出張

スポンサーリンク
出張旅費

「公務出張」と「私事用務」で注意したい「公私混同」リスクの解説

公務出張と家族旅行についての「公私混同」リスクの解説です。官公庁が旅費を支払うのは「公務による出張」に限られます。出張と私事用務の日程が重なるときは注意が必要です。家族旅行と出張の区別は本人しかわかりません。第三者から疑惑を持たれます。
2020.01.31
出張旅費

公務員の出張で「ファーストクラス」と「マイレージ」は利用可能か

公務員が出張するときに「ファーストクラス」と「マイレージ」が利用可能か解説します。国家公務員の出張旅費は、旅費法に基づいて、利用できる航空機の搭乗クラスが定められています。法律上は、役職クラスに応じて「ファーストクラス」の利用が可能です。
2020.01.31
出張旅費

「出張」で実家や知人宅へ宿泊したときの「宿泊料」は減額すべきか

実家や知人宅へ宿泊したときの「宿泊料」についての解説です。宿泊料は、旅費法では定額支給です。夜数に応じて支給されます。固定宿泊施設を利用しないときも宿泊料が支給されます。しかし、実家や知人宅等へ宿泊したときは、宿泊料の減額調整が必要です。
2020.01.31
出張旅費

正しい「旅費」の請求手続き、「旅費法」のポイントを理解する

「旅費請求」についての解説です。公務員等が出張するときは、旅費の請求手続きが必要です。提出が必要な書類や、公務出張かどうかの判断をくわしく解説します。旅費の不正使用を疑われないためにも必須の知識です。日当は、「昼食代」と覚えましょう。
2020.01.31
出張旅費

「年度をまたぐ出張旅費」を「科研費」で支払うときの注意点

海外への出張旅費を、科研費で支払うときに注意したい点です。科研費(補助金)は単年度予算のため、年度をまたぐ支出が認められていません。旅費法では、一定の条件を満たせば、前年度予算から支出可能ですが、科研費は適用されません。
2020.01.31
出張旅費

出張で「旅費請求」するときに「必要な書類」をわかりやすく解説

公費による「出張手続き」の解説です。旅費請求に必要な書類をわかりやすく解説します。出張者本人だけでなく、旅行会社の営業担当者にも役立つ内容です。官公庁が旅費を支給するときは、旅行会社が作成する「見積書」や「行程表」、「領収書」の提出が必要です。
2020.01.31
出張旅費

「旅行」と「出張」の違いを正しく理解、わかりやすい旅費法の解説

旅費法(国家公務員等の旅費に関する法律)の解説です。基本的な用語である「旅行」と「出張」の違いを正しく理解するための解説です。公務を目的とする「旅行」が「出張」です。また、新規採用に伴う「赴任旅費」の注意点を解説します。
2020.01.31
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました