談合

スポンサーリンク
基礎知識

「落札率」を正しく理解する、「談合」が疑われる入札結果の例とは

「落札率が高い」ことで、契約手続きに「問題がある」との報道が多くなりました。競争性が確保されていない、談合の疑いがある、などと指摘する記事を目にします。正しい「落札率の意味」と「談合リスク」のある入札結果についての解説です。
2019.12.03
入札

「1社入札」を問題視する危険な考え方、実務担当者の正しい見方

「1社入札」についての解説です。競争入札に参加する会社が「1社」のときは、実質的に競争が行われず、国民の税金が無駄に使われるという報道があります。しかし、実際にはそんなことはなく、むしろ「1社入札」を問題視する報道こそ危険です。
2019.08.06
入札

「入札」を実施するとき、実務担当者に知ってもらいたい「競争」

「正しい競争」についての解説です。不当な利益を得る「談合」は、入札に絡む典型的な不正事件です。しかし、過度な価格競争を防止するための「必要悪」とまで言われてます。競争原理がもたらず弊害や格差社会についての解説です。
2019.07.30
契約手続き

「透明契約・透明入札制度」を導入し、契約手続きを不正から守る

官公庁の契約手続きを「不正事件」から完全に守る方法の解説です。契約手続きに関係する「贈収賄事件」や「談合事件」を、完全に撲滅します。会計法令を見直し、ブラックボックス部分の手続きを排除します。「透明契約・透明入札制度」の解説です。
2019.07.25
基礎知識

落札結果から談合を疑う根拠とは、落札率が高くなる本当の理由を理解

落札率が95%以上の入札は、談合の疑いがあるのか解説します。落札率から談合を疑う報道があります。しかし予定価格を作成するときは、取り引きの実例価格を調べるため、参考見積書を提出してもらいます。落札率100%は適正な価格の方が多いのです。
2018.11.21
予定価格

予定価格は絶対に教えない、贈収賄や談合事件から身を守る方法

官公庁の契約実務担当者が、自分の身を守る方法の解説です。入札手続きには、常に危険性が潜んでいます。特に、大規模な入札では、予定価格に関する情報を得ようとする誘惑が多くなります。予定価格漏洩、贈収賄、談合等の危険から身を守る方法です。
2018.09.04
スポンサーリンク