入札

スポンサーリンク
予定価格

「仕様書」と「予定価格」を作成するときに必要となる書類の解説

「仕様書」と「予定価格」作成に必要な書類についての解説です。入札を実施するときに必要な「仕様書」と「予定価格」を効率的に作成するために、事前に準備しておきたい書類です。売買契約と役務契約を例にして、事前に集めておく書類を説明します。
2019.12.06
営業担当

入札へ参加するための「資格」を簡単に知りたい、自分で採点可能

各省庁が実施する入札へ参加するための「全省庁統一資格」の解説です。財務諸表と設立年月日がわかれば、自分で簡単に採点可能です。「全省庁統一資格」は、A~Dの等級がありますが、会社の規模を表すものです。等級の格付けを理解しておくと、有利です。
2019.12.06
会計法令の解説

官公庁の「契約方式」を正しく理解したいとき、根拠法令の解説

官公庁の「契約方式」についての解説です。国が締結する売買契約や請負契約などについて、「契約の相手方」を決定する方法が、会計法第二十九条の三です。契約実務担当者にとっては、基本となる一番重要な法律です。「契約方式」を、正しく理解しましょう。
2019.12.04
スポンサーリンク
基礎知識

「落札率」を正しく理解する、「談合」が疑われる入札結果の例とは

「落札率が高い」ことで、契約手続きに「問題がある」との報道が多くなりました。競争性が確保されていない、談合の疑いがある、などと指摘する記事を目にします。正しい「落札率の意味」と「談合リスク」のある入札結果についての解説です。
2019.12.03
随意契約

「随意契約理由書」の作成方法、書き方のポイントを具体例で解説

「随意契約理由書」作成方法についての解説です。官公庁の契約方式は、一般競争入札が原則です。例外として随意契約が認められています。国と地方公共団体、それぞれの根拠法令、「随意契約理由書」の作成方法を、わかりやすいよう具体例で解説します。
2019.11.26
会計法令の解説

「入札公告期間」の正しいカウント方法、原則は10日以上、予決令74

「入札公告」の掲載期間についての解説です。一般競争入札を実施するときは、「入札公告」の掲載期間が長いほど、競争参加者が増えます。予決令では原則として10日以上掲載するよう義務付けられています。「入札公告」掲載期間カウント方法の解説です。
2019.11.25
入札

「1社入札」を正しく理解する、主な原因と根拠法令の解説

「1社入札」についての解説です。「入札の目的」や「1社入札」が問題でないケースなどを、根拠法令と具体例から解説します。すべての「1社入札」を問題視してしまうと、新たな不正を誘発します。契約実務面から「1社入札」について詳しく解説します。
2019.11.14
入札

「1社入札」は有効です、問題視すれば重大な「不正事件」が発生

「1社入札」を問題視する報道があります。「競争性が確保されていない」という理由によるものです。しかし本当に問題なのか、実務者の視点から詳しく解説します。1社入札を無効とする見解や、有効とする見解、指名競争入札での「1社入札」の解説です。
2019.11.14
契約手続き

「入札手続き」を簡単に知りたいとき、作成書類と手続きの手順

「入札手続き」を実例で解説します。官公庁の契約で一番多い「購入契約」の手続き例です。仕様書の作成から、入札や開札、契約書の取り交わしなどを簡単に説明します。パソコンを20台購入する想定で、総額280万円の入札手続きの解説です。
2019.10.04
随意契約

「随意契約」が不正になる「分割発注」とは、入札手続きとの比較

「入札手続き」を避ける意図で、分割して「随意契約」を締結したり、架空工事を行うことは「不正」です。なぜ入札手続きを避けようとしたのか、随意契約によるメリットは何なのか、「入札」と「随意契約」の比較について解説します。
2019.09.30
スポンサーリンク