入札

スポンサーリンク
会計法令の解説

指名競争入札のリスクを正しく理解する、一般競争入札の方が安全

指名競争入札を実施するときに注意したい点です。一般競争入札とは異なり、あらかじめ数社を選定し指名通知を送付します。会社を選んだ理由は、明確にしておく必要があります。
2019.05.17
入札

これから入札(開札)を実施するとき、正しい入札会場の設営方法

入札会場の正しい設営方法です。官公庁が実施する入札は、公平・公正でなければなりません。入札当日に、会場までの道順がわからず迷子になったりすれば大きなトラブルになります。入札会場の設営方法を具体的に解説します。
2019.05.15
契約手続き

談合や贈収賄事件を撲滅する方法、「透明契約・透明入札制度」

官公庁の契約手続きに関連した贈収賄や談合事件を、完全に撲滅する方法です。現在の会計法令に基づく契約手続きでは、残念ながら不正事件をなくせません。ブラックボックス部分が存在するからです。不正を排除する「透明契約・透明入札制度」の解説です。
2019.05.08
スポンサーリンク
会計法令の解説

官公庁の入札に必要な4つの資格とは、予決令第七十三条の解説

官公庁が実施する入札へ参加するための「資格」についての解説です。入札に参加する条件は、一般的に「全省庁統一資格」が必要です。契約の内容が特殊で、さらに追加で参加条件を制限するときの解説です。参加資格を絞り込むときは最少限の条件とします。
2019.04.26
随意契約

随意契約を拡大して災害対策と景気対策を、今こそ超法規的な政策

災害対策や景気対策に有効な随意契約の解説です。2013年10月現在、長期間のデフレ不況と、東日本大震災による未曾有の災害で、国民の生活が疲弊しています。補正予算による財政出動で、1日も早く事業を実施することが重要です。
2019.04.05
基礎知識

入札担当者に知ってもらいたい心構え、競争原理だけではダメ

適正な利益を確保した入札手続きについての解説です。現在(2013年10月)、経済成長率が0%というデフレ経済の中で、適正な利益を無視した民間企業の競争が、経済の発展に役立つのか解説します。過度な競争による企業の疲弊についての説明です。
2019.04.03
随意契約

随意契約のメリットを簡単に知りたい、入札は10倍の手続きが必要

随意契約のメリットを正しく理解するための解説です。契約手続きについて「入札」と「随意契約」を比較すると、随意契約は、入札より10倍効率的です。実際の契約手続きを数値で比較して解説します。契約実務担当者しか知らない実際の手続きの比較です。
2019.03.27
随意契約

エレベーターの保守契約を締結するとき、「目に見えない安全性」

エレベーターの保守契約は、「入札」と「随意契約」のどちらを選択すべきかの解説です。エレベーターは人命に係わる設備です。メーカー以外の保守専門会社との契約は安価です。しかし「目に見えない安全性」を考慮すべき保守契約です。
2019.03.04
入札

誰も教えてくれない「入札」のわかりやすい解説、概要と実際の手順

官公庁が実施する実際の「入札」についての解説です。契約実務担当者による初心者向けのわかりやすい解説です。「入札」手続きは複雑で、契約締結までに2~3ヶ月必要です。入札公告から開札までの手順、「見積もり合わせ」との違いを簡単に説明します。
契約手続き

契約方式(入札と随意契約)を決定する具体的な手順を知りたいとき

入札か随意契約か、契約方式を判断する方法についての解説です。官公庁が契約方式を判断するための具体的な手順です。契約方式の原則は一般競争契約(入札)です。例外として指名競争契約と事務簡素化を目的とした随意契約が認められています。
2019.02.15
入札

「1社入札」を正しく理解する、競争の機会を確保した契約手続きとは

「1社入札」についての解説です。入札の目的である競争機会の確保や1社入札が問題でないケースを具体例で説明します。すべての1社入札を問題視してしまうと新たな不正を誘発します。契約実務面から1社入札について詳しく解説します。
2019.01.17
基礎知識

落札結果から談合を疑う根拠とは、落札率が高くなる本当の理由を理解

落札率が95%以上の入札は、談合の疑いがあるのか解説します。落札率から談合を疑う報道があります。しかし予定価格を作成するときは、取り引きの実例価格を調べるため、参考見積書を提出してもらいます。落札率100%は適正な価格の方が多いのです。
2018.11.21
スポンサーリンク