入札

入札

官公庁の入札とデフレ経済、過度の価格競争が社会を疲弊させる

適正な利益を確保した入札手続きについての解説です。現在(2013年10月)、経済成長率が0%というデフレ経済の中で、適正な利益を無視した民間企業の競争が、経済の発展に役立つのか解説します。過度な競争による企業の疲弊についての説明です。
2021.01.25
随意契約

知らないと損する「随意契約」のメリット、入札より10倍も効率的

随意契約のメリットを正しく理解するための解説です。契約手続きについて「入札」と「随意契約」を比較すると、随意契約の方が、入札より10倍効率的です。実際の契約手続きを数値で比較して解説します。契約実務担当者しか知らない実際の手続きの比較です。
2021.01.24
会計法令の解説

「名刺1枚」で大変なことに!「公正」と「公平」なんて考えない

入札手続きの解説です。入札説明書を渡すときは「名刺」と引き換えに渡すことが重要です。入札関係書類の修正、開札日の参加状況などを事前に確認し、公正・公平な手続きを実施しなければなりません。「名刺」1枚を忘れ、泥沼状態になることがあります。
2021.01.23
スポンサーリンク
契約手続き

「仕様書の書き方」をわかりやすく解説、入札に必要な仕様書とは

官公庁の契約手続きに必要な「仕様書の書き方」です。入札を実施するときには必須の仕様書ですが、作成方法についての参考書は存在しません。そのため過去の書類を真似したり、悩みながら作成することになります。簡単に仕様書を作成できるよう解説します。
2021.01.16
契約手続き

「入札不調」と「不落随契」の違いとは、実務経験者が簡単に解説

「入札不調」と「不落随契」とは、どう違うのでしょう?どういう意味なのでしょうか? 「入札不調」と「不落随契」は似ているように思える言葉ですが、全く違います。根拠法令から問題点まで、契約実務担当者の視点から理解しやすいように解説します。
2021.01.16
入札

こんな「総合評価落札方式」は危ない!随意契約の「隠れ蓑」かも

総合評価落札方式についての解説です。官公庁が実施する入札は、価格競争が原則です。しかしスーパーコンピューターのように、性能が最優先される場合には、金額だけでなく性能などを評価に加えることができます。ところが使い方によって危険性もあります。
2021.01.16
入札

「開札」って、どうやるの?これでわかる初めての「入札と開札」

官公庁が実施する「入札手続き」の中で、とても緊張するのが「開札」です。私自身、何回も入札を実施しましたが、いつも緊張しました。慣れるということはなかったです。契約の相手方が決定するという、入札手続きの中で一番重要な部分になります。
2021.01.16
入札

「入札」なんて、やったことない、どうしよう!実際の手順を解説

官公庁が実施する実際の「入札」についての解説です。契約実務担当者による初心者向けのわかりやすい解説です。「入札」手続きは複雑で、契約締結までに2~3ヶ月必要です。入札公告から開札までの手順、「見積もり合わせ」との違いを簡単に説明します。
2021.01.16
営業担当

「入札」へ参加する方法がわからない!どうやって「入札」を探すの?

官公庁の入札へ参加する方法の解説です。入札に参加するメリットや入札情報の探し方、落札情報から戦略的に入札する方法などを、発注者である官公庁の契約実務経験を基に記載してます。民間会社の営業担当者向けの解説です。
2021.01.16
入札

中身のない批判の怖さ!「1社入札」を問題視すれば「不正事件」に!

「1社入札」を問題視する報道があります。「競争性が確保されていない」という理由によるものです。しかし本当に問題なのか、実務者の視点から詳しく解説します。1社入札を無効とする見解や、有効とする見解、指名競争入札での「1社入札」の解説です。
2021.01.16
契約手続き

どうやって「入札」と「随意契約」を判断するか、この手順で判別

官公庁の契約手続きで「入札」と「随意契約」を判断する手順の解説です。最初に予決令99条が適用できる「少額随意契約」に該当するか判断します。「少額随意契約」に該当しないときは、「競争性がない」場合を除き「入札」手続きになります。
2021.01.16
営業担当

大丈夫ですか?「同等品」や「例示規格品」での入札、注意したい点

同等品として「入札」するときの解説です。高額な契約(特定調達、政府調達)では「同等品」の入札が可能です。書類の作成方法と注意点を解説します。入札説明書や仕様書に「例示規格品」が記載してあれば、同等品よりも審査が簡単になります。
2021.01.16
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました