政府調達

入札

恥ずかしい!東京大学が「入札前に不正」?内閣府の協定違反判断

東京大学で「入札前に不正」、という内閣府の不思議な判断についての解説です。申し立てを行った会社が、自らの社員を訴えるという理解できない背景がありました。さらに、それを「入札不正」と判断した不思議な内閣府の判断です。すべて意味不明です。
2020.05.06
入札

「運搬契約」は「国際入札」の対象?これが判断基準のポイント

国際入札に該当する高額な「運搬・移転契約」についての解説です。「政府調達に関する協定」に基づく国際入札手続き(特定調達契約)では、最初に、「該当するかどうか」の判断が重要になります。判断は、契約金額と契約内容により判断します。
2020.04.17
営業担当

大丈夫ですか?「同等品」や「例示規格品」での入札、注意したい点

同等品として「入札」するときの解説です。高額な契約(特定調達、政府調達)では「同等品」の入札が可能です。書類の作成方法と注意点を解説します。入札説明書や仕様書に「例示規格品」が記載してあれば、同等品よりも審査が簡単になります。
2020.03.24
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました