一般競争入札

スポンサーリンク
会計法令の解説

「競争性のない随意契約」を知りたいとき、予決令102-4-3の解説

随意契約のうち、「競争性のない随意契約」の解説です。予決令102-4-3では、販売会社がひとつしか存在しないときは、随意契約が認められています。特許製品などが典型例です。しかし実務上は、競争性を確保した一般競争入札を実施します。
2019.06.03
会計法令の解説

指名競争入札のメリットを正しく知る、実務上は一般競争入札すべき

指名競争入札についての解説です。官公庁の契約方式は、一般競争入札が原則です。例外として指名競争入札と随意契約があります。会計法令(予決令)では、契約金額に応じて、それぞれの契約方式が可能な範囲を定めています。
2019.05.24
随意契約

分割発注による随意契約のメリットとは、入札を避ける目的なら不正

入札を避けるために分割して随意契約を締結したり、架空工事を行うことは不正です。なぜ入札手続きを避けようとしたのか、随意契約によるデメリットは何なのか、入札と随意契約の比較についての解説です。
2018.09.04
会計法令の解説

指名競争入札における不落随契の可否、一般競争入札の競争性との違い

原則は一般競争契約(入札) 官公庁の契約手続きは、一般競争契約(開入札)が原則です。指名競争契約(指名入札)は例外手続きになります。 一般競争入札は、入札公告を官報や新聞、インターネットなどに掲示し、競争に参加す...
2018.09.04
スポンサーリンク