札者を決定、具体的な方法と実例

再度入札か、くじ引きか 予算決算及び会計令 第八十三条  落札となるべき同価の入札をした者が二人以上あるときは、契約担当官等は、直ちに、当該入札者にくじを引かせて落札者を定めなければならない。 2  前...
2018.11.07
会計法令の解説

随意契約は契約方式の例外的取扱い、一般競争契約(入札)が原則

少額随意契約 予算決算及び会計令 第九十九条  会計法第二十九条の三第五項 の規定により随意契約によることができる場合は、次に掲げる場合とする。 一  国の行為を秘密にする必要があるとき。 二  予定価格が二百五十万円を超え...
2018.11.07
営業担当

同等品で入札するときに注意すべき点、例示規格品で入札するメリット

同等品で入札するときの書類作成方法と注意点の解説です。入札説明書や仕様書に例示規格品が記載してあれば同等品よりも審査が簡単になります。同等品で技術審査に合格するための書類作成方法のコツを解説します。仕様の表記ミスのチェックが重要です。
2018.11.07
営業担当

入札に参加する方法をわかりやすく解説、入札情報を簡単に探す方法

官公庁の入札へ参加する方法の解説です。入札に参加するメリットや入札情報の探し方、落札情報から戦略的に入札する方法などを、発注者である官公庁の契約実務経験から記載しています。民間会社の営業担当者向けの解説です。
2018.11.07
スポンサーリンク