2014-04

スポンサーリンク
基礎知識

なぜ「研究不正」が後を絶たないのか、これが原因、3つの対策とは

研究不正を撲滅する方法についての解説です。「論文不正」は、現在(2014年)の研究環境では増加する一方です。政府の「競争的資金」が増加し、短期間で研究成果を求めらています。背景には、身分の不安定な研究者が増加していることがあります。
2021.01.16
出張旅費

これはまずい!大学教員が、民間会社に「旅費」を負担してもらう

民間会社との共同研究で、出張旅費を受け取るときの注意点です。国立大学の教員と民間会社の研究者が、一緒に出張することが多くなりました。「業者との癒着」や「利益相反」を防止するためには、正式な「共同研究契約書」の取り交わしが必須です。
2021.01.16
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました