スポンサーリンク
出張旅費

公費による出張で旅費請求に必要な書類、旅行会社へ依頼すべき内容

公費による出張手続きに必要な書類の解説です。旅行会社の担当者向けにわかりやすく解説します。官公庁が旅費を支給するときは法律や条令などで定められた書類手続きが必要です。準備する書類として旅行会社で作成してもらう見積書や行程表があります。
2018.10.14
会計法令の解説

法令価格は競争性がないので随意契約、根拠法令は予決令臨特

法令で価格が決まっているものは随意契約できるという規定の解説です。官公庁が締結する契約は、入札が原則です。法令で価格が指定されていれば随意契約が可能です。ただし宅配会社等で同一サービスが存在し価格競争できる状態であれば入札になります。
2018.10.05
基礎知識

社会保険の手続き窓口一覧、年金事務所と協会けんぽとハローワーク

社会保険関係の手続きに必要な窓口一覧です。社会保険は、管轄の窓口が複雑でわかりにくいです。法律で定められている法定福利費は、健康保険料、厚生年金保険料、児童手当拠出金、労災保険料、雇用保険料です。年金事務所とハローワーク、協会けんぽです。
2018.10.04
スポンサーリンク
会計法令の解説

検査の具体的な方法、検査が必要な理由と根拠法令、代金支払の条件

給付の完了の確認検査についての解説です。官公庁が締結する契約では、代金を支払う前に検査が必要です。検査を義務付けている理由、根拠法令の解説、実際に検査を行うための具体的な方法を説明します。検査は契約実務担当者に必須の知識です。
2018.10.02
会計法令の解説

契約の締結権限を有している会計機関、係員や係長は補助者として命令

公務員の主な仕事は事務手続きです。会計実務の中で、契約締結事務を担当する職員は、契約の権限について理解しておくことが重要です。各省庁の大臣から契約締結権限を委任されている支出負担行為担当官や契約担当官、そして補助者に関するくわしい解説です。
2018.09.20
その他

トラブルが起きたときの対処方法、改善策のコツはコミュニケーション

トラブルの対処方法です。組織の中で誰かのミスが大きなトラブルになってしまったときに、どのように対応すれば良いのか解説します。個人の責任を追及するとモチベーションが下がります。誰もがミスするという前提で、ミスしない環境作りの検討が重要です。
契約手続き

入札と随意契約の判断基準、官公庁が契約方式を検討する手順と方法

官公庁の契約手続きで「入札」と「随意契約」を判断する手順と方法の解説です。最初に予決令99条が適用できる少額随意契約か判断し、次に競争性があるかどうか判断します。いずれにも該当しないときに「入札」手続きを行います。
2018.09.13
会計法令の解説

支出負担行為とは歳出予算に基づく債務負担、契約手続きで正式発注時

官公庁の契約実務に必須の知識「支出負担行為」についての説明です。官公庁で契約を締結する権限を持っているのは「支出負担行為担当官」と「契約担当官」です。「支出負担行為」の根拠法令と整理する時期についての説明です。
2018.09.13
基礎知識

官公庁の支払方法の原則は後払い、例外として前金払いと概算払い

官公庁の代金支払方法についての解説です。官公庁と民間会社が契約を締結し代金を支払うときや出張旅費を支払うときの支払方法についての解説です。原則が後払いで、例外として前金払いと概算払いが法律によって限定的に認められています。
2018.09.12
基礎知識

研究不正を撲滅する3つの方法、STAP細胞と競争的資金と研究者格差

研究不正を撲滅する方法の解説です。論文不正は現在の制度では増加する一方です。競争的資金が増加し、短期間で研究成果を求めらています。身分の不安定な研究者が増加し、一部の研究者のみが高額な給与をもらう。研究者格差が年々広がっているのです。
2018.09.10
契約手続き

パソコンを購入する契約手続を実例で学ぶ、仕様書作成や入札手続き等

契約手続きの流れと手順を実例で解説します。官公庁の契約手続きで一番多い購入契約の手続きです。仕様書の作成から入札や開札、契約書の取り交わしなどを簡単に説明します。パソコンを20台購入するケースで総額280万円の契約手続きです。
2018.09.04
契約手続き

少額随意契約のおおまかな処理手順をイメージ、根拠法令と必要書類

官公庁の契約手続きで一番多い少額随意契約の流れについての解説です。正しい契約手続きを行うためには根拠法令の理解とおおまかな処理手順をイメージすることが大切です。仕様書の作成から見積もり合わせや支払書類の決裁までを説明します。
2018.09.04
随意契約

予決令102-4-3とは、競争性のない随意契約の判断を具体例で解説

官公庁の契約手続きは入札(競争契約)が原則です。例外として随意契約が認められていますが、その判断基準は「競争性の有無」です。競争性がある場合とない場合の具体例や競争性の判断についての解説です。
2018.09.04
入札

リバースオークションのリスクとは、適正な価格競争と透明契約制度

官公庁が実施するリバースオークションは、純粋な価格競争で契約の相手方を決定します。しかし、過度の価格競争は会社の体力を奪い、将来的に致命的となる傷を残します。リバースオークションによる価格競争のメリットとデメリットの解説です。
2018.09.04
スポンサーリンク