談合

会計法令の解説

指名通知は10社以上、指名競争契約よりも一般競争契約が安全

指名競争契約とは 予算決算及び会計令 第九十七条  契約担当官等は、指名競争に付するときは、第九十五条の資格を有する者のうちから、前条第一項の基準により、競争に参加する者をなるべく十人以上指名しなければならない。 第九十六条  各...
2018.09.04
基礎知識

落札率と談合の関係で注意したいこと、落札率が100%になる理由

落札率が高いと談合の疑いは真実か 2016年8月、市民オンブズマンなどが、国立研究開発法人「国立循環器病研究センター」の入札について、過去5年間で落札率100%のケースが137件あり、談合の疑いが極めて強いと指摘していました。 ...
2018.09.04
入札

1社入札を問題視する見せかけの競争のリスク、正しい競争性とは

不適切な1社入札 2009年、当時の総務大臣が、2社しか応札しない競争入札があることをテレビ番組で指摘しました。「現実は1社入札(1社応札)で、本当は100万円で済むもの(事業や物品)が、150万円で買われている」との内容で、...
2018.09.04
入札

官公庁における入札制度と談合、過度の価格競争は社会の発展を阻害

官公庁の契約手続きの原則である入札は、価格競争が目的です。一方、過度の価格競争を防ぐために「必要悪」と言われる談合は、不正な利益を得る目的で実施されることもあります。競争原理がもたらず弊害や格差社会についての解説です。
2018.09.04
予定価格

契約実務担当者に潜む危険を正しく知る、予定価格を作成するときの誘惑

官公庁の契約実務担当者が実施する入札手続きに潜む危険性の解説です。特に、大規模な入札では、予定価格に関する情報を得ようとする誘惑が多くなります。予定価格漏洩と贈収賄、さらに談合、これらの危険から身を守るための方法です。
2018.09.04
スポンサーリンク